谷洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷 洋一(たに よういち、1926年大正15年)12月1日 - 2011年平成23年)10月24日) は、日本政治家。勲章は勲一等旭日大綬章正三位

農林水産大臣第30代)、北海道開発庁長官第56代)、沖縄開発庁長官第25代)、衆議院議員(9期)、兵庫県議会議員(2期)等を歴任した。

息子は衆議院議員谷公一

概要[編集]

兵庫県美方郡村岡町(現香美町)生まれ。兵庫県立第一神戸商業学校(現兵庫県立神戸商業高等学校)卒業。28歳で町議会議員に初当選し、町議を3期、町長・兵庫県議会議員を2期ずつ務める。1976年第34回衆議院議員総選挙旧兵庫県第5区から自由民主党公認で出馬し、当選。以後、9回連続当選。中選挙区時代の最大のライバルは、民社党佐々木良作(元民社党委員長)であった。

1990年第2次海部改造内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官に任命され、初入閣を果たした。小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、1996年第41回衆議院議員総選挙には新設された兵庫県第5区から出馬し、8選。2000年第42回衆議院議員総選挙でも、民主党公認の吉岡賢治自由党公認の梶原康弘ら4人の対立候補に1人も比例復活を許さず、9選。選挙後に発足した第2次森内閣農林水産大臣に任命され、2度目の入閣を果たした。

2003年第43回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退した。なお、選挙区の地盤は息子の谷公一が引き継ぎ、公一は第43回衆議院議員総選挙で当選した。

2011年10月24日、膵臓癌のため兵庫県神戸市の病院で死去[1]。84歳没。同日付で、正三位に叙位[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元衆院議員の谷洋一氏、死去 香美町出身 神戸新聞 2011年10月24日閲覧
  2. ^ 2011年(平成23年)11月21日付『官報』本紙。

関連項目・人物[編集]


公職
先代:
木部佳昭
日本の旗 沖縄開発庁長官
第25代:1990年 - 1991年
次代:
伊江朝雄