石川大我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石川 大我
いしかわ たいが
生年月日 (1974-07-03) 1974年7月3日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都豊島区
出身校 明治学院大学法学部法律学科
早稲田大学大学院政治学研究科
前職 NPO法人代表理事
豊島区議会議員
参議院議員秘書
所属政党社会民主党→)
無所属→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党
称号 公共経営修士(専門職)
公式サイト 立憲民主党 参議院議員 石川大我 公式ページ

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2011年5月1日[1] - 2014年12月2日
2015年5月1日 - 2019年4月30日
テンプレートを表示

石川 大我(いしかわ たいが、1974年7月3日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の参議院議員(1期)。元豊島区議会議員(2期)。

来歴[編集]

東京都豊島区西巣鴨に生まれる。豊島区立朝日小学校、豊島区立朝日中学校(現豊島区立巣鴨北中学校)、東京都立高島高等学校明治学院大学法学部法律学科卒業。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻専門職学位課程修了。公共経営修士(専門職)2000年(平成12年)4月から「高橋タイガ」名で同性愛に関する情報を提供する講演活動等を始める。2002年(平成14年)より石川大我として活動。その後、「ピアフレンズ」という当事者向けのイベントを主宰。2009年(平成21年)7月、ピアフレンズはNPO法人として登記、石川は代表理事に就任した。

2007年8月の東京プライドパレードにおいて社民党党首の福島瑞穂に呼びかけ、福島らと共に行進した。日本において政党党首がいわゆる「プライドパレード」に参加したのは初めてであったため、イギリスの当事者メディアなどがこれを報道し話題となった。

2008年(平成20年)からNHK教育テレビ「ハートをつなごう」(ゲイ/レズビアン編・LGBT編)に出演。

福島の秘書を務め、2010年に国会議員政策担当秘書の資格を取得。

2011年(平成23年)4月、豊島区議会議員選挙に社会民主党公認で出馬、1615票を獲得して定数36人のうち31位で当選した。これにより、同日中野区議に当選した石坂わたると共に、日本においてオープンリー・ゲイとして初めて公職に選出された。

2013年(平成25年)9月、党首を辞任した福島の後任を決める2013年社会民主党党首選挙に立候補を表明。立候補に必要な党員200名の推薦署名を集め、もう一つの立候補要件である東京都連からの推薦も同月26日に得られたことで正式に立候補した[2]。10月に行われた投票の結果2239票を獲得したが、9986票を獲得した吉田忠智に敗れた[3]

2014年(平成26年)12月、第47回衆議院議員総選挙比例東京ブロックの社民党単独1位候補として立候補し、豊島区議会議員を失職。選挙の結果、落選[4]

2015年(平成27年)4月の第18回統一地方選挙において豊島区議会議員選挙に社民党公認で立候補し、定数36人のうち20位で当選[5]。約5か月ぶりに豊島区議会議員に復帰。

2017年(平成29年)7月、他の地方議員らと「LGBT自治体議員連盟」を設立[6]

2018年(平成30年)2月、社民党を離党。同年11月、立憲民主党に入党。11月20日、2019年第25回参議院議員通常選挙比例代表に党公認で立候補することが決定した[7]

2019年(令和元年)7月21日に行われた参院選で73,799票を得て初当選した[8]。日本においてゲイを公表して当選した国会議員は、石川が初めてとなる[9][注 1]

2020年(令和2年)9月15日、旧立憲民主党、旧国民民主党などが合流し、新「立憲民主党」が設立[10]。石川も新党に参加。

2021年(令和3年)10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党は議席を「109」から「96」に減らし、11月2日、枝野幸男代表は引責辞任を表明[11]。枝野の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では西村智奈美の推薦人に名を連ねた[12]

政策・主張[編集]

