曽根幸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そね こうめい
曽根幸明
生年月日 (1933-12-28) 1933年12月28日
没年月日 (2017-04-20) 2017年4月20日(83歳没)
出生地 日本の旗日本東京都世田谷区
職業 作曲家
活動期間 1960年代 - 2017年
配偶者 太田きよみ
著名な家族 曽根由希江

曽根 幸明(そね こうめい、1933年12月28日 - 2017年4月20日[1])は日本の作曲家アレンジャー

妻は女優・歌手の太田きよみ、娘はシンガーソングライター曽根由希江[2]

人物[編集]

東京都世田谷区出身。日本大学文学部中退[3]。「藤田功」の名で歌手・俳優活動の後、本名で作曲家に転身。

主に1960-70年代に活躍。

自作曲としては勝新太郎の「座頭市子守唄」や、「いつかどこかで」は、細川たかしほか競作、山川豊の「流氷子守歌」、森進一の「銀座の女」、藤圭子、園まりらが「夢は夜ひらく」(練馬少年鑑別所で唱われていた俗曲を補作したもの)、藤圭子「命預けます」(編曲)などが代表作である。

また、『夢は夜ひらく』は「藤田功」名義で自らも歌っている。

他にも『象印スターものまね大合戦』など、1980年代にかけて審査員等としてテレビ番組にも登場し、親しみやすいキャラクターで人気を博した。特にアール・エフ・ラジオ日本では昼の歌謡ワイド番組を中心に様々な番組を担当し、同局の顔として活躍していた。

病気治療などのため一線を退いたものの、晩年まで創作活動を続けていた。

作曲家の中本直樹は最後の弟子である。

2017年4月20日、肺炎のため死去。83歳没[1][2]

出演番組[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “「圭子の夢は夜ひらく」作曲家の曽根幸明氏死去”. 読売新聞. (2017年4月23日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20170422-OYT1T50127.html 2017年4月23日閲覧。 
  2. ^ a b 「圭子の夢は夜ひらく」作曲家・曽根幸明さん死去 娘の歌手・曽根由希江が明かす - スポーツ報知 2017年4月23日
  3. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.513