中条きよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかじょう きよし
中条 きよし
中条 きよし
岐阜市でふるさと公演をする中条きよし
(昭和51年)
本名 下村 清(しもむら きよし)
別名義 高波 明(たかなみ あきら)
渥美 健(あつみ けん)
生年月日 (1946-03-04) 1946年3月4日(72歳)
出生地 日本の旗岐阜県岐阜市
国籍 日本の旗 日本
血液型 B型
職業 歌手ムード歌謡俳優
ジャンル テレビドラマ舞台Vシネマ映画
活動期間 1968年 -
活動内容 1968年:高波 明で歌手デビュー
1971年渥美 健で再デビュー
1973年:『全日本歌謡選手権』10週勝ち抜きGP
1974年中条 きよしで再々デビュー
1981年必殺シリーズ三味線屋の勇次で出演
事務所 エクセリング
公式サイト プロフィール
主な作品
歌手
うそ」など
俳優
必殺シリーズ
『第三の極道』シリーズ
土曜ワイド劇場
水戸黄門

中条 きよし(なかじょう きよし、1946年3月4日 - )は、日本歌手俳優である。本名は下村 清(しもむら きよし)。岐阜県岐阜市出身。既婚、1男あり。マネジメントはエクセリング血液型B型

来歴[編集]

岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立伊奈波中学校卒業、岐阜東(1年次は岐東)高等学校商業科を卒業。

大阪の劇団に所属し、役者を目指す。ある歌手の前座のピンチヒッターとして歌いレコード会社関係者の目に止まる。

1968年高波 晃(たかなみ あきら)の芸名で「帰って来た波止場」で歌手デビュー。しかし思うように売れなかった。

1971年、今度は渥美 健(あつみ けん)に芸名を改め、「心の古傷」で再デビューしたが、売れなかった。

20代半ばで東京赤坂スナックを出店した[1][2]。常連客にテレビやマスコミの業界関係者が多かったことから、歌の上手さを認められ、1973年オーディション番組全日本歌謡選手権』に出場。10週勝ち抜きのグランドチャンピオンとなった。審査員の作詞家小説家山口洋子の後押しで、審査員だった作曲家平尾昌晃らの命名により芸名を中条きよしに変え、山口が作詞し平尾が作曲した演歌うそ」で1974年1月、キャニオン・レコードから3度目(中条本人によればこれが正式)のデビュー。150万枚を超えるヒットを記録し、この年の第16回日本レコード大賞の大衆賞などの音楽賞を受賞。その後も「うすなさけ」、「理由(わけ)」など、多数のヒット曲を発表。

もともと中条は役者志望で、1981年時代劇必殺シリーズ新・必殺仕事人』に、闇の殺し屋集団「仕事人」チームの一人、三味線屋の勇次役でレギュラー出演した。黄色い三味線の糸を巧みに扱い、悪人の首を締める殺し技と、ほとんど笑顔を見せないクールな風貌。母親役であるおりく山田五十鈴)を慕い、主役である中村主水藤田まこと)とは正反対に、家庭を持たず普段は三味線屋・そして三味線および端唄などの俗曲の師匠を兼業しながら、夜は女遊びを日課にしているという粋な仕事人の姿で、女性ファンの人気を獲得した。三田村邦彦によると、『仕事人』シリーズのロケを視聴者が見学に来ていた際、三味線の糸を投げた後は特撮が用いられるため、糸が垂れ下がり見学視聴者に失笑されるという事態が発生。この後、中条は「俺のイメージが崩れるから、俺の(殺しの)シーンの見学は止めにしてくれ」とスタッフに注文をつけたとのこと。『必殺仕事人』シリーズのヒットを足がかりに俳優として名を上げ、以降は俳優業においても活躍するようになり、やくざ映画にも出演している。

人物[編集]

中日ドラゴンズのファンで、得意なスポーツゴルフ

吉本興業所属のお笑いトリオ、にのうらごのメンバーの荒牧周平の母と付き合っていた。前妻にいびきをテープに録音されてこれを離婚の理由とされ、本人は「いびき離婚」と言っている。

