安倍晋太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安倍 晋太郎
あべ しんたろう
Abe Shintarō (1987).jpg
ロナルド・レーガンとの会談
(1987年4月21日 撮影)
生年月日 1924年4月29日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市四谷区
没年月日 (1991-05-15) 1991年5月15日(67歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都文京区
出身校 東京大学法学部政治学科卒業
前職 毎日新聞記者
内閣総理大臣秘書官
所属政党 自由民主党清和会
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
衆議院永年在職議員
法学士(東京大学・1949年
配偶者 安倍洋子(岸信介長女)
子女 長男・安倍寛信(三菱商事パッケージング社長) 
次男・安倍晋三(元首相
三男・岸信夫(防衛大臣)
親族 父・安倍寛(衆議院議員)
岳父・岸信介(元首相
大伯父・安倍慎太郎

日本の旗 第112-113代 外務大臣
内閣 第1次中曽根内閣
第2次中曽根内閣
第2次中曽根第1次改造内閣
第2次中曽根第2次改造内閣
在任期間 1982年11月27日 - 1986年7月22日

内閣 鈴木善幸改造内閣
在任期間 1981年11月30日 - 1982年11月27日

内閣 福田赳夫改造内閣
在任期間 1977年11月28日 - 1978年12月7日

日本の旗 第46代 農林大臣
選挙区 三木内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年9月15日

選挙区 旧山口1区
当選回数 11回(途中1回の落選を挟む)
在任期間 1958年5月23日 - 1963年10月23日
1967年1月29日 - 1991年5月15日
テンプレートを表示

安倍 晋太郎(あべ しんたろう、1924年大正13年〉4月29日 - 1991年平成3年〉5月15日)は、日本政治家

衆議院議員農林大臣内閣官房長官通産大臣外務大臣自民党国対委員長自民党政調会長自民党総務会長自民党幹事長を歴任。

衆議院議員安倍寛の長男。岳父に元内閣総理大臣岸信介、義理の叔父は元内閣総理大臣佐藤栄作、次男は元内閣総理大臣安倍晋三である。政界のプリンスと呼ばれ[1]竹下登宮澤喜一と並びニューリーダー(安竹宮)の一人に数えられて将来を嘱望された[2]。1986年に派閥の領袖となり、次期総理を確実視されるまでに至ったが目前にして病死し、悲運のプリンスと呼ばれた[3]

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

安倍寛、静子夫妻の長男として東京市四谷区に生まれる[4]。寛とは、誕生日が同じである。生後間もなく郷里の山口に戻り幼少期を過ごす。山口県大津郡日置村(後に油谷町に分割→現長門市)の安倍家は、江戸時代大庄屋をつとめ、醤油醸造業を営み、やがて大津郡きっての名家として知られるようになり[5]、明治以降は晋太郎の大伯父安倍慎太郎や父安倍寛が地元の名士として山口県議会議員や衆議院議員を務めるようになった家柄である[6]

晋太郎が生まれて80日後に両親が離婚した[7]

学生時代[編集]

旧制山口中学校(現・山口県立山口高等学校)に進学[8]。母親の再婚を知り、上京して居所を探すも、再会は叶わなかった。

一年間浪人した後、1943年(昭和18年)に第六高等学校岡山市)に入学。1944年(昭和19年)9月、1年半[注釈 1] で繰り上げ卒業。東京帝国大学法学部に進学するが、同年10月、海軍滋賀航空隊に予備学生として入隊させられた[9][10]

太平洋戦争終結後、改称された東京大学法学部に復学、1949年(昭和24年)に卒業して毎日新聞社に入社。その間1946年(昭和21年)1月29日父寛が心臓麻痺で倒れ、翌年には“育ての親”ともいえる大伯母ヨシが死去した[10]

1951年(昭和26年)5月、岸信介の長女・洋子と結婚[11]1956年(昭和31年)12月23日、石橋湛山内閣が成立。岸が外相として入閣したのを機に毎日新聞を退職し、外務大臣秘書官となった。岸内閣が成立すると、内閣総理大臣秘書官に就任。外相秘書官になった頃から、総選挙に出馬を考えていたが、岸や岸の実弟の佐藤栄作から時期尚早と反対された。

