馬場元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
馬場 元治
ばば もとはる
生年月日 1902年12月21日
出生地 日本の旗 日本 長崎県南高来郡南串山村(現雲仙市
没年月日 (1968-06-23) 1968年6月23日(65歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
所属政党自由党
自由民主党
称号 正三位勲一等瑞宝章

日本の旗 第13代 建設大臣
内閣 第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1955年11月22日 - 1956年12月23日

内閣 第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1956年6月9日 - 1956年12月23日
テンプレートを表示

馬場 元治(ばば もとはる、明治35年(1902年12月21日 - 昭和43年(1968年6月23日)は、昭和時代の政治家弁護士自由民主党衆議院議員建設大臣を務めた。正三位勲一等瑞宝章長崎県南高来郡南串山村出身(現雲仙市)。旧制長崎中学、第五高等学校、東京帝国大学法学部卒。三男は英国在住の俳優、伊川東吾

経歴[編集]

脚注[編集]

公職
先代:
竹山祐太郎
日本の旗 建設大臣
第13代:1955年 - 1956年
次代:
南条徳男
議会
先代:
小林錡
日本の旗 衆議院法務委員長
1954年 - 1955年
次代:
世耕弘一