  • 日本でも同性婚を認めるべき、とする。「LGBTであっても、同性婚ではなくてパートナー法があればいいんじゃないかという人もいるし、制度がなくても二人で生きていけばいいという人もいるし、パートナーを求めずに一人で生活をしたいという人もいます。そして、同性婚をしたいという人もいる。みなさんの希望が尊重され、それにフィットする法制度がある、というのが理想だと思います。」と述べる[13]
  • 2018年(平成30年)、第2回豊島区議会定例会(6月20日開会)に、「パートナーシップ宣誓制度」創設に関する請願と、区営住宅に同性パートナーも入居できるよう求める請願が提出される。定例会最終日の7月9日、石川は「まずは、カミングアウトしても不利益をこうむらない状態をつくり出す必要があります。カミングアウトする必要のない社会を目指すのならば、そのためにパートナー制度や区営住宅の入居を認め、LGBTの人たちを行政の仕組みに包摂していくことが急務なのです」と発言し、全会一致による採択を訴えた[14]自由民主党豊島区議団はこれに反対したが、他の会派はすべて賛成に回り、2つの請願はともに採択された[15]。同年9月の本会議で高野之夫区長が条例化を明言。
    2019年(平成31年)3月22日、パートナーシップ制の制定と、性的少数者への差別を禁止する条項を加えた男女共同参画推進条例改正案が請願は反対した自民党も賛成に回り全会一致で可決[16]。同年4月1日、「パートナーシップ宣誓制度」は豊島区で導入された。
  • 選択的夫婦別姓導入に「賛成」としている[17]
  • アニメ、ゲーム等の表現規制に反対[18]

議員連盟[編集]

  • 難民問題に関する議員懇談会(事務局長)
  • アイヌ政策を推進する議員の会
  • LGBTに関する課題を考える議員連盟(超党派)
  • 花き産業振興議員連盟
  • 公共事業チェック議員の会
  • 自殺対策を推進する議員の会
  • チャイルドライン支援議員連盟
  • 日本プログレッシブ議員連盟
  • 未来に向けてアジア相互理解を深める議員連盟
  • 立憲民主党人権政策推進議員連盟
  • 立憲民主党動物愛護議員連盟
  • アムネスティ議員連盟
  • 沖縄等米軍基地問題議員懇談会
  • 原発ゼロ・省エネ100の会
  • 参議院日仏友好議員連盟
  • 世界連邦日本国会委員会
  • 天文フロンティア議員連盟
  • 日豪国会議員連盟
  • ミャンマーの民主化を支援する議員連盟
  • やきもの振興議員連盟

言動及び物議を醸した行動[編集]

桜を見る会 寿司の提供について[編集]

2019年11月には、安倍晋三総理主催の桜を見る会の前夜祭において高級寿司店(銀座久兵衛)の寿司が提供されていたと、同ホテル内テナントの寿司店の実名を含めて言及した。寿司店が提供を否定した後の取材に対しては、「同ホテル宴会担当男性職員から直接議員会館内(参議院議員会館1113号室)にて、『ホテルニューオータニ宴会時に寿司や巻物が提供されることがあれば、当寿司店(当該ホテル内銀座久兵衛)からの提供が確実である』との旨を確認した上での話を伝えたのである。」とした上で「(他店舗に)誤解を与えたのであればおわび申し上げます」と釈明した。指摘のあった高級寿司店本店(ホテル内テナント店ではない)は、取材に対し謝罪は行われていないと答えている[19]

警察官とのトラブル[編集]

2020年3月20日の深夜、東京都新宿区新宿二丁目の路上にて、警邏中のパトロールカーを動画で撮影し、石川を制止しようとする警察官と揉める騒動が起きた。また、警察官に対して「オレは2丁目を偉そうに歩き回る警察を撮るのが趣味なんだ。」や「オレは国会議員だぞ! ビビっただろう。」と発言したとされる一部報道も存在している[20]アサ芸ビズの取材に対し、石川は、警察官と「揉めていたという認識はない」、警察官の対応について納得できない点は「特にない」と文書で回答した[21]。騒動前の最後の石川のツイートには、説明責任を問う声が1,000件以上寄せられた[22]。しかし石川は、本件に対して何の説明もしなかった。

