杉浦正健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉浦 正健
すぎうら せいけん
生年月日 (1934-07-26) 1934年7月26日(83歳)
出生地 愛知県矢作町大字東本郷(現・岡崎市東本郷町)
出身校 東京大学経済学部
現職 弁護士
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章(2017年)

日本の旗 第77代 法務大臣
内閣 第3次小泉改造内閣
在任期間 2005年10月31日 - 2006年9月26日

選挙区 旧愛知4区→)
愛知12区
当選回数 6回
在任期間 1986年7月8日 - 1993年6月18日
1996年10月21日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

杉浦 正健(すぎうら せいけん、1934年7月26日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属の元衆議院議員(6期)、第77代法務大臣。愛知政治大学院名誉学長[1]

来歴・人物[編集]

愛知県矢作町大字東本郷(現・岡崎市東本郷町)に生まれる[2]。父の奉職地の名古屋市に移り、愛知県第一師範学校附属国民学校に入学。戦争末期に故郷に疎開、矢作町立矢作南小学校に4年生から編入した[3]岡崎市立矢作中学校を経て、愛知県立岡崎高等学校に入学。高校では仲間とともに哲学研究会を立ち上げた。出隆の『哲学以前』に感銘を受ける[4]

1953年東京大学に入学。駒場寮では委員長をつとめ、寮の歴史研究会に入った。「僕らが入った頃は日共系。『資本論』だとか毛沢東の本とか『レーニン全集』とかにずうっと傾斜していきました」とのちに語っている。経済学部では山田盛太郎のゼミ生となった[5]1955年本郷に進むと、社会教育家の穂積五一が主催していた「新星学寮」に入寮。アジア各国からの留学生の世話を始める[6]

1957年3月、穂積の指導のもと東大アジア学生友好会を結成[6][7]。同年に大学を卒業し、川崎製鉄に入社。しかし穂積に呼び戻され、1959年8月の海外技術者研修協会(AOTS)の設立、1960年6月のアジア文化会館の設立などに参画した。「とうとう終いには川崎製鉄を辞めて、ODAの事業に青春を打ち込むことになった」と杉浦は述べている[6][7]

川崎製鉄に同期入社し、独身寮で1年起居をともにした同僚の妹と1963年に結婚[8]。結婚相手の父親はゾルゲ事件においてリヒャルト・ゾルゲの官選弁護人をつとめた浅沼澄次であった[注 1]。これが縁となり「跡継ぎ」のような形で34歳から司法試験の勉強を始める[10]1972年弁護士登録。1982年第一東京弁護士会副会長に就任。

政界へ[編集]

1985年7月10日中野四郎国土庁長官が自宅で階段を踏みはずして入院。7月16日に容態が悪化し、翌日、酸素吸入器と人工蘇生器がつけられる[11]。同年10月12日、杉浦は衆院選に向けた事務所を開設[12]。義父の浅沼澄次が福田赳夫第一高等学校・東大で同期として親しかったことから、清和会(福田派)入りを目指す[13]10月21日、中野は急性心不全により死去。

同年11月6日、第1回後継者選考委員会が開かれるも、後継候補として名前が挙がったのは知立市選出の県議鈴木政二、中野の第一秘書の中原義正、志賀重昂の孫で前特許庁長官の志賀学[14]、安城市選出の県議の杉浦正行の4名であった[15]12月19日の幹部総会において、稲垣実男の選挙参謀である杉浦正行が候補から脱落。さらに1986年1月、岡崎市出身の志賀が候補から脱落。2月2日、岡崎は福田派の市議が5人しかいなかったが、自民党岡崎支部は杉浦正健の推薦を決定。2月6日福田派幹部会で鈴木政二が中野の後継者に内定する。ところがその8日後に鈴木は内定を返上。3月19日、杉浦が後継者に内定した[16]

1986年6月2日衆議院解散永田安太郎以来31年ぶりの地元保守系代議士の誕生を目指す岡崎市では、かつて稲垣実男派の県議であった中根鎭夫市長はじめ[注 2]、自民系市議のうち一人を除いた全員が杉浦の支援に回った[18][19]総選挙7月6日に行われ、旧愛知4区順位3位で初当選した[注 3]。中野の秘書の中原義正は無所属で出馬したが落選した。

