木村英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村 英子
きむら えいこ
生年月日 (1965-05-11) 1965年5月11日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
出身校 神奈川県立平塚養護学校高等部
前職 全都在宅障害者の保障を考える会代表
全国公的介護保障要求者組合書記長
現職 れいわ新選組副代表
所属政党 れいわ新選組
公式サイト 参議院議員木村英子オフィシャルサイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

木村 英子(きむら えいこ、1965年昭和40年〉5月11日[1] - )は、日本政治家れいわ新選組所属の参議院議員、同党の副代表兼参議院国会対策副委員長。

全都在宅障害者の保障を考える会代表、全国公的介護保障要求者組合書記長、自立ステーションつばさ事務局長。

生後8カ月の時、歩行器ごと自宅玄関に転げ落ち、頸椎(けいつい)を損傷したことにより、重度の身体障害を持つ。脊椎損傷と診断され、移動手段の電動車椅子を操作する右手以外、体はほとんど動かない。

経歴[編集]

1965年(昭和40年)、神奈川県横浜市で生まれる[1]。生後8か月の時、歩行器ごと玄関から落下、頸椎を損傷し、重度の身体障害を負う。

1972年、「ゆうかり園」に入所。施設に付属した養護学校に通学[1]

1984年神奈川県立平塚養護学校高等部を卒業[1]

家族による介護、施設での生活を拒否し、19歳で東京都国立市にて自立生活を始める[1]

1994年平成6年)、東京都多摩市にて「自立ステーションつばさ」を設立[1]

障害者運動、自立支援に携わる。

2019年令和元年)7月21日執行の第25回参議院議員通常選挙において、山本太郎が結党したれいわ新選組公認で比例区特定枠2位にて立候補。れいわ新選組が比例区で2議席を獲得したため、初当選を果たした[2]

参議院議員として、国土交通委員会国家基本政策委員会に所属(令和2年5月10日現在)[3]

2020年8月22日の党総会において、舩後靖彦と共にれいわ新選組の副代表に就任(任期は令和4年12月まで)[4][5]

書籍[編集]

書籍(共著)[編集]

  • 今日ですべてが終わる 今日ですべてが始まるさ(自立ステーションつばさ 自分史集)(2003/5)[6][7]自立ステーションつばさ
  • 生きている! 殺すな―やまゆり園事件の起きる時代に生きる障害者たち (2017/10/20、ISBN 978-4865380644[7]山吹書店
    • 優生思想にもとづいたやまゆり園事件の起きる時代への対抗として、障害のある人たちや親、支援者の21人が、困難と向き合いいきいきと生活する姿を自ら描いた本

書籍(掲載)[編集]

  • #あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組(2019/12/13、ISBN 978-4087808940)集英社 著:山本太郎
    • 木村英子 ベストスピーチ・インタビュー「障害児と健常児を分ける教育は、差別を簡単に生み出します」
    • 「今の日本が抱える課題の当事者」として参院選に立候補した“れいわメンバー”全員のベストスピーチとロングインタビューを収録。彼らの戦いはこれからが本番だ。この一冊で“れいわ旋風”のすべてがわかる!
  • れいわ一揆 製作ノート( 2020/8/31[8]ISBN 978-4774407265)皓星社 著:原一男+風狂映画舎
    • れいわ新選組 オリジナルメンバーインタビュー(木村英子)

雑誌[編集]

  • まるごと山本太郎 れいわ新選組 (週刊金曜日 2019年11/28臨時増刊号)(2019/11/28、ASIN B07Z75PQ8K[9]週刊金曜日
    • 木村英子、舩後靖彦両参議院議員が初登院 メディアの心のバリアフリーが必要だ 薄井崇友
    • “いのち”でつながるために(上)(下) 木村英子×若松英輔

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

Web記事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 木村 英子(比例代表・特定枠2)”. れいわ新選組. 2019年7月22日閲覧。
  2. ^ 渡辺聖子 (2019年7月22日). “<参院選>ALS患者ら国政へ れいわ、2議席獲得”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019072202000188.html 2019年7月24日閲覧。 
  3. ^ 木村 英子(きむら えいこ):参議院”. www.sangiin.go.jp. 参議院 (2020年5月10日). 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/reiwashinsen/status/1297140334246293504” (日本語). Twitter. れいわ新選組. 2020年8月25日閲覧。 “れいわ新選組は本日臨時総会を開催し、 綱領及び規約の一部改正を行いました。 また、副代表として参議院議員の、 舩後靖彦・木村英子が就任致しました。”
  5. ^ 決意(綱領)・規約”. reiwa-shinsengumi.com. れいわ新選組 (2020年8月22日). 2020年8月25日閲覧。
  6. ^ 自立ステーションつばさ (2003). 今日ですべてが終わる今日ですべてが始まるさ. 自立ステーションつばさ. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I000531676-00 
  7. ^ a b プロフィール | 参議院議員木村英子オフィシャルサイト”. web.archive.org (2019年12月20日). 2020年1月31日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/koseisha_edit/status/1293504828925079552” (日本語). Twitter. 皓星社. 2020年8月12日閲覧。 “長らくお待たせしておりました『れいわ一揆 製作ノート』8月31日刊行です。色校正を束見本に巻きました。”
  9. ^ 週刊金曜日 臨時増刊号 (2019年11月28日発売) | Fujisan.co.jpの雑誌・定期購読”. web.archive.org (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  10. ^ 【インタビュー全文字起こし&音声配信】特集「重度障害者の「れいわ新選組」・木村英子議員、舩後靖彦議員に聞く」▼2019年8月14日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)”. web.archive.org (2019年11月30日). 2020年2月5日閲覧。
  11. ^ a b 記事名に犯人の実名が使われているため、その箇所をイニシャルとした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]