エピソード[編集]

1974年7月15日、『うそ』の大ヒットで多忙になり、大阪での仕事を終えて大阪国際空港から日本航空の最終便に搭乗して羽田空港へ向かっていたところ、日本航空124便ハイジャック事件に遭遇する。犯人は投降するが、中条とマネージャーは最前列に座っていたため、機内最前方でコクピットと客室を行き来する犯人の威嚇で恐怖におびえた(本人談)。

2008年9月中旬に指定暴力団山口組後藤組組長とのゴルフコンペに参加したことが明らかとなり、以後約1年間はNHK番組への出演が見送られ、『日めくりタイムトラベル・昭和49年』の中で「うそ」は歌手名を伏せてカラオケで流された。その後、2009年12月8日放映のNHK歌謡コンサートに出演し、自身のヒット曲「うそ」を歌って以降はNHKの番組にも断続的に出演している。

2018年4月、情報番組において、男性芸能人が自宅で未成年にキスを迫る行為をし書類送検された問題について、

「当然、加害者が悪いが、被害者となった未成年にも非がある」という主旨の発言をしたが、Twitter上では批判の声が起こる一方で中条の発言に理解を示すツイートもあるなどの反響があった。[3][4]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1970年代
1 1974年
1月25日
うそ 山口洋子 平尾昌晃 竜崎孝路
2 1974年
7月10日
うすなさけ なかにし礼 平尾昌晃 竜崎孝路
3 1974年
10月1日
理由 山口洋子 平尾昌晃 竜崎孝路
4 1975年
1月25日
火遊び 山口洋子 平尾昌晃 竜崎孝路
5 1975年
5月25日
よる 山口洋子 平尾昌晃 馬飼野俊一
6 1975年
7月10日
ラスト・デート[5] 山口洋子 平尾昌晃 小谷充
7 1975年
8月26日
深夜劇場 吉田旺 浜圭介 馬飼野俊一
8 1975年
12月
ちょっとさよなら 吉田旺 浜圭介 馬飼野俊一
9 1976年
3月
弾きがたり 片桐和子 平尾昌晃 竜崎孝路
10 1976年
8月
男なら 阿久悠 小林亜星 京建輔
11 1977年
1月
なにもかもなにもかも若かった 阿久悠 小林亜星 竜崎孝路
12 1977年
-
よこはま25時 山口あかり 徳久広司 竜崎孝路
1980年代
13 1982年
8月16日
忘れ草[6] 杉紀彦 三木たかし
14 1983年
-
矢切の渡し 石本美由起 船村徹 池多孝春
15 1984年
-
風が泣くとき[7] 山口洋子 北林研一 小杉仁三
16 1984年
-
櫻の花のように[8] 荒木とよひさ 三木たかし 竜崎孝路
17 1988年
-
おまえの夢 杉紀彦 三木たかし 小杉仁三
18 1989年
11月21日
花もよう 荒木とよひさ 幸耕平 -
1990年代
19 1992年
6月24日
夢さぐり愛さぐり 斉藤夕紀 幸耕平 -
20 1994年
1月26日
泣かないよ 美樹克彦 杉本真人 宮崎慎二
21 1995年
10月1日
神戸・横浜 星川裕二 杉本真人 宮崎慎二
22 1996年
11月21日
恋は悲しみのタンゴ[9] 加藤郁夫 前田俊明
23 1997年
5月21日
…涙 松井五郎 玉置浩二 藤野浩一
24 1998年
4月21日
あの日の嘘のつぐないに[10] 水木れいじ 岡千秋 若草恵
25 1999年
1月21日
宿 吉幾三 池多孝春
2000年代
26 2000年
6月21日
抱擁の切れ間 荒木とよひさ 岡千秋 川村栄二
27 2002年
4月24日
夢少年 内館牧子 鈴木淳 萩田光雄
28 2004年
1月21日
迷子の男たち 秋浩二 桜庭伸幸
29 2005年
8月31日
夢見る夢子 荒木とよひさ キダ・タロー 竹内弘一
30 2007年
2月7日
ダンチョネ子守唄 水木れいじ 徳久広司 伊戸のりお
31 2007年
12月5日
いろいろごめん 麻こよみ 杉本眞人 南郷達也
32 2009年
12月2日
冬萌え 立花美雪 杉本眞人 川村栄二
2010年代
33 2011年
5月11日
やっと逢えたね 高畠じゅん子 中川博之 前田俊明
34 2012年
5月23日
男の忘れ物 ちあき哲也 水森英夫 前田俊明
35 2013年
6月19日
グッバイ ラブをあなたに しいの乙吉 猪股義周
36 2014年
6月18日
今 寄り添える 中村泰士 綛田陽啓
37 2015年
3月18日
黄昏ロンリー 伊藤美和 小田純平 牧野三朗
38 2015年
10月21日
たんぽぽ 伊藤美和 小田純平 猪股義周
39 2017年
4月5日
煙が目にしみる 結木瞳 新田晃也 伊戸のりお
40 2018年
3月7日
つくづく一途 及川眠子 都志見隆 川村栄二