1958年の衆院選で初当選[編集]

1958年(昭和33年)の第28回衆議院議員総選挙に、郷里の旧山口1区(定数4)[注釈 2] から自民党公認を得て立候補。安倍が出馬したことにより、地元の旧日置村では、父の安倍寛の地盤を継いだ周東英雄を推す主流派と、安倍派に分裂したが、2位で初当選する[12](この時の総選挙では竹下登、金丸信が初当選しており、新人時代からの盟友関係が後の「安竹同盟」まで繋がった)。

1963年(昭和38年)の第30回衆議院議員総選挙では落選。支持母体流動化など選挙区の情勢から政界への復帰が危ぶまれていたが、2回連続落選しては復活の目途が立たなくなるため、義父である岸信介元首相および叔父である佐藤栄作首相二人から異例の仲介が為され、同選挙区選出議員で地盤も重なる、吉田茂直系の周東英雄の後援会長を務めていた山口県水産業会の重鎮、藤本万次郎を後援会長に迎えた。

1967年(昭和42年)の第31回衆議院議員総選挙で衆議院議員に返り咲く。これが周東が政界引退する遠因となった。以降、安倍は死去するまで連続当選を続け、地盤は次男の安倍晋三へと引き継がれた。

選挙区後援会の集会に於いては、「藤本万次郎さんは私にとってかけがえのない恩人であります」との一節を必ず演説に盛り込み、「郷土に恩を返す為にも、日本の舵取りを目指す所存であります」と締めるのが常であった。本籍地熊毛郡田布施町の岸と対岸の熊毛郡上関町祝島出身の藤本は、共に幼少時は「熊毛の神童」とうたわれ交流があったが、長じて二歳年上の岸に藤本が畏敬の念を持つ事となり、この交誼が期せずも岸の娘婿となった安倍の将来に関わることとなった。岸、佐藤、安倍はこの功績に報いるため、1968年(昭和43年)の第8回参議院議員通常選挙では、藤本に山口選挙区から自由民主党公認で出馬を要請したが、藤本は辞退した。

1969年(昭和44年)の総選挙は、周東の後継者として元通産省職員の林義郎が立候補。林の父親で、サンデン交通社長の林佳介は安倍の後援会長を、母親も安倍の婦人部の会長を務めていた。しかし林義郎が出馬したことから林家傘下の山口合同ガスなど下関市の有力企業のほとんどは林の支援に早変わりした[13]。苦戦を強いられるもトップで当選を果たす。

下関市では「異端者」であった安倍は幅広い層からの支持や支援を必要とした。そこで同市に多い在日コリアン系の人々がその一翼を担うこととなった。山口県在日本朝鮮人商工会会長などを務めた朝鮮総聯系の呂成根、パチンコ業界大手の七洋物産創業者の吉本章治などからの支援を受けた[14]。安倍の第六高等学校時代の親しい同級生に、釜山日報、KBSなどの社長を務めた崔世卿がおり、安倍は在日コリアンに対する偏見はなかったと言われている[15]

参議院山口県選挙区は、勇退予定であった二木謙吾参議院議員を引き続き務めることとなり、1974年(昭和49年)も再出馬。1980年(昭和55年)の第12回参議院議員通常選挙では、安倍が推し藤本万次郎が後援会長を務める江島淳に地盤を禅譲する事となったが、1987年(昭和62年)二期目途中の江島の死去により、7月12日補選で二木の子息である二木秀夫に地盤は戻り、1998年平成10年)の第18回参議院議員通常選挙では二木の地盤は後継者合志栄一へ引き継がれるも落選、無所属の松岡満寿男が当選する。2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙では、安倍の実子で岸家へ養子へ入った岸信夫が当選した。この議席には、岸信夫の衆議院鞍替えによる2013年(平成25年)の参議院山口県選挙区補欠選挙で江島淳の子息である元下関市市長の江島潔が就くこととなった。

自民党では、岸派とそれを継承した福田派に所属し、派閥領袖であった福田赳夫を支え、田中派との党内抗争「角福戦争」を争った。安倍は岸の全面的支援を背景として、福田派における世代交代の旗手と位置づけられていった。

