若林正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若林 正俊
わかばやし まさとし
Masatoshi Wakabayashi 200708.jpg
農林水産大臣としての入閣に際して公表された肖像写真
生年月日 (1934-07-01) 1934年7月1日(83歳)
出生地 日本の旗 日本 長野県篠ノ井市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 国土庁長官官房総務課課長
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章
法学士(東京大学・1957年
親族 若林健太長男
公式サイト 若林正俊元参議院議員のホームページ

日本の旗 第46代-47代 農林水産大臣
内閣 第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
在任期間 2007年9月4日 - 2008年8月2日

日本の旗 第8代 環境大臣
内閣 第1次安倍内閣
在任期間 2006年9月26日 - 2007年8月27日

日本の旗 第44代 農林水産大臣
内閣 第1次安倍内閣
在任期間 2007年8月1日 - 2007年8月27日

選挙区 長野県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1998年7月26日 - 2010年4月2日

選挙区 旧長野1区
当選回数 3回
在任期間 1983年12月19日 - 1990年1月24日
1993年7月19日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

若林 正俊(わかばやし まさとし、1934年昭和9年〉7月4日 - )は、日本農林水産官僚政治家勲等旭日大綬章。「若」の字は、くさかんむりの部分が3画の「」ではなく、4画の「十十」である字体を正式な表記としている。

衆議院議員(3期)、参議院議員(2期)、環境大臣第8代)、農林水産大臣(第444647代)などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

長野県篠ノ井市(現在の長野市)出身。成蹊中学校・高等学校を経て、東京大学法学部卒業[要出典]

官界[編集]

大学卒業後は農林水産省に入省。食品流通局市場課、経済局金融課、構造改善局農政課、大臣官房総務課にて、それぞれの課長を歴任した[要出典]1981年より国土庁に出向し、長官官房総務課の課長を務めた。1983年1月に農林水産省に戻るとともに退官した。

衆議院議員[編集]

1983年の第37回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧長野1区から初当選(倉石忠雄の地盤を継承)した。続く1986年第38回衆議院議員総選挙で再選を果たす。総務政務次官などを歴任するが、1990年第39回衆議院議員総選挙で落選した。

1993年第40回衆議院議員総選挙で当選する。1996年第41回衆議院議員総選挙では2度目の落選となった。

参議院議員[編集]

1998年に参議院議員に鞍替えし第18回参議院議員通常選挙長野県選挙区で当選。2004年第20回参議院議員通常選挙で再選。

第1次安倍政権・福田政権[編集]

2006年第1次安倍内閣環境大臣として初入閣。2007年5月28日から6月1日まで、自殺した農林水産大臣松岡利勝の後を受けて農水大臣臨時代理を務めた。これは松岡の外国訪問中にはおおむね若林が臨時代理に指定されていたことなどによる。

8月1日、松岡利勝の正式な後任として農林水産大臣を務めていた赤城徳彦の辞任に伴い、農林水産大臣を兼任。8月27日の内閣改造(第1次安倍内閣改造内閣)により一度は閣僚を退任したが、自分の後任農林水産大臣として入閣した遠藤武彦の辞任に伴い、7日後の9月4日に専任大臣として再度就任[要出典]

臨時代理を含めると「3ヶ月あまりで3回目の大臣就任」という事態となったことで、「不祥事を起こした農林水産大臣の後のリリーフ役」というイメージが定着し、農林水産省では「抑えの切り札」「ミスター・リリーフ」と呼ばれるようになった(ただし、自身にも関連政治団体への不透明な政治資金が発覚したことがある)。同年9月26日に発足した福田康夫内閣でも農林水産大臣に再任され、2008年8月の内閣改造まで1年間在任した。

閣僚退任後[編集]