「警察があえてゲイの溜まり場を張り込みしている。」と石川を擁護する声があることについて、石川と同じくゲイであることを公表している元参議院議員の松浦大悟は、警察が新宿二丁目を巡回するのは危険薬物・ラッシュが蔓延しているからだと独自の見解を展開し、「(2014年に所持が禁止される)規制以前には多くのゲイに用いられていました。それを使うと肛門が弛緩して性行為が気持ちよくなるというのが理由です。利用者たちの間では、規制された今でも薬物に対する危険性の認識は甘いままです。」と指摘した。加えて、松浦は新宿二丁目の人の中にはそれを問題視する人もいると前置きした上で、「LGBTの権利が注目され、社会的に認知されるようになってきたなかで、“都合の悪い部分”は隠しておきたいとの思惑が働き始めているんです。そのため、警察が二丁目を重点的に巡回していることについて、活動家は警察批判をすることで真実に目が向かないようにさせているんです。」として、この問題の背景には危険薬物・ラッシュが絡んでいると主張した[20]

クルド人によるデモへの参加[編集]

2020年5月には、警視庁渋谷警察署員等による威圧的な職務質問を受けたなどと主張するクルド人男性によってSNSに投稿された動画を発端とした抗議デモに参加。石川は「男性本人から国会内で説明を受け、また職務質問時の動画を確認した上で、警察による行き過ぎた行為(動画撮影中の携帯電話を警察官が取り上げ、動画の削除を試みようとした点等)があったと判断した」と参加理由を述べた(現在、国賠訴訟中)[23]

救急隊員への発言[編集]

2021年8月8日夜、石川の知人であった男性が、新宿区新型コロナ陽性判定を受け、病院への搬送を求めて119番通報(3回目)。現場にて救急隊員が男性のバイタルのみを検査。検査結果から保健所は「直ちに病院に搬送する状態ではない」と判断したが、秘書と共に現場に来た石川は動画を撮影しながら「搬送しなければ、この動画をSNSでさらすぞ!」と猛抗議を行ったと報じられた(石川及び秘書は救急隊員到着前に現場入りをしていた)。石川は取材に対してそのような言動を公式に否定している(石川の公式サイトに掲載)。当該男性は、その後重症化し、消防及び保健所判断にて救急搬送された。石川、秘書、当該男性の3名がそれぞれ四谷消防署及び中野消防署(当日の担当署)に対して、活動記録及び保有個人情報の開示請求を行なったが活動記録には上記言動の記載は認められなかったが、当日の現場でのやり取りに関しては、消防庁に報告書が上げられていると報じられた[24][25][26]

家族[編集]

父親は昭和期の俳優だった石川博[27]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『同性愛って何?』(緑風出版ISBN 4846102203
  • 『セクシュアルマイノリティをめぐる学校教育と支援〜エンパワメントにつながるネットワークの構築にむけて』(加藤慶・渡辺大輔編著/尾辻かな子ほか著)社団法人日本図書館協会選定図書(開成出版、2010年、ISBN 9784876034284
  • 『セクシュアルマイノリティをめぐる学校教育と支援・増補版〜エンパワメントにつながるネットワークの構築にむけて』(加藤慶・渡辺大輔編著/尾辻かな子ほか著)社団法人日本図書館協会選定図書(開成出版、2012年)

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 尾辻かな子も同性愛を公表している国会議員である[9]

出典[編集]

