太田淳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

太田 敦夫(おおた あつお、1934年1月28日 - )は、日本の元政治家、元公明党参議院議員(3期)。

来歴[編集]

東京都出身[1]1956年東京大学文学部国史学科卒。三井生命に入社後、公明党に入り、同党中部事務局次長などを経て、1969年1972年の総選挙で当時の岐阜1区から公明党公認で立候補したが落選した。1974年第10回参議院議員通常選挙全国区から公明党公認で立候補して初当選した。以来3期務める。公明党岐阜県本部長、参議院法務委員長、科学技術振興対策特別委員長などを歴任した。1992年に引退した。

脚注[編集]

  1. ^ 本籍地は岐阜県(『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』271頁。)。

参考文献[編集]