行政面では、自民党農林・外交・国防各部会の副部会長、農林政務次官を務めるなど、農政を得意としながら外交などでも研鑽を積む。衆議院大蔵委員長を経て1974年(昭和49年)、三木武夫内閣において農林大臣として初入閣[16]。以後、1976年(昭和51年)に自民党国会対策委員長を務め、1977年(昭和52年)、福田改造内閣内閣官房長官となり、日中平和友好条約締結などに関与[17]。1978年(昭和53年)には福田の自民党総裁再選への流れを作るためには衆議院解散が有効と考えた安倍は「解散風」を煽るが、金丸信防衛庁長官が解散反対を公言する[18] などして解散は頓挫。同年暮れの総裁選で福田は大平正芳に敗れ、福田内閣は退陣する。

1979年(昭和54年)から1981年(昭和56年)まで大平総裁の下で政調会長を務めるが、福田派が大平と対立する中で、それぞれ籍をおく執行部と福田派の板ばさみになる。ハプニング解散の際には、政調会長と党執行部の一員でありながら内閣不信任決議採決直前に福田派議員によって議場から連れ出される一幕もあった。

政調会長退任直後に鈴木善幸内閣通商産業大臣に就任。この時期までに内閣・党の要職を次々と歴任し、総裁候補としての地歩を固めたが、当時の派閥会長であった福田が政局の節目で再登板に意欲を示したため派閥の継承は遅れる形になった。安倍は派内の若手から支持を得ていたものの、長老たちを掌握しきれていなかったのである。

1982年(昭和57年)、鈴木善幸の首相退陣表明後、田中派の支援する総裁候補中曽根康弘に対抗すべく、福田は安倍の総裁選出馬への支持を表明。総裁予備選開催に必要な4人の立候補者を出した上で河本敏夫を総理総裁とする反田中派政権を樹立する目論見[注釈 3]であったが、安倍への党員の支持が伸び悩み、泡沫候補と思われていた中川一郎にも脅かされ最下位に転落する可能性も見えた。岸は最悪の場合、安倍の将来に関わると考え、立候補取りやめを要求したが容れられなかった。

同年11月24日、総裁選予備選が行われる。結果は1位中曽根、2位河本、3位安倍、4位中川。中曽根が過半数を大きく上回る得票で1位につけたため、河本以下の候補は本選挙を辞退し、ここに福田派の目論見も潰えた。

外務大臣に就任[編集]

1982年(昭和57年)11月27日、第1次中曽根内閣が成立。中曽根は安倍に閣僚人事の相談をするなど、安倍重視の姿勢を見せる。安倍は外務大臣として入閣し、連続4期務めた。安倍は必ずしも国際派というわけでもなかったが、義父・岸信介の米国人脈を生かし、韓国などアジア諸国との外交にも尽力したこともあり、マスメディアなどでは「外交の安倍」という評価を受けるようになった。一方でパフォーマンスに長けた中曽根の陰に隠れ、外相としても新機軸を打ち出せずに終わったとも言われ、ポスト中曽根を目指して打ち出した政策である「グローバル・ニューディール」も、国民世論の理解を得たとは言い難かった。

1986年(昭和61年)、衆参同日選挙となった第38回衆議院議員総選挙で自民党が大勝し、第3次中曽根内閣で、安倍は党総務会長に就任。同時に派閥会長の座も禅譲された。中曽根の総裁任期満了により、後継総裁候補として安倍、竹下、宮沢が出馬するが、中曽根の巧妙な戦略とニューリーダーたちのひ弱さにより、結局は中曽根に指名権が握られ、世論などでは雰囲気として安倍有利とされたが、結局、中曽根は竹下を後継総裁に指名した(中曽根裁定)。この際竹下が自分を総裁にするのに協力すれば次は安倍に譲ると禅譲を持ちかけたという説もあるが、当時彼の秘書であった次男の晋三ら関係者は否定している。後継総裁を逃したことで、当時安倍派の中堅議員だった小泉純一郎が激怒し、他の議員たちの前で安倍を叱咤したという。

