石井道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 道子(いしい みちこ、1933年2月5日 - 2012年12月7日)は、日本政治家自由民主党参議院議員環境庁長官。旧姓は斎藤。

来歴・人物[編集]

埼玉県所沢市出身。父は自由民主党元埼玉県議会議員で元埼玉県議会議長の斎藤徳次郎。1956年東京薬科大学卒業。大学卒業と同時に飯能市の医師石井泰彦と結婚。薬剤師となる。その後泰彦は埼玉県議会議員となるも、任期中に死去。夫の地盤を受け継ぎ、1975年に統一地方選挙埼玉県議会議員選挙に立候補し初当選(西三区・飯能市)。1979年、県議再選。この間医療法人飯能中央病院理事長(1996年11月退任)などを経て、自身の経歴を活かし日本薬剤師連盟副会長を務める。同団体の組織力を通じ初の比例代表が導入された1983年第13回参議院議員通常選挙に自民党公認、日本薬剤師会推薦で出馬。落選となったが、1984年、現職の竹内潔の死去に伴い繰り上げ当選。通算3期当選。

1996年第2次橋本内閣環境庁長官として初入閣。自民党埼玉県連会長も務めた。

1999年、東京薬科大学顧問就任(2001年まで)。

2001年の参議院選には出馬せず政界引退。

2008年5月、旭日大綬章受章。2012年12月、従三位[1](没後)。

2009年1月、政治資金の収支報告書の提出を2年連続で怠り、事実上の解散に追い込まれた自民党の政党支部が5年間で232に上っていることが判明。その後、6割の支部が収支を報告して正式に解散したが、解散までの過程で収支報告が途絶え、現在も使途不明の資金が約6500万円存在することが発覚。そのうち5000万円が石井が代表をしていた「自民党埼玉県道友会支部」の分であった。これに対し、石井は「資金は自分で保管している」と説明[2]

2012年12月7日、肺炎のため東京都内の病院で死去した[3]。79歳没。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012122800439&rel=y&g=pol
  2. ^ 2009年1月8日朝日新聞
  3. ^ 石井道子氏(元環境庁長官)死去時事通信2012年12月10日閲覧

著作[編集]

  • 『21世紀への架け橋 環境庁長官308日の記録』 1998年3月 アサヒビジネス
議会
先代:
松浦功
日本の旗 参議院文教委員長
1993年 - 1994年
次代:
松浦孝治
公職
先代:
岩垂寿喜男
日本の旗 環境庁長官
第34代:1996年 - 1997年
次代:
大木浩