本田顕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本田 顕子
ほんだ あきこ
生年月日 (1971-09-29) 1971年9月29日(50歳)
出生地 日本の旗 熊本県
出身校 星薬科大学薬学部
前職 参議院議員秘書
所属政党みんなの党→)
自由民主党
親族 父・本田良一(参議院議員)
公式サイト 本田あきこ 参議院議員(自民党)比例代表(全国区)選出/薬剤師

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2019年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

本田 顕子(ほんだ あきこ、1971年9月29日 - )は、日本政治家薬剤師自由民主党所属の参議院議員(1期)。日本薬剤師連盟副会長。父親は元参議院議員の本田良一[1]

来歴[編集]

熊本県出身。小中学校時代はバドミントンに打ち込み、中学2年生時に全国中学校選抜選手権で団体優勝した。九州女学院高等学校(現・ルーテル学院高等学校)卒業。1996年(平成8年)、星薬科大学薬学部衛生薬学科卒業。医薬品卸や保険薬局勤務を経て、2002年(平成14年)、参議院議員の公設秘書になる[2]。その後、沢井製薬やアルフレッサに勤めた[3][4]

2010年(平成22年)7月の第22回参院選熊本県選挙区からみんなの党公認で立候補するも落選。2012年(平成24年)12月の第46回衆院総選挙熊本2区)・2013年(平成25年)7月の第23回参院選(比例区)でもみんなの党公認で立候補するが何れも落選に終わる。みんなの党解党を機に「責任政党で政策を実現したい」と自由民主党に入党[5]

その後、熊本県薬剤師会勤務を経て[2][3][4]、2019年(令和元年)7月21日に行われた第25回参議院議員通常選挙比例区に自民党公認で立候補。159,596票を得て初当選した[6]。本田の当選により、初めて日本薬剤師連盟の組織内候補が国会に2人在籍することになり(本田と藤井基之)、また参議院では石井道子以来の女性薬剤師議員となった [7]

2021年(令和3年)8月上旬、議員会館で面会した人の新型コロナウイルス感染が確認され、8月8日、都内の医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性が判明した[8]

選挙の結果[編集]

当落 選挙 執行日 選挙区 所属党派 推薦・支持
第22回参議院議員通常選挙 2010年7月11日 熊本県選挙区 みんなの党
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 熊本2区 みんなの党 日本維新の会推薦
第23回参議院議員通常選挙 2013年7月21日 比例区 みんなの党
第25回参議院議員通常選挙 2019年7月21日 比例区 自由民主党

政策・主張[編集]

  • アベノミクスを評価。
  • 憲法改正に賛成。自衛隊を他国同様の「国防軍」にすべきとしている[9]
  • 外国人労働者の受け入れに反対[9]
  • 徴用工問題など日韓関係についてはより強い態度で望むべきとしている[9]
  • 女性宮家に反対[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]