田村智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
田村 智子
たむら ともこ
Tamuratomoko-uenoparkexit-b-july2-2016.jpg
生年月日 (1965-07-04) 1965年7月4日(51歳)
出生地 日本の旗 長野県小諸市
出身校 早稲田大学第一文学部
前職 日本民主青年同盟東京都委員会専従
日本共産党国会議員団事務局員
石井郁子議員秘書
井上美代議員秘書
所属政党 日本共産党
称号 文学士
公式サイト 日本共産党参議院議員 田村智子

選挙区 比例区
当選回数 2回
在任期間 2010年 - 現職
テンプレートを表示

田村 智子(たむら ともこ、1965年7月4日 - )は、日本政治家日本共産党所属の参議院議員(2期)。日本共産党中央委員会中央委員副委員長。

略歴[編集]

長野県小諸市に生まれる。実家は紙・文具卸商だった。早稲田大学入学の翌年に大学側が導入を発表した学費値上げへの反対運動をきっかけに、民主青年同盟(民青同盟)に加盟した後に共産党に入党。大学卒業後は民青同盟東京都委員会に、後に中央委員会に専従し、機関紙「われら高校生」「民主青年新聞」編集長を経て、中央委員会常任委員となる[1]。現在は東京都在住、家族は夫と一男一女[1]。趣味は、合唱、本の読み聞かせ、園芸等[1]

1995年から国会議員団事務局に勤務、石井郁子井上美代議員秘書として活動した[1]。議員秘書時代の1998年第18回参議院議員通常選挙を皮切りに、国政選挙に5回、地方選挙に1回、計6回立候補するもののいずれも落選[1]2010年7月の第22回参議院議員通常選挙比例区候補として立候補、個人得票で第2位となり、初当選した[2][3]

2016年4月、日本共産党副委員長、常任幹部会委員に選出される[1]

政策・主張[編集]

年表[編集]

議員連盟[編集]

子どもの貧困対策推進議員連盟[11]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]