佐藤三吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 三吾(さとう さんご、1929年7月8日 - 2005年1月11日)は、日本政治家日本社会党参議院議員(3期)。

来歴[編集]

大分県挟間町出身。1948年庄内農芸学校卒、同年大分県庁に入る。県庁内では労働運動に加わり、大分県労組委員長、自治労大分県本部委員長、自治労中央副委員長などを歴任し、1977年第11回参議院議員通常選挙において日本社会党公認で全国区から立候補して当選した。国会では決算委員長などを務めた。3期務めた後、1995年に参議院議員を引退した。1999年、勲二等旭日重光章受章[1]2005年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 「99年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』1999年11月3日朝刊

参考文献[編集]

議会
先代
山口哲夫
日本の旗 参議院地方行政委員長
1992年 - 1993年
次代
小川仁一
先代
安恒良一
日本の旗 参議院決算委員長
1984年 - 1985年
次代
丸谷金保
先代
小川仁一
日本の旗 参議院災害対策特別委員長 次代
糸久八重子