渡邉美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
渡邉 美樹
わたなべ みき
生年月日 (1959-10-05) 1959年10月5日(62歳)
出生地 日本の旗 神奈川県横浜市
出身校 明治大学商学部
前職 参議院議員
参議院外交防衛委員長
現職 ワタミ会長
陸前高田市参与
所属政党 自由民主党(無派閥)
公式サイト 渡邉美樹公式サイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 2019年7月28日
テンプレートを表示

渡邉 美樹(わたなべ みき、1959年10月5日 - )は、日本実業家、元政治家ワタミ株式会社代表取締役会長兼社長。学校法人郁文館夢学園理事長兼校長[1]。一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ代表理事。

ワタミ株式会社の創業者。医療法人えいしん会元理事長[1]参議院議員(1期)、教育再生会議安倍内閣)委員、神奈川県教育委員会委員を2006年(平成18年)10月14日[2] から2009年(平成21年)10月30日まで[3] 務めた。

経歴[編集]

神奈川県横浜市出身[1]。少年時代は野球に熱中していた。10歳で母と死別。父が営んでいた広告事業の会社が清算されたのを目にし、将来は経営者になることを決意する。また、近所に住んでいた大学生が声をかけてくれたことをきっかけにキリスト教宗教信者となり伝道活動に従事していたが、中学生時代に「信者以外は救われない」という教義に疑問を持ち、卒業を機に決別した。しかし現在も著書において聖書を引用し、「いまでも時折、懐かしく頁をめくるその聖書の教えは、後に会社を創業する際の理念の元になっています」と語るなど、思想の土台となっている[4]

神奈川県立希望ヶ丘高等学校を経て明治大学商学部に進学。大学卒業後は経理会社「ミロク経理」(ミロク情報サービスの親会社。1986年に倒産)で半年勤務した後、佐川急便東京支社管内(当時、現:関東支店)でセールスドライバーとして1年間勤務。起業のための資金300万円を1年間で稼いだ。1984年有限会社渡美商事を設立。経営不振のつぼ八の店舗を買い取る形で、フランチャイズ店オーナーとなる。1987年に社名をワタミフードサービスと改称し、独立。1996年株式店頭登録、1998年株式上場を果たした。2002年には、ワタミは全300店舗を超える規模となった。

2002年以降、外食以外の産業にも進出し、2002年に農業2005年介護2008年高齢者向けの弁当宅配事業にそれぞれ参入している。

2009年、ワタミ社長を退任し、同社会長に就任した。2011年2月15日には、ワタミの代表取締役会長を辞任し、非常勤の取締役最高顧問となった[5](後に、非常勤取締役会長になる[6])。

2011年2月、同年4月の東京都知事選挙無所属で出馬する意向を表明。出馬の動機について、ワタミの運営により培ってきた経営能力を、企業を超えた枠組みで生かしたい考えを明らかにした。高齢者が安心して年を取れる社会の実現や、高校生の10人に1人を1年間留学させる教育改革の構想を掲げ[7]東京都議会民主党の支援を受けたが東京・生活者ネットワークからの支援は積極的に受けられなかった。結果、出馬するも[8]、4選をめざす石原慎太郎知事、前宮崎県知事東国原英夫の後塵を拝し、3位で落選した[9]

同年6月、岩手県陸前高田市参与に就任した[10]

2011年12月28日、同月20日に大阪維新の会松井一郎知事および橋下徹市長の要請を受け、大阪府および大阪市の特別顧問に就任することが松井知事により発表された[11]

2013年1月31日、ムハマド・ユヌスの提唱する「ユヌス・ソーシャル・ビジネス」を支援する一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズを設立[12]

2013年5月末、第23回参議院議員通常選挙比例区の自由民主党公認候補であることが報じられる。6月27日、立候補に際しワタミの会長職を含む役職をすべて辞任[13]。出馬の動機について、安倍晋三政権海外からも大きな期待が寄せられており、アベノミクスの大胆な金融緩和、機動的な財政出動は正しい手法であり、効果が表れている。ワタミの運営により培ってきた経営能力を、農業の強化や震災復興経済の強化、教育福祉の分野で力を尽くしたいと考えを明らかにした[14]。104,176票を獲得し、比例区の自民党の当選者18人中、16番目で初当選した[15]

