波多野鼎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波多野 鼎(はたの かなえ、1896年(明治29年)3月30日 - 1976年(昭和51年)9月29日)は、日本経済学者政治家

生涯[編集]

愛知県生まれ。1917年旧制八高卒業[1]ののち東京帝国大学に入学、新人会員として活動した。1920年法学部英法科卒業ののち南満州鉄道株式会社東亜経済調査局に就職し、前期新人会員により結成された社会思想社に参加した。1922年同志社大学教授となり、その後九州帝国大学教授を務める[2]経済学博士[2]

第二次世界大戦後日本社会党に入党。1947年(昭和22年)、第1回参議院議員通常選挙福岡県選挙区から参議院議員に当選[3]し、同年成立した片山内閣では農林大臣を務めた[4]。社会党の左右分裂後は右派社会党における理論的指導者の1人として活動。政界引退後は中央大学教授を務めた。

著書[編集]

  • 『価値学説史』(全3巻)
  • 『景気学説批判』
  • 『景気変動論』
  • 『経済学入門』
  • 『金融講話』
  • 『国際金融講話』

脚注[編集]