1990年2月18日に行われた総選挙で再選。当選直後、杉浦の票の取りまとめに関する現金買収事件が発覚。同年2月22日から3月18日にかけて、被買収の疑いで岡崎市議13名が逮捕された[20]。9月までに17名の市議が退職し、11月4日にその補選が行われた(翌1991年にさらに2名退職)[21]。事件の影響で1993年の総選挙で敗れるも、1996年の総選挙で返り咲く。2005年の総選挙で通算6期目の当選を果たす。

2009年総選挙民主党中根康浩に敗れ、政界を引退。

2005年10月31日に発足した第3次小泉改造内閣では法務大臣を務めた。自民党では安倍派→三塚派→森派→町村派に属した。森派では小泉純一郎の側近中の側近[22]といわれており、小泉の引退後は中川秀直の側近とされていた。

2017年4月29日の春の叙勲で、旭日大綬章を受章[23]

政歴[編集]

発言[編集]

機密費流用事件[編集]

外務副大臣に就任した2001年パラオ大使館の会計担当職員が公金を不正流用し、1年間の停職処分を受けていたことを外務省が隠蔽していた問題について、記者会見で「職員の将来を思い、武士の情け、人情で了解した」と発言し、公表しないよう要請した事務当局の意向を受け入れたことを認めた。さらに「隠蔽という言葉は不適当だ。公表しないことをもって、隠蔽とは言えない」と語るとともに、今後、同様の不祥事が発覚した場合も「(公表は)ケース・バイ・ケースだと思う」と発言した。

北朝鮮拉致事件[編集]

内閣官房副長官在任中の2004年5月30日北朝鮮による拉致被害者曽我ひとみと北朝鮮に残る家族との再会が果たせぬままであることに関し、国防委員長金正日からの「北京での再会」提案を曽我が容認したとする主旨の発言をしたが、曽我からは「北京以外で再会したい」との声明が出された。

元慰安婦を訪問[編集]

2011年2月13日、韓国のナヌムの家を訪問し、慰安婦被害女性らを慰労した。また、韓国の金成浩元法務部長官と「韓日両国の元法相が民間レベルで歴史の痛切な現場を訪れ、慰安婦被害女性の実情を把握し、痛みを分かち合う」ため、慰安婦歴史館などにも足を運んだ[25]。「会って被害を確認したかった。(見聞きしたことは)日本に帰って知らせたい」、「若者たちに正しい歴史が伝えられることを望んでいる」とコメントした[26]

死刑執行問題[編集]

弁護士出身で、また死刑制度に反対している真宗大谷派の信徒であることから、2005年の法務大臣就任時に「死刑執行のサインをしない」と発言した(1時間後に撤回)。法務大臣在任中の2006年9月にも法務省側から提示された死刑執行命令書への署名を拒み、小泉純一郎の自由民主党総裁任期満了に伴う内閣総辞職の同月26日まで死刑は執行されなかった。1993年に後藤田正晴が法務大臣として死刑執行を再開して以降、死刑執行命令書に署名しないまま退任した法務大臣としては最長在任記録である。

杉浦は死刑執行命令書に署名しなかったことついて、「死刑反対論者ではないが、信条に従った」と述べている[22]。また死刑制度については「国際社会で、大きな流れでは廃止の方向に向かっている。終身刑の導入をはじめ、セットにならないといけない」と述べている[22]

なお、刑事訴訟法第475条は、法務大臣は判決確定から6ヶ月以内に死刑執行命令を発令するよう規定しているが、事実上死文化している。

ライブドア[編集]

ライブドア証券取引法違反再発防止策の作成に現職検察官検事法科大学院教授)が助言していた問題に対し、2006年2月28日、杉浦は「法的には問題ないが、好ましくはない。検事という身分はわきまえてもらわないと」と批判した。

2006年4月27日、前ライブドア社長堀江貴文保釈を受け、杉浦は「(保釈直後の)あの姿を見たら、再起してもらえるんじゃないかという印象を受けた」「元気そうだ。本を(拘置所で)200冊も読んだんでしょ。すごいね。まだ若いし、裁判をきちっとやってほしい」と発言した。

文仁親王妃紀子の出産[編集]