2013年、大韓民国を訪問。韓国の政府高官らと日韓請求権協定について意見交換を試みたが、門前払いを繰り返され会議室の費用まで負担させられるなど、2019年に訪日した韓国議員団を受け入れた際(後述)の伏線のような冷遇を受けた[16]

2014年7月18日岩手県倫理法人会にて「渡邉美樹が語る就活のススメ〜アベノミクス移行、経営者から求められる人物像とは〜」講演[17][18][19]

2019年2月、第25回参議院議員通常選挙には出馬せず政界を引退を表明、同年7月に任期満了により政界を引退した[20]

同年5月28日に一泊二日の日程で千正培ら5人の多選議員による韓国議会団が訪日したときに自民党で唯一面会した。日韓関係について一行に問われると渡邉は「文在寅政府が終わらなければ、日韓関係は改善しないだろう」と述べた[21]。合計20選となる韓国議員5人は、自民党衆参議員からカウンターパートとして参議院比例区初当選で今期で政界引退予定の議員である渡邉1人に対応されたことで、「日韓関係がどれほど悪化しているかを東京で肌で痛感した。」と述べている[21][22]

同年7月に参議院議員任期満了を受け、ワタミの取締役に就任。同年10月1日付でワタミの代表取締役会長兼グループ CEOに就任した。

2020年10月5日、焼肉の和民として業態変更することを発表。自身の誕生日に再起を掛けてオープン拡大に繋げる。

2021年10月1日ワタミの代表取締役会長兼社長に就任。

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

教師へのパワーハラスメント[編集]

2009年9月、学校法人郁文館夢学園に2005年4月から2009年3月まで教師として勤務していた男性が、中傷を受け不当に解雇されたとして、同校を相手取り訴訟を、近く東京地方裁判所に起こすことが分かった。この男性の陳述書によると、渡邉美樹理事長によるパワーハラスメントが校内で日常的に行われており、渡邉は男性教師の髪形が気に入らないとし、ハサミで教師の髪を自ら「これは断髪式だ」と言い、切ったとしている。この件について当時の校長が調査した結果、この「断髪式」が事実であった事を認めた[25]

「ワタミの宅食」の個人情報流出、選挙違反[編集]

個人情報の流出が数回起こっており、渡邉美樹が2013年(平成25年)の参議院議員選に立候補した際には、公職選挙法第147条の2で禁止された挨拶状を事前運動として配達する、個人情報保護法に定められた個人情報の目的外使用をして送付するなどの選挙違反事件があった[26][広報 1][広報 2][広報 3][広報 4][広報 5]

人物[編集]

公益活動[編集]

公益財団法人みんなの夢をかなえる会の理事長を務め、「夢溢れ、ありがとうが飛び交う社会の実現」を目的に、2010年4月より講演活動として「みんなの夢シンポジウム」を仙台から沖縄まで、日本各地で開催した。また、2010年12月には、若者の夢を支援する「みんなの夢アワード2010」を日比谷公会堂にて開催した。

教育における主張・活動[編集]

  • 大学入試廃止論者。「現在の高校生は受験を至上目標としている。大学入試は不要な競争を煽っており、子供が夢を持つことができない。好きな大学に全員が入れるようにする必要がある。」と主張している[27]。大学入試偏重ではなく、その後の仕事に役立つ人材育成が重要として、「夢教育」を提唱し、自身が理事を務める学校も郁文館夢学園と名づけている。
  • 教育再生会議では現在の公立学校常勤教員を大幅に削減し、「半分」(コマ数の半分なのか教員数の半分なのかは曖昧)を非常勤講師でまかなえば教育の質が向上すると主張。
  • 30億円という巨額の負債を抱える郁文館学園に1億円を投じ、同校の理事長に就任。金融機関金利の減免を交渉するなど、同校の経営改革に取り組み、赤字経営からの脱却に成功した。
  • 2006年安倍晋三首相の意向で設置された教育再生会議の委員に起用された。

信仰[編集]

中学時代にクリスチャンとなって布教活動に励む(週刊誌のFLASHによれば、彼が入信したのはエホバの証人キリスト教にとっての異端)である[28])。一時は宣教師を志したが、教義に疑問をもったため断念し[29]、中学卒業時に脱退している。ただし、聖書人生に影響を与えた本として挙げており、現在も目を通している[29]