  1. ^ 任期満了日(定数)一覧 | 東京都選挙管理委員会
  2. ^ “社民党首、初の選挙戦=27日告示、2氏出馬へ”. 時事ドットコム. (2013年9月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013092601034 2013年9月26日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ “社民党党首選、吉田忠智氏が若手振り切り新代表に”. 産経新聞. (2013年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131014/stt13101415230001-n1.htm 2013年10月14日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “比例区開票速報:東京ブロック(定数17)”. 朝日新聞. (2014年12月15日). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/B05.html#TKJZX000005 2014年12月15日閲覧。 
  5. ^ 2015年統一自治体選挙公認決定”. 社民党東京都連合. 2015年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月19日閲覧。
  6. ^ “LGBT地方議連が発足 差別解消の推進目指し83人”. 東京新聞. (2017年7月7日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201707/CK2017070702000115.html 2017年7月7日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “立憲民主党:来年夏の参院選比例にLGBT区議を擁立”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年11月21日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181121/k00/00m/010/137000c 2018年11月21日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ 比例 立憲民主党(立民) | 参院選 2019 | NHK選挙WEB
  9. ^ a b “石川大我さん、参院選で初当選。同性愛公表の元区議「『私たちはここにいる』ということがはっきりした」”. ハフポスト日本版. (2019年7月22日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d350a51e4b0419fd32eb17b 2021年8月17日閲覧。 
  10. ^ 横山大輔、木谷孝洋 (2020年9月16日). “新「立憲民主」衆参150人で結党 野党第一党、枝野氏「選択肢示す」”. 東京新聞. 2021年3月16日閲覧。
  11. ^ 立民 枝野代表 辞任の意向表明 衆院選 議席減で引責”. NHK (2021年11月2日). 2021年11月2日閲覧。
  12. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  13. ^ なぜ同性婚が必要とされているのか (津田大介の「メディアの現場」vol.76 より)”. 津田大介公式サイト (2013年5月10日). 2015年7月19日閲覧。
  14. ^ 平成30年 第2回定例会(第9号 7月 9日)、No.72 石川大我。
  15. ^ 平成30年第2回定例会採決表 豊島区議会
  16. ^ “豊島区、パートナー制条例案可決 平等社会へ大きく前進「LGBT 普遍的人権」”. 東京新聞. (2019年3月23日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201903/CK2019032302000154.html 2019年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ 朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞 (2019年). 2019年7月8日閲覧。
  18. ^ 2013年10月2日
  19. ^ 立憲民主・石川議員の「久兵衛」“誤報”発信を追及! 野党側は明確な謝罪なく (2/2ページ)”. zakzak. 産経デジタル (2019年11月21日). 2021年8月18日閲覧。
  20. ^ a b 昼間たかし (2020年5月3日). “8 石川大我議員、新宿二丁目で警察と大ゲンカの裏側…なぜ警察に批判の矛先が向いたのか”. Business Journal. 2022年5月6日閲覧。
  21. ^ コロナ禍(緊急事態宣言下では無い)に国会議員が警察官と大ゲンカ!新宿2丁目で「警察手帳を撮らせろ」”. アサ芸ビズ. アサヒ芸能. 徳間書店 (2020年4月14日). 2020年12月24日閲覧。
  22. ^ Taka (2020年4月17日). “新宿2丁目で警察官と大ゲンカと報じられた立憲・石川大我参議院議員に説明を求める声が多数 ほんこんさん「即!議員を辞めなさい!」”. ガジェット通信. 東京産業新聞社. 2020年12月24日閲覧。
  23. ^ 職質への抗議が「人種差別反対」に…クルド人デモにちらついた不穏な影」『産経新聞産経新聞社、2020年7月1日。2020年12月24日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ 「動画さらずぞ」立憲民主党・石川大我参院議員が「コロナ救急搬送」強要の疑い | 文春オンライン”. archive.is (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  25. ^ 立民・石川大我参院議員「週刊文春からの質問と回答の全文」を自身のホームページに掲載”. スポーツ報知 (2021年8月17日). 2021年8月18日閲覧。
  26. ^ 文春質問と回答(発表用)”. 石川大我公式ページ (2021年8月17日). 2021年8月18日閲覧。
  27. ^ ひし美ゆり子 [@ANNEinfinity] (2014年12月9日). "石川博氏と43年振りイベントで再会!未だ男前☆(後略)" (ツイート) (日本語). Twitterより2015年7月18日閲覧

外部リンク[編集]