体調不良で自民党参議院幹事長を辞任した山崎正昭の後任に自民党両院議員総会長の谷川秀善が就任したことを受け、空席になった自民党両院議員総会長に就任。

2009年第45回衆議院議員総選挙で自民党下野が決まった後の9月16日には、内閣総理大臣指名選挙で自民党の首班候補となり、119票を得た(民主党代表の鳩山由紀夫は327票)。これは、総選挙で惨敗した責任を取って麻生太郎を初めとした自民党幹部が総裁など党役職を辞任すること、この時点で自由民主党総裁選挙が実施されておらず、次の総裁が決まらない状況でもあったことから、自民党議員全員が一致して投票できる候補として、両院議員総会長の職にあった若林に白羽の矢が立ったものである。相次いだ農相リリーフに続く「大役」が話題となり、参議院議員初の自民党指名候補となった[1][2]。若林本人は「若林正俊(の名前を書くこと)自体に、大きな意味があるとは思わない。(自民党の)結束のためだ」とコメントした[3]

同年12月5日翌年行われる第22回参議院議員通常選挙へ出馬せず、引退する意向を表明した[4]。2010年7月に任期満了後の夏の参院選には、代わりに長男が公募という形で自民党公認として出馬する段取りが既にできていた。

2010年4月2日3月31日の参議院本会議での採決において、自民党が党議拘束によって投票行動が一致していた日本放送協会平成22年度予算案など計10件で押しボタン式投票で欠席していた自民党前参議院議員会長青木幹雄の投票ボタンを押した責任[5]を取って参議院議長江田五月に議員辞職願を提出[6]し、同日の参議院本会議にて若林の辞職案件が可決され、若林の議員辞職が決定した。代理投票をした理由としては、参議院本会議で導入されている押しボタン式投票では有権者が個々の議員の投票先が容易に閲覧できる仕組みになっていることから、棄権が多くなると国会欠席で政治活動が怠慢であるとして有権者にネガティブな印象を与えてしまうために、青木から代理投票を依頼されたと推測されたが、若林は記者会見で「魔が差したとしか言いようがない」「青木さんから依頼されたことはない」と謝罪・釈明を行い、青木からの代理投票の依頼を否定した[7]

不祥事で辞任した農水大臣の3度の代役、総裁不在時の自民党首相候補、参議院本会議での代理投票など、最後まで「誰かの代わり」ということが印象に残る政治家人生であった。また、「多年にわたり国会議員として議案審議の重責を果たすとともに、農林水産大臣等として国政の枢機に参画した」[8]功労により、2011年6月24日皇居での大綬章等勲章親授式において旭日大綬章を授与された[9]

不祥事[編集]

収支報告書未記載

2007年2月20日、『読売新聞』の調査で2004年参議院議員通常選挙における若林の選挙運動費用収支報告書に、実際の収支と異なる記述をしていたことが分かった。選挙運動費用に400万円超の余剰金が出たにもかかわらず、その余剰金の存在を選挙運動費用収支報告書に記載しなかった。選挙運動費用収支報告書に記載されなかった余剰金は、自由民主党支部の金庫内に保管していたという[10]。なお、選挙運動費用収支報告書への故意の虚偽記載は公職選挙法違反に該当する[11]

投票日直前の違法献金

若林が支部長を務める自由民主党長野県参議院選挙区第一支部が、国から公共工事を受注している建設会社から参議院通常選挙投票日直前に寄附を受け取っていたため、公職選挙法違反が指摘されている[12]

参議院本会議場の不適切採決

2010年3月31日、2010年度NHK予算案の本会議採決の際、自らの議席の隣席の青木幹雄の「賛成」ボタンを押した。採決の際、青木は途中退席して席にいなかった。これに反応した参院民主党は「前代未聞の不正行為[13]を働いた。国会の議決を不正行為によってゆがめた恐ろしい事案だ」として、若林の懲罰動議を提出し[14]、若林は4月2日に議員を辞職した(このため参院民主党から提出された懲罰動議も取り下げとなった)。

政治団体と献金[編集]

政治団体代表に農林補助金団体のトップが在任
関連政治団体「東京正風会」の代表者に、農水省の補助金を受けている団体の会長が在任していることが分かった。若林事務所によると、この人物は若林の別の関連政治団体「正風産業政策懇談会」に2004~2006年、計12万円の献金をしている。若林は2007年9月6日午前、報道陣に「弁護士に検討してもらったが、法律上の問題はない。献金は個人としてもらったもので社会的に非常識な金額でもなく、不適切とは全く思っていない」と述べた。若林によると、1998年から代表に就任しているという。現在、この人物は農水省所管の社団法人「全国遊漁船業協会」の会長を務めており、同協会は2005年度に1777万円、2006年度に1809万円の補助金を受けている。政治資金規正法は国から補助金を受けた法人に1年間、政治活動への寄付を禁じているが、個人については規制されていない[15][16]
道路関係団体から献金
道路特定財源を資金源とする道路運送経営研究会(道路特定財源の一般財源化に反対している)から献金を受けている[17]