発言[編集]

  • 2006年に「日経スペシャル カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演した際、番組のホストを務める村上龍に、「よく『それは無理です』って最近の若い人達は言いますけど、たとえ無理なことだろうと、鼻血を出そうがブッ倒れようが、無理矢理にでも一週間やらせれば、それは無理じゃなくなるんです」「そこでやめてしまうから『無理』になってしまうんです。全力で走らせて、それを一週間続けさせれば、それは『無理』じゃなくなるんです」などと、近年の若者の態度を批判する意見を述べた[30]。村上は後に起こった従業員自殺問題に際してネット上に意見動画を公開し、番組中に村上が渡邉に対して唖然とする様子を、活字化した上記のコピーがネット上に広まった件に言及すると共に、当時の渡邉の見解に対して「何を言ってるか分からなかった」と述べた[31]
  • 2010年プレジデント誌のインタビューで「ビルの8階とか9階で会議をしているとき『今すぐここから飛び降りろ!』と平気でよく言う」(なお、それを要求する理由は不明)、「追い込むが簡単には潰さない」「どれだけきつく叱っても大丈夫かというのが信頼関係のバロメーター」「部下の頭を何度もひっぱたいた」という趣旨の発言を行い[32]、物議を醸した[33]
  • 2012年1月、自身のツイッターにおいて「議員給与削減5割カットを希望します。震災財源のために歳費を一部カットするも10月からは満額に戻す無神経さ。お金が要らない人こそ政治家になるべき。5割カットが嫌なら辞めればいい」と発言した[34]
  • 2012年1月20日、自身のブログにおいて「自殺者ゼロの社会」を目指すと都知事選で訴えたと発言[35]。しかし、その1か月後に元女性従業員の自殺が労災認定を受けた。
  • 2012年、SAPIO8月22・29日号のインタビュー記事において、前年に発生した大津市中2いじめ自殺事件等に見られる学校教育現場の機能不全(いじめの隠蔽など)に対し「教師には成果主義学校には競争原理を持ち込むしかない」とし、「極端に言えば、例えばいじめが起きたクラスの担任教師は給与を下げる」と発言した[36]
  • 2013年6月、部下に対して「365日24時間死ぬまで働け」「出来ないと言わない」と説いている社内文書「ワタミグループ理念集」の内容が週刊文春に掲載された[37]。従業員過労自殺問題などが批判され、2014年5月、文章撤回に追い込まれると共に「“常に仕事のことを考えていて欲しい”という意味だ」と釈明[38]
  • 2013年7月4日、立候補していた第23回参議院議員通常選挙の遊説にて、大阪岸和田盈進会病院の経営を引き継いだ件に触れ「病院を黒字にするために(儲けの薄い)高齢者に出て行ってもらった」と発言。「出て行ってもらったお年寄りが心配だった」「安くてサービスが良く、食事も旨い老人ホームを、と作ったのが『ワタミの介護』だった」と続けた[39][40](のちに「――介護」は手放されSOMPOケアネクストを経てSOMPOケアに変わった)。
  • 池上彰とのインタビューで、過労を苦にした自殺者が出たことについて「それでブラック企業と言われたら、日本には千や万のブラック企業がある」と述べた[41]
  • 2018年3月13日、参議院予算委員会において、過労死遺族の公述人に対し、「お話を聞いていますと、できれば週休7日が人間にとって幸せなのかと、そのように聞こえてきます。(中略)(労働とは)生きがいであり、自己実現であり、人は働くことでたくさんのありがとうを集め、成長していくそんな大事なもの」と発言した。その後謝罪したが「党の問題になる」として発言の撤回は行わなかった[42]

所属議員連盟[編集]

著書・CD[編集]

