三浦靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三浦 靖
みうら やすし
生年月日 (1973-04-09) 1973年4月9日(46歳)
出生地 日本の旗 島根県大田市
出身校 神奈川大学法学部
前職 亀井久興衆議院議員秘書
大田市議会議員
所属政党 自由民主党竹下派
公式サイト 参議院議員三浦靖 みうらやすしオフィシャルサイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職

選挙区 比例中国ブロック
当選回数 1回
在任期間 2017年10月25日 - 2019年7月4日

当選回数 3回
在任期間 2006年 - 2017年
テンプレートを表示

三浦 靖(みうら やすし、1973年昭和48年)4月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。前衆議院議員(1期)。元大田市議会議員(3期)。

来歴[編集]

島根県大田市生まれ。島根県立大田高等学校を経て、1997年神奈川大学法学部を卒業[1]

大学在学中から2005年3月まで亀井久興衆議院議員秘書を務める[1][2]2006年4月大田市議会議員選挙に立候補し、初当選。以後3期務める[3]

2017年第48回衆議院議員総選挙比例中国ブロックに自由民主党比例名簿20位(単独)で立候補し、初当選した[4]。同年10月31日、秋葉賢也佐藤明男鈴木貴子額賀派に入会[5]

2019年5月30日、第25回参議院議員通常選挙への不出馬表明後に死去した島田三郎に代わり、「島根・鳥取」の特定枠として比例区の公認候補として擁立することが発表された[6]。同年7月4日、参議院選挙の公示に伴い、自民党比例区特定枠2位で立候補を届け出たため、公職選挙法の規定により衆議院議員を退職(自動失職)となった[7]。三浦の衆議院議員退職に伴い、7月11日の選挙会で畦元将吾繰り上げ当選が決定した[8][9]

同選挙では比例区の特定枠順位2位で立候補し当選。得票数は3,308票で、全当選者の中で最低の得票数となった。

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓導入に「どちらかと言えば賛成」としている[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三浦 靖 公式ブログ
  2. ^ 言うは易し、行うは靖 沈む船から逃げること鼠の如し グラン様 (三浦靖)
  3. ^ 時事ドットコムニュース国会議員情報
  4. ^ 三浦靖(比例・中国・自民)【衆議院選挙2017】読売新聞 2017年11月28日閲覧
  5. ^ 鈴木貴子氏ら入会=自民額賀派
  6. ^ 自民、参院比例に三浦氏公認 特定枠に” (日本語). 日本経済新聞 (2019年5月30日). 2019年6月1日閲覧。
  7. ^ 『官報』第45号10ページ 令和元年7月8日
  8. ^ 『官報』第48号11ページ 令和元年7月11日
  9. ^ 自民・畦元氏が繰り上げ当選=衆院2019年7月10日、時事通信
  10. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]