樋口俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樋口 俊一
生年月日 (1951-10-05) 1951年10月5日(66歳)
出生地 大阪府大阪市
出身校 北里大学薬学部
前職 衆議院議員
所属政党 日本新党→)
新進党→)
(太陽党→)
(民政党→)
民主党鹿野グループ)→)
おおさか維新の会
称号 薬学博士大阪大学)、薬剤師
公式サイト ヒグチ俊一公式ホームページ

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 1回

選挙区 比例区
当選回数 1回
テンプレートを表示

樋口 俊一(ひぐち としかず、1951年10月5日 - )は、日本政治家実業家おおさか維新の会所属の元衆議院議員(1期)。元参議院議員(1期)。大阪市出身。

実父はヒグチ産業創業者の樋口俊夫

経歴[編集]

追手門学院中学校・高等学校を経て、北里大学薬学部卒業。1974年に家業のヒグチ産業株式会社大阪府東大阪市)に入社し、1990年に代表取締役社長を継ぐ。

1993年東京都議会議員選挙日本新党公認で立候補し、初当選。1996年第41回衆議院議員総選挙東京7区から新進党公認で立候補したが、自由民主党粕谷茂に1万5,000票差で敗れる。

1998年第18回参議院議員通常選挙比例区から民主党公認で立候補し、落選。2004年1月、江本孟紀大阪府知事選挙立候補のため辞職したのに伴い、繰り上げ当選したが[1]、同年7月の第20回参議院議員通常選挙で落選。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙比例近畿ブロック単独で立候補し、初当選[1]2011年8月の民主党代表選において鹿野道彦農林水産大臣の推薦人を務め、鹿野グループの結成に参加したが、鹿野が樋口の公設第一秘書を秘書の身分のまま農水省顧問に任命していたことが批判され、李春光事件の追及へと発展した。2012年7月、民主党大阪府第13区総支部長に内定し[2]、同年12月の第46回衆議院議員総選挙大阪13区から立候補したが[3]比例復活もならず落選し[4]供託金没収。

2013年6月19日に日本医薬品登録販売者協会(日登協)会長に就任し[5]、同年10月に民主党大阪府第13区総支部長を退任した。

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙に比例区からおおさか維新の会公認で立候補し[6]、落選。

役職[編集]

著作リスト[編集]

博士論文[編集]

  • 『血液生化学検査値の身体活動指標としての評価に関する研究』(博士(薬学)、乙第6268号、大阪大学、1994年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]