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『誇りあるふる里づくり国づくり――21世紀をめざして』、正風社、1983年
  • 『日本の進路――科学技術立国への道』、共同情報企画、1989年

編著[編集]

人物[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “自民、首相指名選挙は若林氏に 異例の両院議員総会長”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年9月8日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090801000604.html 2010年4月2日閲覧。 
  2. ^ “臨時農相3度! 困った時の「リリーフ男」若林総会長”. スポーツニッポン. (2009年9月9日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/09/09/02.html 2010年4月2日閲覧。 
  3. ^ “自民恥ずかし首相指名でも若林氏って誰?”. 日刊スポーツ. (2009年9月9日). http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20090909-541397.html 2009年9月9日閲覧。 
  4. ^ “若林元農水相引退へ 公募で後継候補者選出”. 産経ニュース長野版 (産経新聞社). (2009年11月27日). http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/nagano/091127/ngn0911271932001-n1.htm 2009年11月27日閲覧。 
  5. ^ 参議院規則第135条では、「表決の際に、現に議場にいない議員は、表決に加わることができない」とされており、代理投票の規定は存在しない。
  6. ^ “若林氏議員辞職願提出”. 産経新聞. (2010年4月2日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100402/stt1004020918005-n1.htm 2010年4月2日閲覧。 
  7. ^ “若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」”. 産経新聞. (2010年4月2日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100402/stt1004021057007-n1.htm 2010年4月2日閲覧。 
  8. ^ a b c d 大綬章受章者』1頁。
  9. ^ 「皇室事項」『官報』5585号、国立印刷局2011年6月28日、11面。
  10. ^ “収支報告「選挙費用」もずさん、長勢法相ら4閣僚訂正”. 読売新聞. (2007年2月20日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/2007ranking/20070220i105.htm 2010年4月2日閲覧。 
  11. ^ 公職選挙法第246条第5の2号
  12. ^ “若林農相の政党支部へ寄付 国契約業者が参院選2日前”. 47NEWS (共同通信社). (2007年9月12日). http://www.47news.jp/CN/200709/CN2007091201000176.html 2011年1月15日閲覧。 
  13. ^ 参議院規則第135条「表決の際に、現に議場にいない議員は、表決に加わることができない」
  14. ^ “自民・若林元農水相に懲罰動議 隣席の青木議員の投票ボタン押す”. 産経新聞. (2010年4月1日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100401/plc1004011953016-n1.htm 2010年4月2日閲覧。 
  15. ^ 補助金団体トップが代表 若林農相の政治団体:東京新聞[リンク切れ]
  16. ^ “若林農相、後援会長の交代検討へ…補助金団体トップと兼務”. 読売新聞. (2007年9月6日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe7900/news/20070906i104.htm 2010年4月2日閲覧。 
  17. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問に対する答弁書 内閣総理大臣:福田康夫答弁 2008年(平成20年)2月5日
  18. ^ 大綬章受章者
  19. ^ “選挙:参院選・長野選挙区 若林氏陣営、事務所開き /長野”. 毎日新聞. (2010年3月15日). http://mainichi.jp/area/nagano/news/20100315ddlk20010264000c.html 2010年4月2日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ 別姓通信79号

外部リンク[編集]

議会
先代:
野間赳
日本の旗 参議院農林水産委員長
1999年 - 2000年
次代:
太田豊秋
公職
先代:
赤城徳彦
甘利明(臨時代理)
日本の旗 農林水産大臣
第44代:2007年
第46・47代:2007年 - 2008年
次代:
遠藤武彦
太田誠一
先代:
小池百合子
日本の旗 環境大臣
第8代:2006年 - 2007年
次代:
鴨下一郎
先代:
創設
日本の旗 財務副大臣
2001年
村上誠一郎と共同
次代:
村上誠一郎尾辻秀久