松岡徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松岡 徹(まつおか とおる、1951年11月26日 ‐ )は、日本の元大阪市役所職員、元政治家、部落解放運動家。元参議院議員2004年 - 2010年、1期)。

経歴[編集]

  • 1991年には大阪市議会議員に当選し、2003年まで3期務める。
  • 市議就任の前から部落解放同盟で活動しており、本人の記述によると1975年部落解放同盟に参加、青年部に入り1977年1988年大阪府連専従オルグ担当[1]1984年、部落解放同盟西成支部執行委員、1988年、大阪府連執行委員、1990年、中央本部中央委員・大阪府連執行委員長(政官要覧平成21年秋号)、2002年には部落解放同盟中央書記長に就任する。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

不祥事 [編集]

2008年11月26日午後11時頃、松岡の次男が同じ30代前半で年上の遊び仲間と共謀して、大阪府貝塚市麻生中の以前に運送会社に勤務していた際に訪れたことがあった自動車修理会社の事務所にドアをバールでこじ開けて侵入し、現金約5万5000円入りの手提げ金庫を盗んだ。、犯行が現場の事務所の防犯カメラに姿が写っており、2009年1月8日に大阪府警貝塚署逮捕された。貝塚署の取り調べに対して、松岡の次男は犯行時から逮捕時に30歳で無職であり、借金していて、金がなかったと犯行理由を供述している[6]

脚注[編集]

  1. ^ しんぶん赤旗, 2007年1月4日
  2. ^ 「共謀罪」反対で、超党派国会議員と市民の緊急集会
  3. ^ 松岡 徹 : プロフィル : 参院選2010 : 参院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE
  4. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。
  5. ^ 「共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い
  6. ^ 「民主・松岡徹議員の次男、事務所荒らしの疑いで逮捕」産経新聞朝刊 2009年1月28日