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • ザ・ヒットマン 血はバラの匂い(1991年)
  • 白昼の処刑(1992年)
  • 闇金の帝王・銀と金(1993年〜1997年、全7作)
  • 新宿アウトロー(1994年)
  • 江戸むらさき特急(1995年、監督:山城新伍
  • 新・第三の極道(1996年〜2000年、全11作。第3・7作は劇場公開)
  • 日本暴力地帯(1997年〜1998年)
  • 首領への道(企画(製作総指揮)のみ。1998年〜1999年、第1〜3・5・7作)
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一(2004年、全3作)

舞台[編集]

  • 納涼必殺まつり(京都南座
    • 必殺女ねずみ小僧(1981年)
    • 必殺・鳴門の渦潮(1982年、それに先駆けて名鉄ホールで上演された)
    • 必殺ぼたん燈籠(1983年)
  • 中条きよし特別公演(新歌舞伎座
    • 二代目はん(1995年)
    • 任侠二代目はん(1997年)
    • 必殺三味線屋勇次(1998年)
    • 義賊二代目はん(2000年)
    • お役者仁義(2002年)
    • 花吹雪、春爛漫物語(2004年)
    • 出ばやし一代(2008年)
  • わたしは誰!?(2011年)三越劇場
  • 歌手生活50周年記念公演「人生ニュージカルうそ」(2018)三越劇場

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1974年(昭和49年)/第25回 うそ 02/25 アグネス・チャン
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【1974年5月】うそ/ジゴロのにおいがする27歳新人の中条きよし 実は… - スポニチ、2011年5月20日
  2. ^ (もういちど流行歌)「うそ」中条きよし 「マスター、ちょっと行ってよ」 - 朝日新聞デジタル、2017年4月22日
  3. ^ 山口達也の自宅へ行った女子高生に「行かなきゃいいじゃない」と中条きよし スポーツ報知 2018年4月26日12時42分
  4. ^ 【TOKIO・山口達也を書類送検】中条きよし、山口メンバー宅へ行った女子高生を批判 - 2018年04月26日 13時00分 しらべぇ、2018年5月4日閲覧、
  5. ^ 姿晴香とのデュエット。
  6. ^ テレビ朝日系テレビドラマ「必殺仕事人III」の挿入歌として使用された。
  7. ^ テレビ朝日系テレビドラマ「必殺仕事人IV」の挿入歌として使用された。
  8. ^ テレビ朝日系テレビドラマ「必殺仕切人」の主題歌として使用された。
  9. ^ 長保有紀とのデュエット。
  10. ^ 松竹映画「必殺! 三味線屋・勇次」の主題歌として使用された。

外部リンク[編集]