この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田中律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たなか りつこ
田中 律子
本名 田中 律子
別名義 田中理津子
生年月日 (1971-07-17) 1971年7月17日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 159 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1984年 -
配偶者 杉本学(1997年 - 2012年
事務所 ボックスコーポレーション
公式サイト 公式プロフィール

田中 律子(たなか りつこ、1971年7月17日 - )は、日本女優タレント歌手である。本名同じ。東京都世田谷区出身。ボックスコーポレーション所属。NPO法人アクアプラネット理事長。日本サップヨガ協会会長。沖縄デトックス協会会長。

略歴

生い立ち

実家は美容院である。

世田谷区立笹原小学校、世田谷区立桜丘中学校卒業。日出中学校・高等学校から堀越高等学校に転入し、同校卒業。高校は東京・目黒の日出女子高等学校に通っていたが、ある日髪を結ばずに街を歩いていたところを担任教師に見つかった。同校は校則が厳しく、髪を切るか学校をやめるかどちらかを選ぶように言われた田中は、髪を切らずに翌月、堀越高校(東京・中野)に転校した。

経歴

1984年、東京都町田市小田急百貨店ボックスコーポレーションにスカウトされ、「田中理津子」名義で雑誌『週刊セブンティーン』(1984年10月23日号)にてモデルデビュー。2度目に同誌(1985年3月26日号)に登場した際から、「田中律子」名義となった。

1985年7月、連続ドラマ『ママ、大変だァ!』にレギュラー出演し、女優デビュー。 その後、雑誌『投稿写真』でのグラビアやNHKテキストシオリ1987年のイメージガールなども務めた。

その後、パウチッコのCMに出演し、CMを見ていたレコード会社関係者からスカウトされ、1988年昭和63年)5月21日フォーライフ・レコードより筒美京平プロデュースにより「FRIENDSHIP」でアイドル歌手としてもデビューした。

歌手としてはシングル11枚、アルバム5枚を発売。ポスト杏里として売り出されたが、ヒット曲は出なかった。同期歌手デビューはwink西田ひかるなどがいる。当時、ニッポン放送で放送していたラジオ「関根勤TOKYOベストヒット」では同期デビューのアシスタント仲村知夏との相性がよかった。

第4弾シングル「また夏が来る・・・」は欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーバー」を書いた伊藤薫の手による楽曲である。また、ラストアルバム『ハート・ボイス』は本人のセルフプロデュース。その他藤原ヒロシなどが楽曲プロデュースをしている。

1989年(平成元年)、テレビの連続ドラマ『愛しあってるかい!』(フジテレビ)への出演をきっかけにテレビドラマに多数出演するようになった。活動は女優業が中心となったが、その傍らバラエティー番組の司会や音楽活動も1990年代前半までおこなった。

1997年平成9年)には妊娠と結婚を発表、同年年末まではテレビ番組『'98新春ドラマスペシャル 味いちもんめ』(テレビ朝日)の撮影や、レギュラー出演していたバラエティー番組『王様のブランチ』(TBS)を続けた後、翌1998年平成10年)3月末をもって芸能活動を休止(産休)した。

女児を出産した田中は、同年中にテレビ出演を再開した。2007年平成19年)、FILM FACTORYで監督業に進出。また、テレビの連続ドラマ『こどもの事情』(TBS)では、初めて連続ドラマに主演している。

2015年(平成27年)SOLIDレーベルより歌手時代の全シングル音源を収録したベスト盤CD『FRIENDSHIP コンプリート・シングルス』を発売した。

私生活

1990年代前半には、当時人気の絶頂期にあったサッカー選手三浦知良との熱愛が報じられたが結果的に誤報であった。1992年平成4年)1月にテレビのバラエティー番組 『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)の「テレフォンショッキング」にゲストとして出演した田中は、次回に出演する友人として三浦知良を紹介[1]、実際に次のゲストとして三浦が出演する[2]というエピソードもあった。しかしながら三浦とは異性の友人に過ぎず、三浦は1993年平成5年)、商社マンの娘で帰国子女であるモデル、三浦りさ子と結婚している。

田中は1997年平成9年)、妊娠4ヶ月であることを発表、相手であるカメラマンの杉本学と結婚し、翌年に女児を出産した。

2012年2月に離婚。15年の結婚生活にピリオドを打った。

人物

CMやテレビのバラエティー番組に出演するとともに、女優としても活動している。

大好物は世田谷区のパン屋「キャッスル」のシナモンロールで、メディア出演の際にもしばしば紹介している。

ダイビングのインストラクター、ヨガインストラクターの資格を持つ。ダイビングをきっかけに環境問題に取り組むようになり、2006年、サンゴを養殖し沖縄の海に移植する活動を行うNPO法人アクアプラネットを立ち上げ(理事長)、沖縄でのサンゴ再生プロジェクトに励む。

視力が悪い田中は仕事ではコンタクトレンズ、普段はメガネを着用していたが、2007年平成19年)12月に角膜のレーザー手術 「レーシック」を受けている[3]

出演作品

テレビドラマ

映画

バラエティ・情報番組ほか

Webドラマ

  • 神児遊助のげんきのでる恋 (NTTドコモ携帯電話放送、BeeTV)(2009年8月~)
  • サヨナラの恋(NTTドコモ携帯電話TV「BeeTV」2010年10月1日 - / 毎週木曜日更新 / 全12話)- 松田耀子 役

CM

ディスコグラフィー

シングル

(以下フォーライフ・レコードから発売)

  1. FRIENDSHIP(1988年5月21日)デビュー曲 オリコン最高位109位
  2. High Windを追いかけて(1988年8月21日) オリコン最高位129位
  3. キライ!(1988年11月21日) オリコン最高位165位
  4. また夏が来る・・・(1989年3月21日) オリコン最高位174位
  5. Wave'n Surf(1989年7月21日)
  6. 恋人たちのイリュージョン(1989年11月21日)
  7. Sunshine Woderland(1990年4月21日) オリコン最高位164位
  8. フライドフラストレーション(1990年11月21日)
  9. alibi(1991年4月21日) オリコン最高位158位
  10. あなたを知ってる(1992年4月15日)
  11. 青い夏に身をまかせ(1993年8月21日)Litz Co.(リッツカンパニー)名義 オリコン最高位93位 テレビ朝日系連続ドラマ「湘南女子寮物語」主題歌

アルバム

(以下フォーライフ・レコードから発売)

  1. アイ・シンク・ソー(1988年) デビューアルバム 筒美京平プロデュース
  2. タイム&タイド(1989年)
  3. ワンダー・アイランド(1990年)
  4. トゥエンティース(1991年)
  5. ハート・ボイス(1993年) 本人セルフプロデュース

ベストアルバム

(以下SOLIDから発売)

  1. FRIENDSHIP コンプリート・シングルス(2015年12月23日) 発売日順から全シングル音源収録盤

書籍

写真集

フォトエッセイ

脚注

  1. ^ 『森田一義アワー 笑っていいとも!』 1992年平成4年)1月17日(金曜日)放送
  2. ^ 『森田一義アワー 笑っていいとも!』 1992年平成4年)1月20日(月曜日)放送
  3. ^ 自身のブログで公開した

関連項目

外部リンク