長峯誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
長峯 誠
ながみね まこと
生年月日 (1969-08-02) 1969年8月2日(47歳)
出生地 宮崎県都城市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
所属政党 自由民主党→)
無所属→)
自由民主党
親族 長峯基(父)
公式サイト ながみね誠後援会ホームページ

選挙区 宮崎県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

Flag of Miyakojo Miyazaki.JPG 都城市長(新制)
当選回数 2回
在任期間 2006年2月 - 2012年11月21日

Flag of Miyakonojo, Miyazaki.svg 都城市長(旧制)
当選回数 1回
在任期間 2004年12月 - 2005年12月

選挙区 都城市選挙区
当選回数 3回
在任期間 1997年 - 2004年9月
テンプレートを表示

長峯 誠(ながみね まこと、1969年8月2日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)。元都城市長。父は元参議院議員長峯基

来歴[編集]

生い立ち[編集]

宮崎県都城市出身。都城市立妻ヶ丘中学校宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。大学時代は雄弁会に所属していた[1]1995年(平成7年)から父の長峯基参議院議員の秘書、JC宮崎ブロック事務局長を務める。

政治家として[編集]

1997年(平成9年)6月、宮崎県議会議員補欠選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。1999年(平成11年)4月、2期目の当選。2003年(平成15年)4月、3期目の当選。2004年(平成16年)9月、県議3期目の任期中に辞職。同年12月、都城市長選挙に出馬する。現職で九州最高齢市長(77歳)であった岩橋辰也を破り当選(当時全国最年少市長[要出典])。

2006年(平成18年)1月1日、都城市(旧制)が山之口町高城町山田町高崎町と合併(新設合併)する。新しい都城市が誕生し、長峰は失職。それに伴って同年2月5日に実施された市長選に無所属で出馬し、当選。2010年(平成22年)1月24日執行の市長選において2期目の当選。2012年(平成24年)11月21日、都城市長を任期中に辞職。辞職の理由は、2013年(平成25年)夏に実施予定の第23回参議院議員通常選挙宮崎県選挙区から自民党公認で出馬することによる[2]

2013年(平成25年)7月21日、第23回参議院議員通常選挙で民主党道休誠一郎を3倍以上の得票差で破り、当選。

政策[編集]

  • 憲法9条改正と集団的自衛権の行使に賛成。憲法改正に関しては「自衛隊の役割や限界を明記すべき」としている。
  • 日本の原発について、当面は必要だが将来は廃止すべき,海外輸出には賛成。[3]

活動[編集]

大韓民国
2015年6月中東呼吸器症候群蔓延する大韓民国に渡航し、同国の国会議員らとサッカーに興じた[4]

報道[編集]

  • 長峯と産業廃棄物業者との癒着を追及していたブロガーが死亡したことについて自殺と他殺の両方の可能性がある、と報道された[5]

所属団体・議員連盟[編集]

関連書籍[編集]

  • 市長の夢 19人の青年市長[8]日本ドリームプロジェクト(編) 『市長の夢―19人の青年市長×きむ』 いろは出版、2010年9月ISBN 978-4902097344

脚注[編集]

  1. ^ プロフィールながみね誠後援会ホームページ
  2. ^ “長峯誠都城市長が辞職願”. 47NEWS 宮崎日日新聞. (2012年10月5日). http://www.47news.jp/localnews/miyazaki/2012/10/post_20121005224956.html 2013年6月7日閲覧。 
  3. ^ 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  4. ^ 정상윤, "한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원", [포토] 한일 국회의원 축구대회 참석한 김현의원 - Save Internet 뉴데일리, 뉴데일리, 2015년6월13일.
  5. ^ 「権力批判ブロガー『怪死』の闇」、サンデー毎日、2014年9月7日
  6. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  7. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社2015年6月27日、3面。
  8. ^ 全国市長会 市長の夢 19人の青年市長 編集:日本ドリームプロジェクト 協力:全国青年市長会
[ヘルプ]

外部リンク[編集]


先代:
岩橋辰也
(旧)都城市長
2004 ‐ 2005
次代:
廃止
先代:
新設
(新)都城市長
初代:2006 ‐ 2012
次代:
池田宜永