山崎竜男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 竜男(やまざき たつお、1922年5月5日 - 2009年8月15日)は、日本政治家自由民主党参議院議員(4期)。

父は衆議院議員青森県知事を務めた山崎岩男。息子は自民党参議院議員の山崎力

来歴・人物[編集]

東京都出身。青森医学専門学校(現・弘前大学医学部)卒業。

産婦人科医として病院勤務後、1965年の参議院議員選挙に青森県選挙区から無所属で出馬したが落選。

3年後の1968年の参院選に再び青森県選挙区から無所属で出馬し初当選。当選後は自民党に入党した。党内では船田中派→田中角栄派を経て宮澤喜一派に属し、行政管理政務次官、参院文教委員長などを歴任後、1989年宇野内閣環境庁長官として初入閣。

1991年、参議院議員を辞職して青森県知事選挙に出馬したが落選。これを機に政界を引退した。

2006年旭日重光章受章。

2009年8月15日、多臓器不全のため逝去[1]。87歳没。

脚註[編集]

  1. ^ 山崎竜男氏死去 産経新聞 2009年8月16日閲覧