  • 『社長が贈り続けた社員への手紙 ―フードビジネスの革命児が書いた人生に勇気が湧くメッセージー』(1998年、中経出版
  • 『前略…。青年社長・渡邉美樹が贈る30通の返信』 (2000年、東洋経済新報社
  • 『サービスが感動に変わる時  ―青年社長渡邉美樹の社員への熱いメッセージー』 (2002年、中経出版)
  • 『思いをカタチに変えよ! ―だれもが人生の主人公で生きるために―』 (2002年、PHP研究所
  • 『父と子の約束 ―ワタミの成功を生んだ人間哲学の原点―』 (2004年、世界文化社
  • 『さあ、学校をはじめよう ―子どもを幸福にする青年社長の教育改革600日―』(2004年、ビジネス社
  • 『「ありがとう」の伝説が始まる時』 (2004年、中経出版)
  • 『新たなる「挑戦」 ―夢をカタチにする時―』 (2005年、ソフトバンクパブリッシング
  • 『渡邉美樹の夢に日付を! ―夢実現の手帳術―』 (2005年、あさ出版
  • 『きみはなぜ働くか。渡邉美樹が贈る88の言葉』 (2006年、日本経済新聞社
  • 『使う! 「論語」』 (2007年、三笠書房
  • 『もう、国には頼らない。』(2007年、日経BP社)※本書中で「魚民」を経営するモンテローザを、商標を巡っての訴訟で和解が成立しているにもかかわらず中傷したとして提訴され、300万円の賠償を命じられる[44]
  • 『無人島ウィー。』(2008年、日経BP社)
  • 『強く、生きる。』(2008年、サンマー
  • 『危機の時代にも成長できる生き方』(CD)、伊藤洋一との対談(2009年、アートデイズ
  • 『これだけで「組織」は強くなる ―戦うリーダーの作り方―』(2010/7/7 角川書店野村克也共著
  • 『地球上で一番たくさんの「ありがとう」を集める経営 ―なぜワタミは「存在」対「効果」を追求していくのか―』(2011年、起業家大学出版)
  • 『警鐘』 (2019年、アチーブメント出版
  • 『コロナの明日へ ―逆境の経営論 全国の社長に50のエール―』(2020年、アチーブメント出版)


メディア[編集]

