白浜仁吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
白浜仁吉
しらはま にきち
生年月日 1908年8月1日
出生地 長崎県南松浦郡若松町
没年月日 (1985-01-04) 1985年1月4日(満76歳没)
出身校 東京慈恵会医科大学
前職 医師
社会福祉法人博仁会理事長
所属政党 改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等瑞宝章
衆議院永年在職議員

日本の旗 第39代 郵政大臣
内閣 第1次大平内閣
在任期間 1978年12月7日 - 1979年11月9日

選挙区 長崎県第2区
当選回数 12回
在任期間 1952年10月2日 - 1983年11月28日

当選回数 2回
在任期間 1947年4月23日 - 1952年9月5日
テンプレートを表示

白浜 仁吉(しらはま にきち、1908年8月1日 - 1985年1月4日)は、昭和期の政治家

来歴・人物[編集]

長崎県南松浦郡若松町生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。陸軍軍医として長崎勤務中に被爆し、妻と2人の子供を失う。終戦後は実家の五島に戻り漁業に従事する。1947年より長崎県議会議員を2期務めたのち、1952年衆議院議員選挙に改進党から立候補し当選、以後当選12回(当選同期に大平正芳黒金泰美内田常雄植木庚子郎丹羽喬四郎宇都宮徳馬灘尾弘吉加藤精三山崎巌今松治郎重政誠之町村金五古井喜実など)。保守合同後は河野一郎の派閥春秋会に属していたが、河野派分裂に際しては森清園田直らと行動を共にし、後に福田赳夫派に合流する。

通産、防衛、建設の各政務次官や衆議院決算、予算各委員長を経て、1978年第1次大平正芳内閣郵政大臣として初入閣、1980年に勲一等瑞宝章を受章する。1985年1月4日に76歳で没した。没後、正三位に叙された。

クリスチャン小鳥の飼育が趣味だった。