田沢智治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田沢智治
たざわ ともはる
生年月日 1932年11月23日
出生地 神奈川県横浜市
没年月日 (2006-11-21) 2006年11月21日(73歳没)
死没地 東京都文京区
出身校 日本大学法学部
前職 日本大学評議員
所属政党 自由民主党
称号 正四位
旭日重光章

日本の旗 第60代法務大臣
内閣 村山改造内閣
在任期間 1995年8月8日 - 1995年10月9日

選挙区 全国区→)
比例区
当選回数 3回
在任期間 1980年7月8日 - 1998年7月25日
テンプレートを表示

田沢 智治(たざわ ともはる、田澤 智治、1932年(昭和7年)11月23日 - 2006年(平成18年)11月21日)は、日本政治家位階正四位勲等旭日重光章参議院議員法務大臣日本大学理事、日本会理事長を歴任。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。1956年日本大学法学部を卒業。日大会頭・古田重二良の懐刀である。

日大評議員などを経て、1980年第12回参議院議員通常選挙自由民主党公認で全国区から出馬し、初当選。後に比例区に鞍替えし、連続当選3回。党内では福田派→安倍派→三塚派に所属。

1995年の8月に村山改造内閣法務大臣として初入閣したが、かねてから親密な関係にあった立正佼成会からの2億円借り入れ問題が発覚した。当時野党第一党だった新進党に対し、代表質問でこの問題を取り上げないよう裏取引しようとした疑惑も浮上し、わずか2ヶ月で辞任に追い込まれた。法相在任期間が短かった為、死刑執行起案書はまわってこなかった。

1998年第18回参議院議員通常選挙で落選し政界引退。

2006年11月21日午前5時8分、間質性肺炎の為、東京都文京区の病院で死去。正四位に叙された。

略歴[編集]

関連項目[編集]


議会
先代:
仲川幸男
日本の旗 参議院文教委員長
1987年 - 1988年
次代:
杉山令肇
公職
先代:
前田勲男
日本の旗 法務大臣
第60代:1995年
次代:
宮澤弘