井上吉夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井上 吉夫
いのうえ きちお
生年月日 1923年3月1日
出生地 鹿児島県出水町
没年月日 (2003-10-24) 2003年10月24日(80歳没)
死没地 鹿児島県出水市
出身校 旧制熊本高等工業学校採鉱冶金科
前職 鹿児島県議
所属政党 自由民主党
称号 参議院永年在職議員

日本の旗 第32代 国土庁長官
内閣 小渕内閣
在任期間 1998年10月23日 - 1999年1月14日

内閣 小渕内閣
在任期間 1998年7月30日 - 1999年1月14日

内閣 小渕内閣
在任期間 1998年7月30日 - 1999年1月14日

内閣 宇野内閣
在任期間 1989年6月3日 - 1989年8月10日

選挙区 鹿児島県地方区
当選回数 5回
在任期間 1974年7月7日 - 2003年10月24日

その他の職歴
第52代 北海道開発庁長官
(1989年6月3日 - 1989年8月10日
テンプレートを表示

井上 吉夫(いのうえ きちお、1923年3月1日 - 2003年10月24日)は、日本政治家。元自由民主党参議院議員

来歴・人物[編集]

鹿児島県出水町出身。1942年旧制熊本高等工業学校採鉱冶金科を卒業。日本鉱業に就職するが、1年後に召集される。1951年に出水町議に当選。1963年鹿児島県議当選を経て、1974年第10回参議院議員通常選挙鹿児島県選挙区から出馬し初当選。連続当選5回。自民党内では木曜クラブ(田中角栄派→二階堂進グループ)を経て、二階堂グループ解散後は経世会竹下登小渕恵三橋本龍太郎派)に所属。

1989年6月、宇野内閣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官として初入閣。宇野内閣が超短命政権となったため、わずか2ヶ月しか長官を務められなかった。自民党参議院議員会長を務めた後、一時参議院議長候補に擬せられたが党内事情で就任は流れた。こうした一連の不運さに同情が集まり、通常参院議員の入閣は一回のみで離任したら再入閣はないというのが通例であるなか、温情派の小渕首相の配慮により[要出典]1998年7月、小渕内閣で再び北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官に就任(10月からは国土庁長官も兼任)。翌年の1月まで務めた。1999年勲一等旭日大綬章受章。

議員在職中の2003年10月24日、心不全のため鹿児島県出水市の病院で死去。享年80。翌年の第20回参議院議員通常選挙には不出馬を表明していた。

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第10回参議院議員通常選挙 1974年7月7日 鹿児島県地方区 自由民主党 313,751 34.6 1/6 - -
第12回参議院議員通常選挙 1980年7月4日 鹿児島県地方区 自由民主党 323,615 34.3 1/5 - -
第14回参議院議員通常選挙 1986年7月6日 鹿児島県選挙区 自由民主党 325,469 33.7 1/4 - -
第16回参議院議員通常選挙 1992年7月26日 鹿児島県選挙区 自由民主党 308,549 40.7 1/4 - -
第18回参議院議員通常選挙 1998年7月12日 鹿児島県選挙区 自由民主党 235,026 27.0 2/5 - -
当選回数5回 (参議院議員5)

創政会設立と井上[編集]

創政会設立にあたって、井上にも声がかかった。最初の会合に参加した後、「二階堂さんに借りがあるので」として次回からの参加を見送った。創政会に関する情報を一切他言しなかったため、創政会のメンバーから大変に感謝された。

議会
先代:
遠藤要
日本の旗 参議院予算委員長
1993年 - 1994年
次代:
坂野重信
先代:
青井政美
日本の旗 参議院農林水産委員長
1980年 - 1981年
次代:
坂元親男
先代:
伊集院忠雄
鹿児島県の旗 鹿児島県議会副議長
1973年 - 1974年
次代:
小里貞利
公職
先代:
鈴木宗男
坂元親男
日本の旗 沖縄開発庁長官
第36代:1998年 - 1999年
第21代:1989年
次代:
野中広務
阿部文男
先代:
鈴木宗男
坂元親男
日本の旗 北海道開発庁長官
第67代:1998年 - 1999年
第52代:1989年
次代:
川崎二郎
阿部文男
先代:
柳澤伯夫
日本の旗 国土庁長官
第32代:1998年 - 1999年
次代:
関谷勝嗣
党職
先代:
坂野重信
自由民主党参院議員会長
第21代:1997年 - 1998年
次代:
井上裕