山本悌二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 悌二郎
やまもと ていじろう
Teijiro yamamoto.jpg
生年月日 明治3年1月10日1870年2月10日
出生地 新潟県佐渡郡真野町
没年月日 (1937-12-14) 1937年12月14日(67歳没)
出身校 獨逸学協会学校
所属政党 立憲政友会

日本の旗 第9代 農林大臣
内閣 犬養内閣
在任期間 1931年12月13日 - 1932年5月26日

日本の旗 第6代 農林大臣
内閣 田中義一内閣
在任期間 1927年4月20日 - 1929年7月2日

選挙区 旧新潟1区
当選回数 11回
在任期間 1904年3月2日 - 1937年4月30日
テンプレートを表示

山本 悌二郎(やまもと ていじろう、明治3年1月10日1870年2月10日) - 昭和12年(1937年12月14日)は、日本政治家実業家農林大臣外務大臣有田八郎は弟。号は二峯。

来歴・人物[編集]

新潟県佐渡郡真野町(現・佐渡市)に、漢方医・山本桂の二男として生まれる。明治15年(1882年)に上京し、一時期二松学舎に在籍した後、獨逸学協会学校(現・獨協中学・高等学校)に転校しドイツ語を学ぶ。明治19年(1886年)に同校を卒業後、宮内省給費生としてドイツに留学し、経済学農芸化学を学ぶ。明治27年(1894年)帰国後は宮内省御料局嘱託、第二高等学校教授、日本勧業銀行鑑定課長を経て、明治33年(1900年)台湾製糖三井製糖の前身企業の一つ)設立に参画し常務取締役支配人となる。大正10年(1921年)社長に就任。

明治37年(1904年)、第9回衆議院議員総選挙立憲政友会から旧新潟1区にて立候補し当選する。以後当選11回。政友会内で重鎮として重きをなし、10名程度の派閥を率いていた。昭和2年(1927年)に田中義一内閣で、また昭和6年(1931年)に犬養内閣で、それぞれ農林大臣として入閣する。2度目の入閣のときに農相秘書官を務めたのが、政界デビュー直前の河野一郎である。

国粋主義的な政治思想の持ち主で、晩年には国体明徴運動を熱心に推進していた。また大東文化協会副会頭も務めた。

昭和12年(1937年)12月14日、脳溢血のため死去、満67歳。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1621号「叙任及辞令」1932年5月28日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
町田忠治
町田忠治
農林大臣
1927-1929
1931-1932
次代:
町田忠治
後藤文夫