坪川信三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坪川信三
つぼかわ しんぞう
生年月日 1909年11月13日
出生地 日本の旗福井県足羽郡社村(現福井県福井市)
没年月日 (1977-11-20) 1977年11月20日(68歳没)
出身校 福井師範学校(現福井大学教育学部)卒業
前職 内務大臣秘書官
所属政党 (無所属→)
(日本民主党→)
(自由党→)
自由民主党

内閣 第2次田中角栄内閣
在任期間 1972年12月22日 - 1973年11月25日

日本の旗 第30代建設大臣
内閣 第2次佐藤第2次改造内閣
在任期間 1968年11月30日 - 1970年1月14日

選挙区 (福井県全県区→)
旧福井県全県区
当選回数 10回
在任期間 1946年4月10日 - 1955年1月24日
1963年11月21日 - 1977年11月20日

当選回数 1回
在任期間 1959年5月2日 - 1963年5月1日
テンプレートを表示

坪川 信三(つぼかわ しんぞう、1909年11月13日 - 1977年11月20日)は、日本の政治家(元福井市長自由民主党衆議院議員)。福井県出身。

来歴・人物[編集]

1909年11月13日福井県足羽郡社村種池(現・福井市種池1丁目)に生まれる。1924年3月社村江守尋常小学校高等科卒業。1929年3月福井師範学校(現・福井大学教育学部)卒業。北京で日本居留民の教育に携わり,のち湯沢三千男内相の秘書官となる[1]1946年4月、福井県全県区から第22回衆議院議員総選挙に立候補し初当選。炭鉱国管疑獄では、1948年(昭和23年)衆議院不当財産取引調査委員会に証人喚問され[2]、その後逮捕されたが起訴猶予処分となった[3]。以後当選10回。郵政政務次官、通商産業委員長を歴任するが1955年不出馬でだるま屋百貨店の経営に携わる。1958年の衆院選で落選し、1959年5月、福井市長に当選し1期務める。1963年の衆院選で復活し、1968年11月第2次佐藤内閣第2次改造内閣建設大臣として初入閣。1971年自民党経理局長に就任。予算委員長を経て1972年12月、第2次田中角榮内閣総理府総務長官沖縄開発庁長官として2度目の入閣。1976年再び予算委員長を務める。1977年11月20日肝不全のため死去、享年68。12月19日衆議院本会議場にて小林進議員により追悼演説が行われる。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “坪川信三(つぼかわ しんぞう)とは” (日本語). コトバンク. 2020年2月17日閲覧。
  2. ^ 『戦後政治裁判史録 1』336-337頁。
  3. ^ 『戦後政治裁判史録 1』341-342頁。

参考文献[編集]

  • 『社南小学校開校百年の歩み』福井市社南小学校開校百年祭実行委員会、1974年12月10日発行
  • 田中二郎、佐藤功、野村二郎編『戦後政治裁判史録 1』第一法規出版、1980年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]