1987年(昭和62年)に竹下内閣が成立し、安倍は自民党幹事長に就任。消費税導入などで国会対策の先頭に立ち、「ポスト竹下」の最有力候補として自他共に認める存在であった。

発病・死去[編集]

1988年(昭和63年)、自身の秘書がリクルートコスモス(現「コスモスイニシア」)の非公開株を譲り受けていたためリクルート事件に巻き込まれ、自民党が定めた「1年間、もしくは次の総選挙まで党の役職を辞退する」という内規の対象となる[19]

1989年4月18日、順天堂大学医学部附属順天堂医院に入院[20]。当時は、リクルート事件のほとぼりを冷ますための避難入院と見る政治評論家もいた。表向きには「総胆管結石治療」による入院と述べていたが、5月に膵臓がんにより膵臓から十二指腸、胃の一部まで取る手術を行った[21]。長期入院を余儀なくされ、同年7月25日に退院した[20]

1990年(平成2年)1月にはソビエト連邦を訪問。総理・総裁就任に向けて、全国各地で安倍派の新人議員を擁立し、同年2月に行われた第39回衆議院議員総選挙では、自派から若手議員を大量に当選させた[注釈 4]。同年6月に訪米するも、8月に病状が悪化。9月6日に検査入院。9月10日にいったん退院するも14日に再入院[22]。この際に次男の晋三から「です」と告げられるが、「ああ、やっぱりそうか」と反応しただけだったという[23]。病状悪化により9月20日から予定されていた訪ソを断念[22]

1991年(平成3年)1月19日、「かぜのため」(安倍の関係者の発表)再入院。党内で重病説がささやかれるようになる。4月中旬、来日中のソ連邦初代大統領ミハイル・ゴルバチョフの歓迎昼食会に出席[24]。これが安倍にとって最後の政治活動となった。5月15日、入院先の東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去した。67歳没。

年譜[編集]

吉田松陰記念館の安倍晋太郎人形[編集]

地元・山口県萩市松陰神社境内にある吉田松陰記念館には、山口県出身の歴代総理大臣の蝋人形が展示されている。1985年、将来の「安倍晋太郎総理誕生」を見越して、安倍の蝋人形が作られ展示された。他の歴代総理大臣の近くに並べられた等身大の安倍の蝋人形は、ひときわ長身で目立っていた。安倍が総理大臣になった暁には、一つ前に山口県から選出された佐藤栄作の隣に移す手筈であったが、総理になれず安倍は他界したため、歴代総理と安倍の蝋人形を並べて展示するわけにはいかず、脚部を改造し椅子に座る姿に変えた上で「郷土の政治家」として片隅に展示している。

韓国や統一教会との関係[編集]

義父・岸信介は「国際勝共連合」・「統一教会」と友好的な協力関係を持っていたが、晋太郎も同じく、関連が深いとの見方がたびたび取り沙汰されていた。「自民党内部の統一教会シンパとしてさかんに議員に統一教会員を秘書として紹介し、セミナーへの勧誘をしていた[25]」と言われており、1999年には『週刊現代』が統一教会と国会議員の繋がりを暴いた記事で「安倍晋太郎氏がセミナー等への勧誘を行っていた」と報じた(参考:スクープ! 公安の極秘資料入手現職国会議員128人の「勝共連合・統一教会」関係度リスト(週刊現代, 99年2月27日号) 阿修羅掲示板より記事原文画像[25])。事実、統一教会は晋太郎を総理大臣にするべく応援[注釈 5] してきており、当時、竹下を後継指名した中曽根を強く非難していた。

2006年には、息子の晋三(当時は官房長官)が「統一教会」の関連団体天宙平和連合のイベントに祝電を寄せたことが報道され、岸信介、安倍晋太郎の代からの深い関係があるのではと見られ波紋を呼んだ。この件に関し晋三は、「秘書が行った行為で、誤解を招く行為であった」という旨のコメントをした[26]

晋太郎は当時反共独裁体制だった韓国政界と太いパイプを持っていたので、親韓派と言われることが多い。晋太郎の福岡事務所が入っていたビルはパチンコ事業で成功を収めた在日コリアンの実業家の経営する本社のビルであり、1980年代末には、その実業家との癒着に疑惑がもたれたこともあった[27]

