千石興太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千石興太郎

千石 興太郎(せんごく こうたろう、1874年(明治7年)2月7日1950年(昭和25年)8月22日)は日本の政治家労働運動家。長きにわたり農業協同組合(農協)運動の第一線で活動し、第二次世界大戦後の「農協王国」の基礎を作り上げた[1]

生涯[編集]

東京府豊島郡日比谷東京都千代田区日比谷)に生まれた。1895年(明治28年) 札幌農学校(現在の北海道大学農学部)を卒業[1]後、教員[1]農商務省の官僚[1]などを経て、農会技師として農村の指導をおこなう一方、島根県農会技師・幹事として大日本産業組合中央会島根支会理事を兼任、初めて協同組合運動に携わっている。1920年(大正9年)、産業組合中央会主事に就任[1]し、農業協同組合につながる活動に参加した(1939年(昭和14年)、会頭に就任)。

1923年(大正12年)に全国購買組合連合会(全購連)が創立されると専務理事に就任、自ら運営に当たり、1941年(昭和16年)名誉会長に推されるまで会長代理・会長として指導事業と購買事業の発展に尽くしたほか、産業組合中央金庫の設立にも尽力した。1925年(大正14年)、産業組合法公布25周年の記念事業として『家の光』を発刊[1]1927年(昭和2年)、大日本生糸販売組合連合会の設立に際し常任相談役(のち会長)に就任した。1931年(昭和6年)、全国米穀販売購買組合連合会(全販連)の設立に努め、常任相談役として経営に参画し、1937年(昭和12年)に会長に就任した。このほか、大日本柑橘販売組合連合会会長に就任し、同会を全販連に合併するなど販売事業でも貢献し、信用部門を除くほとんど全ての分野で最高責任者として活動した。

農業者の政治力を結集して国政に反映させるため、全国農村産業組合協会を設立、産業組合青年連盟を組織して、組合運動に新風を送ったことなどが注目され、1938年(昭和13年)、貴族院議員に勅選され、1945年(昭和20年)東久邇宮内閣農商大臣、次いで農林大臣を短期間つとめた。また、日本協同党の結成にも参加している[1]。翌1946年(昭和21年)公職追放となる[2]1950年(昭和25年)8月22日死去。

性格は生来の明朗快活で、執筆・講演などを好んだ。著書に『産業組合の陣営より』『我が農村建設』などがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『昭和史事典』 毎日新聞社〈別冊1億人の昭和史〉、1980年5月、197頁。
  2. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。


先代:
石黒忠篤
日本の旗 農商大臣
1945年
次代:
廃止(農林省商工省に分離)
先代:
新設
日本の旗 農林大臣
1945年
次代:
松村謙三