  • 「青年社長」(上・下)「新・青年社長」(上・下)(高杉良、角川文庫) - 渡邉とワタミを描いた企業小説。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 議員情報 - 参議院
  2. ^ 官報』第4459号7ページ「神奈川県 教育委員会委員任命」、2006年(平成18年)11月8日
  3. ^ 『官報』第5246号9ページ「神奈川県 教育委員会委員任命」、2010年(平成22年)2月4日
  4. ^ 初当選の渡邉美樹氏「布教活動に歩いた」中学時代”. 女性自身. 光文社 (2013年7月29日). 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月31日閲覧。
  5. ^ 代表取締役の辞任に関するお知らせ(ワタミ) 東京証券取引所開示書類
  6. ^ 陸前高田市の参与就任 ワタミ株式会社・プレスリリース2011年5月26日
  7. ^ ワタミ創業者の渡辺氏、都知事選立候補を正式表明 朝日新聞 2011年2月16日
  8. ^ 2011年(平成23年)3月25日東京都知事選挙選挙長会告示第2号「東京都知事選挙における候補者の届出」
  9. ^ 2011年(平成23年)4月12日東京都選挙管理委員会告示第58号「東京都知事選挙における当選人」
  10. ^ “ワタミ・渡辺会長を参与に 岩手・陸前高田市 復興へ「経営力生かす」”. (2011年6月2日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/110602/iwt11060211040000-n1.htm 2011年6月2日閲覧。 
  11. ^ “ワタミ会長、ダブル顧問就任へ 大阪府・市の「助言役」”. 朝日新聞. (2011年12月28日). http://www.asahi.com/national/update/1228/OSK201112280061.html 2012年5月4日閲覧。 
  12. ^ “ワタミとユヌスがタッグ 1億円のソーシャルビジネスファンド設立”. オルタナS. (2013年1月31日). http://alternas.jp/work/ethical_work/34743 2013年6月30日閲覧。 
  13. ^ ワタミの渡辺氏、会長辞任 朝日新聞 2013年6月28日
  14. ^ なぜ自民党なのですか? わたなべ美樹オフィシャルサイト 2013年6月3日
  15. ^ 2013年(平成25年)7月26日中央選挙管理会告示第25号「平成二十五年七月二十一日執行の参議院比例代表選出議員の選挙における参議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件」
  16. ^ 韓国紙が報道した「日本が議員団を冷遇」の真実とは…”. zakzak (2019年7月31日). 2019年7月31日閲覧。
  17. ^ お知らせ - 渡邉美樹公式サイト
  18. ^ 渡邉美樹講演会&座談会のご案内 - 一般社団法人倫理研究所 岩手県倫理法人会
  19. ^ 渡邉美樹が語る就活のススメ~アベノミクス移行、経営者から求められる人物像とは~ - 2014年07月18日
  20. ^ “ワタミ元会長の渡辺美樹氏が参院選不出馬表明”. 共同通信. (2019年2月13日). https://this.kiji.is/468247920849519713 
  21. ^ a b "이런 푸대접 처음이다" 韓日관계, '의회외교 채널' 마저 단절 기로” (朝鮮語). news.naver.com. 2019年5月29日閲覧。
  22. ^ 「合わせて20選」韓国議員5人を日本は初当選議員1人が相手 「このような冷遇初めて」(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年5月29日閲覧。
  23. ^ a b c d e http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_hirei_meikan.html?mid=C01001029001
  24. ^ “どうなる受動喫煙法案 政治家巻き込んで禁煙派と喫煙派が大激論 ワタミ創業者・渡辺美樹参院議員がブログに書いたコトは…”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2017年4月2日). https://www.sankei.com/smp/premium/news/170202/prm1702020007-s1.html 2019年6月25日閲覧。 
  25. ^ 「ワタミ」会長の渡邉美樹氏、髪切りパワハラ? 理事長務める学校の元教師が提訴へ:社会:スポーツ報知
  26. ^ 日曜版「しんぶん赤旗」 - ■ブラック企業 ワタミ 宅食でも ぐるみ選挙 弁当と一緒に出馬表明お届け  ガソリン代配達員自腹 "まごころ"看板に極限まで経費節減
  27. ^ 「子どもの夢をはぐくむ学び方」対談記事
  28. ^ 初当選の渡邉美樹氏「布教活動に歩いた」中学時代 女性自身 2013年07月29日 週刊FLASH2013年8月6日号の記事を転載したもの。
  29. ^ a b 渡邉美樹『ありのまま、愛すること。』スターツ出版
  30. ^ カンブリア宮殿 2006年5月22日放送分「夢を実現するための行動力」での発言
  31. ^ 【村上龍RVR龍言飛語】vol.252 ワタミ従業員自殺に労災認定
  32. ^ なぜ「飛び降りろ」と叱咤できたのか -ワタミ会長 渡邉美樹 PRESIDENT 2010年9月13日号
  33. ^ 「いますぐビルから飛び降りろ!」 ワタミ会長「叱り方」に議論沸騰 J-CASTニュース 2010年8月23日
  34. ^ ロケットニュース24 2012年1月18日
  35. ^ 「14年連続自殺者3万人」の国、日本”. 2012年1月20日閲覧。
  36. ^ ワタミ会長 いじめ発覚なら担任教師の給料下げるべきと提案 SAPIO2012年8月16日
  37. ^ ワタミ社内文書入手 渡辺美樹会長が「365日24時間死ぬまで働け」 週刊文春 2013年6月5日
  38. ^ ワタミ創業者「24時間365日死ぬまで働け」を正式撤回 オルタナ2014年5月12日
  39. ^ 【参院選】ワタミ候補 「病院を黒字にするため高齢者に出て行ってもらった」 田中龍作ジャーナル 2013年7月4日
  40. ^ 週刊文春 2013年7月18日号
  41. ^ 池上彰 渡邉美樹に「何がやりたいの?」と聞くつもりだった”. NEWSポストセブン. 小学館 (2013年7月26日). 2014年5月4日閲覧。
  42. ^ “過労死遺族に「週休7日が幸せ?」 ワタミ渡辺氏が謝罪”. 朝日新聞. (2018年3月16日). https://www.asahi.com/articles/ASL3J460DL3JULFA00G.html 2018年5月16日閲覧。 
  43. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  44. ^ ワタミ渡辺会長に3百万賠償命令 東京地裁、「魚民」を中傷 共同通信2009年11月16日
広報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
三宅伸吾
日本の旗 参議院外交防衛委員長
2018年 - 2019年
次代:
中川雅治