系譜[編集]

山口県大津郡日置村(後に油谷町に分割、現:長門市)の安倍家は、江戸時代には地元の大庄屋を務め、醤油醸造を営み、やがて大津郡きっての名家と知られるようになった家柄である[5]明治時代になると安倍慎太郎が地元の名士として山口県議会議員になった。彼は「安倍家中興の祖」と呼ばれる。慎太郎は地元の名門椋木家から婿養子彪助を迎え入れ、その子である安倍寛は山口県議会議員を経て、1937年(昭和12年)に衆議院議員に当選して中央政界へ進出、以降安倍家は政治家一家となる[28]。寛は1942年(昭和17年)の翼賛選挙大政翼賛会の推薦なしで当選を果たした議員の一人として知られる。その息子が安倍晋太郎であった[6]

安倍家のルーツについては、共同通信社出身のジャーナリスト古沢襄によれば、安倍晋太郎自身が奥州安倍氏であり、安倍宗任の末裔にあたると語っていたという。安倍宗任は1051年前九年の役にて源頼義源義家率いる源氏に破れ、大宰府に配流された陸奥国豪族である。『閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』216-217頁に「家系図をひもとくと安倍家は、鎌倉時代以前の奥州征伐などで名高い阿倍比羅夫、前九年の役の安倍貞任にまで繋がる歴史ある名門である」とある。安倍家の元家政婦は東北地方に飛び、奥州安倍氏の関係地と言われた岩手県など地域の市町村役場などを丹念に回りながら、各地に古くから伝わる家系図を調べ歩き、その結果、油谷町に住み着いた一族が宗任の流れをくむ者たちであること、青森県五所川原の石搭山荒覇吐(あらはばき)神社に始祖である宗任が眠っているらしいことを調べ上げたという。元家政婦からの報告を聞いた晋太郎は昭和62年(1987年)7月末、出馬表明した総裁選の全国遊説の折、妻洋子と晋三夫妻を伴い同神社に出向き、参拝した。なお案内役を兼ねて晋太郎たちに同行したのが画家の岡本太郎であり、岡本もまた安倍一族の流れをくむ一人として、自らのルーツに関心を持って調べたことがあったという[29]。だが、この石搭山荒覇吐神社は偽書東日流外三郡誌』に基づいて、同書の「発見者」・和田喜八郎が昭和55年(1980年)に創建した神社であり、同社所蔵の安倍頼時の遺骨と称する物は後に鑑定の結果、クジラの骨の化石と判明した[30]平成元年(1989年)に発刊された『安倍一族』(盛岡タイムス社編纂)という一冊に晋太郎は『わが祖は「宗任」』と題する、次の序文を寄せている。「宗任より四十一代末裔の一人として自分の志した道を今一度省みながら華咲かしてゆく精進を続けられたら、と願うことしきりです」[5]。但し、晋太郎にとり宗任は女系の祖先にあたり、父系は平氏の平知貞の系譜をひき、平家滅亡により源氏による迫害を恐れ女系の安倍姓を称したという。

家族 親族[編集]

安倍家[編集]

(山口県長門市東京都

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 旧制高等学校の課程は3年であった。
  2. ^ なお、岸信介と佐藤栄作はともに、旧山口2区
  3. ^ 党所属国会議員による本選挙だけでは中曽根を支持する田中派・鈴木派・中曽根派の主流三派の優位を動かせなかったが、1978年(昭和53年)の総裁選で予備選の結果を受けて福田が本選挙辞退に追い込まれた前例があった。河本、あるいは安倍・中川を含む非主流派候補の得票が中曽根を上回れば政局で優位に立てるという思惑があった。
  4. ^ この時当選した1年生議員に福田康夫石原伸晃河村建夫松岡利勝などがいる
  5. ^ 「統一教会」の教祖、文鮮明は「日本の今度の選挙だけでも、私たちが推してあげたのが百八議席当選した。」、「派閥で見れば、中曽根派は六十二議席にもなって、安倍派は八十三議席。私が全部そういうふうに作ってあげた。」と述べている(韓国の『統一教会』機関紙『統一世界』1990年4月号)

