西村彰一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 彰一(にしむら しょういち、1898年明治31年)5月8日[1])- 1958年昭和33年)11月24日[2])は、日本の農林官僚教育者政治家富山県知事大東文化大学教授衆議院議員。旧姓・永井。

経歴[編集]

長野県上水内郡古牧村平林(現長野市)出身[3]。旧制長野中学(現長野県長野高等学校[3]松本高等学校を経て1923年東京帝国大学農学部農業経済学科を卒業し、翌1924年、同大法学部政治学科を卒業。農林省に入り農林属となる[2]

以後、農林事務官、農林書記官、大阪営林局長、農林省山林局長などを歴任[2]1944年2月、富山県知事に就任し、同年7月まで在任[4]農商省農政局長に移り、さらに馬政局長官、農林省開拓局長を務めた[2]

戦後に退官し、公職追放となり[5]京都帝国大学日本大学専修大学の各講師、大東文化大学教授を務める。その他、全国種苗協会長、拓洋水産社長、長野県農業委員協議会長、東京教育研究所長などを歴任[2][4]

1955年2月の第27回衆議院議員総選挙長野県第1区に日本社会党(社会党右派)から出馬し当選。衆議院議員を一期務め、日本社会党企画部長、同党長野県連委員長を歴任[2]

1958年11月24日死去。享年60。

脚注[編集]

  1. ^ 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』177頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』482頁。
  3. ^ a b 『長野県歴史人物大事典』544頁。
  4. ^ a b 『新編日本の歴代知事』436頁。
  5. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛富山」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年438頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 赤羽篤外編『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年。
  • 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。