本藤恒松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本藤恒松
ほんどう つねまつ
Tsunematsu Hondo.jpg
生年月日 1895年2月13日
出生地 日本の旗 日本 長野県上高井郡綿内村(現長野県長野市)
没年月日 (1983-03-19) 1983年3月19日(88歳没)
出身校 綿内小学校卒業
前職 酒造業
所属政党 (社会民衆党→)
(社会大衆党→)
(日本社会党→)
(社会革新党→)
協同党

選挙区 旧長野1区
当選回数 1回
在任期間 1947年4月25日 - 1948年12月23日

テンプレートを表示

本藤 恒松(ほんどう つねまつ、1895年明治28年)2月13日[1] - 1983年昭和58年)3月19日[1][2])は、日本の社会運動家、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

長野県上高井郡綿内村(現長野市若穂綿内)で生まれる[1]綿内小学校を卒業[1]。酒造業を営む[2]

1924年、北信農民組合の結成に関わる[1]日本農民組合総同盟中央執行委員、長野県会議員、社会民衆党中央委員、社会大衆党中央委員などを務めた[1][2]

戦後、日本社会党に入党し、同党長野県支部連合会常任執行委員に就任[2]1947年4月、第23回衆議院議員総選挙長野県第一区から出馬して当選し、その後社会革新党に所属して衆議院議員を一期務めた[2]

その他、高畑殖産社長、三蔵酒造社長、全国清酒復活期成同盟会長、全国清酒復元期成同盟会長などを歴任した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『市民・社会運動人名事典』389頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』578頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。