出典[編集]

  1. ^ 岸信介の娘婿、新聞記者から政界へ”. 日経新聞. 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ 菅原雄太 (2018年12月20日). “中曽根氏訪米「ニューリーダー側近3人同行を」外務次官”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASLDK536TLDBUTFK032.html 2021年5月9日閲覧。 
  3. ^ 岸信介の娘婿、新聞記者から政界へ”. 日経新聞. 2021年6月13日閲覧。
  4. ^ 青木理 2017, p. 95.
  5. ^ a b c 野上忠興 2004, p. 44.
  6. ^ a b 山際澄夫 2003, p. 116-118.
  7. ^ 神一行 2002, p. 217.
  8. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  9. ^ 青木理 2017, p. 93.
  10. ^ a b 神一行 2002, p. 218.
  11. ^ 青木理 2017, p. 118.
  12. ^ 青木理 2017, pp. 127–128.
  13. ^ 青木理 2017, pp. 130–132.
  14. ^ 青木理 2017, pp. 133–152.
  15. ^ 青木理 2017, pp. 196–197.
  16. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 46頁。
  17. ^ 日中の架け橋 在日華人の広場父の志を継いで日中友好を”. 日本新華僑報 (2012年11月29日). 2016年7月19日閲覧。
  18. ^ 衆議院会議録情報 第084回国会 内閣委員会 第22号 1978年6月6日 衆議院内閣委員会議事録
  19. ^ 海部俊樹『政治とカネ―海部俊樹回顧録』新潮社新潮新書〉、2010年11月20日、16-19頁。ISBN 978-4-10610394-0
  20. ^ a b 『朝日新聞』1989年7月25日付朝刊、2面、「安倍晋太郎氏が25日に退院」。
  21. ^ “安倍首相の研究/岸信介と安倍晋太郎から受け継いだ政治家のDNA”. SmartFLASH. (2020年1月1日). https://smart-flash.jp/sociopolitics/89789 2020年9月1日閲覧。 
  22. ^ a b 『朝日新聞』1990年9月18日付朝刊、1面、「安倍氏、訪ソを断念 体調不良で再び入院、『海部後』に影響か」。
  23. ^ 野上忠興 2004, p. 169.
  24. ^ 『朝日新聞』1991年5月15日付朝刊、1面、「安倍晋太郎氏の容体急変 病院に政界関係者続々」。
  25. ^ a b 『週刊現代』(1999年2月27日号)」
  26. ^ 統一教会系集会に祝電 「担当者注意」と安倍長官
  27. ^ 自民党新総裁・安倍晋三氏ってどんな人?
  28. ^ 神一行 2002, p. 216-217.
  29. ^ 野上忠興 2004, pp. 41–44.
  30. ^ 斉藤光政『偽書「東日流外三郡誌」事件』
  31. ^ a b AERA NO.35「安倍家三代 世襲の果てに」

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
櫻内義雄
日本の旗 外務大臣
第112・113代:1982年 - 1986年
次代:
倉成正
先代:
田中六助
日本の旗 通商産業大臣
第42代:1981年 - 1982年
次代:
山中貞則
先代:
園田直
日本の旗 内閣官房長官
第41代:1977年 - 1978年
次代:
田中六助
先代:
倉石忠雄
日本の旗 農林大臣
第46代:1974年 - 1976年
次代:
大石武一
議会
先代:
鴨田宗一
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1973年 - 1974年
次代:
上村千一郎
党職
先代:
竹下登
自由民主党幹事長
第24代:1987年 - 1989年
次代:
橋本龍太郎
先代:
宮澤喜一
自由民主党総務会長
第29代:1986年 - 1987年
次代:
伊東正義
先代:
河本敏夫
自由民主党政務調査会長
第29代:1979年 - 1981年
次代:
田中六助
先代:
海部俊樹
自由民主党国会対策委員長
第22代:1976年 - 1977年
次代:
三原朝雄
先代:
福田赳夫
清和会会長
第2代:1986年 - 1991年
次代:
三塚博