中島岳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 岳志
(なかじま たけし)
人物情報
全名 中島 岳志
(なかじま たけし)
生誕 1975年2月16日(41歳)
日本の旗 日本 大阪府
学問
研究分野 南アジア地域研究
近代政治思想史
研究機関 東京工業大学
学位 博士 (地域研究)
テンプレートを表示

中島 岳志[1](なかじま たけし[2]1975年2月16日 - )は、日本政治学者歴史学者。専門は南アジア地域研究、日本思想史[3]東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授[4][5]テレビ朝日報道ステーション』元レギュラーコメンテーター。

来歴[編集]

思想・主張[編集]

  • 保守思想とリベラリズムには親和性が高いとして、自らのスタンスを「リベラル保守」と公言している。
  • 自身の信仰について、「私は特定の教団に属してはいないが、仏教徒を自認している」と述べている[17]。特に親鸞の思想を人生の指針にしていると言及している。

小林よしのりとの論争[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

共著
編著
  • 『頭山満と近代日本』(大川周明著、2007年、春風社)
  • 『父ボース―追憶のなかのアジアと日本』(樋口哲子著、2008年、白水社→白水Uブックス)
  • 『インドのことはインド人に聞け』(2009年、講談社
  • 『じゃあ、北大の先生に聞いてみよう―カフェで語る日本の未来』(2010年、北海道新聞社)
  • 『やっぱり、北大の先生に聞いてみよう』(2011年、北海道新聞社)
  • 『橋川文三セレクション』(2012年、岩波現代文庫)

連載[編集]

  • 「風速計」(『週刊金曜日』金曜日)
  • 「龍と象の比較学」(『クーリエジャポン』講談社)
  • 「親鸞と日本主義」(『考える人』新潮社)
  • 「アジア主義を考える」(『潮』潮出版)
  • 「私の保守思想」(『表現者』ジョルダン)
  • 「思想の場所」(『春風新聞』春風社)
  • 「論壇書評」(『kotoba』集英社)
  • 「希望は商店街」(『マガジン9』インターネット)
  • 「論考2011」(共同通信配信)

出演番組[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 「立憲主義と保守」『朝日新聞』朝刊、朝日新聞大阪本社、2016年4月13日、13面
  2. ^ 同掲書『朝日新聞』朝刊、2016年4月13日
  3. ^ 同掲書『朝日新聞』朝刊、2016年4月13日
  4. ^ 東京工業大学 大学研究者検索
  5. ^ 東京工業大学 大学マネジメントセンターメンバー
  6. ^ 「中島岳志 氏 受賞論文要旨」アジア太平洋フォーラム・淡路会議
  7. ^ 「現代インドにおけるヒンドゥー・ナショナリズム運動」CiNii
  8. ^ 「中村屋ボースの生涯と昭和」日本記者クラブ会見レポート2005年8月8日
  9. ^ 「研究室便り」京都大学人文科学研究所田中雅一教授のホームページ
  10. ^ 「第3回井植記念「アジア太平洋文化賞」「アジア太平洋研究賞」授賞式の概要」アジア太平洋フォーラム・淡路会議
  11. ^ 「中村屋ボースの生涯と昭和」日本記者クラブ会見レポート2005年8月8日
  12. ^ 「研究室便り」京都大学人文科学研究所田中雅一教授のホームページ
  13. ^ 「中島 岳志」北海道大学研究者総覧
  14. ^ 「北大の中島岳志・准教授、東工大に移籍へ」北海道新聞2015年7月23日
  15. ^ 中島岳志テレビ朝日報道ステーション出演者
  16. ^ 「既刊情報『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』」集英社
  17. ^ 「ガンディー主義と2008年のこの世界」『第三文明』2008年3月号
  18. ^ [1]

外部リンク[編集]