2006年9月6日文仁親王妃紀子の出産について、「男子が誕生されるのを期待していますけどね。ご無事であることを祈っています」と前日の記者会見にて述べた。宮内庁長官羽毛田信吾は、「出産を控えた妃殿下の気持ちを考えると、軽々におっしゃるのはいかがなものか」とする遺憾の意を宮内庁長官秘書官を通じて杉浦に伝えたことを、9月12日の定例記者会見で発表した。

少年法[編集]

2006年8月28日に発生した山口女子高専生殺害事件で、容疑者とされ行方不明だった19歳の男子学生の実名と写真を一部の週刊誌が掲載したことについて、9月8日に「少年法の関係で事実関係について調査し対応を検討している。いずれ報告があると思うので、そのうえで対応を決めたい」と述べた。また、行方不明の男子学生が自殺体で発見されたあとの実名報道には「表現の自由ということはあるが、少年法の趣旨や少年の家族のことも考えると、プライバシーとの関係で問題がないのかどうかと問われると、ないとも言えない感じがする。難しい問題なので事実関係をよく調べて対応を決めたい」と述べた。 本人は衆議院法務委員長を務めていた当時、厳罰化による少年犯罪の抑止を盛り込んだ少年法の改正を手掛けている。

エピソード[編集]

  • 穂積五一を「最大の人生の恩師」と呼ぶ[27]。穂積の影響を受け、東大アジア学生友好会、アジア文化会館、通産省所管の海外技術者研修協会(AOTS)などの設立に関わった[6][7]
  • 1986年に初当選した清和会所属の尾形智矩は1期しか衆議院議員を務めなかったが、杉浦と尾形は、尾形が亡くなる2008年まで親しい間柄だった。
  • 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の提案者で、「買春」を初めて「かいしゅん」と読んだ人物でもある[28]
  • 2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、愛知12区から出馬した青山周平の選対事務長を務めた。しかし青山の対立候補である重徳和彦に出馬を促したのは杉浦であった。同年8月、杉浦は重徳に向かって「『古い自民党でなく新しい政治を作るんだ』と堂々と出馬すればいい。自分が重徳君と同じ歳だったら同じ行動をとっていただろう」と言ったという[29][注 4]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 杉浦の義父の浅沼澄次は1902年6月3日、東京府八丈島に生まれた。1931年に弁護士登録し、ゾルゲ事件に関わったほか、昭和電工事件日野原節三の弁護人も務めた。1977年10月10日没[9]
  2. ^ 中根鎭夫は1925年4月5日、額田郡常磐村大字大柳(現・岡崎市大柳町)に大山家の長男として生まれた。1975年の県議選で初当選。1976年に稲垣実男第34回衆議院議員総選挙に立候補した折は岡崎・額田地区稲垣後援会会長として稲垣を支援した[17]。1980年から2000年まで岡崎市長を5期務めた。
  3. ^ 1986年の初当選時の同期には鳩山由紀夫斉藤斗志二三原朝彦村井仁逢沢一郎金子一義武村正義園田博之中山成彬新井将敬石破茂笹川堯武部勤井出正一村上誠一郎などがいる。
  4. ^ 2011年の愛知県知事選挙に自民党推薦で立候補した経験を持つ重徳和彦は、2012年9月28日、日本維新の会の結党に参画。愛知12区では青山周平に敗れるも比例復活で当選した。

出典[編集]

  1. ^ 役員一覧 | 愛知政治大学院
  2. ^ あの戦争は何だったのか』 221頁。
  3. ^ あの戦争は何だったのか』 86頁。
  4. ^ あの戦争は何だったのか』 213頁。
  5. ^ あの戦争は何だったのか』 214頁。
  6. ^ a b c d 日経新聞主催「アジアの未来」 杉浦副大臣講演 平成13年6月7日 | 外務省ホームページ
  7. ^ a b c 沿革|公益財団法人 アジア学生文化協会
  8. ^ 『偃蹇 浅沼澄次』 浅沼澄次先生追悼録刊行実行委員会、1980年10月10日、568頁。
  9. ^ 浅沼澄次略年譜 | 浅沼・杉浦法律事務所
  10. ^ あの戦争は何だったのか』 217頁。
  11. ^ 朝日新聞』1987年4月2日、東海総合面。
  12. ^ 『朝日新聞』1987年4月22日、東海総合面。
  13. ^ あの戦争は何だったのか』 135頁。
  14. ^ 『朝日新聞』1987年4月1日、東海総合面。
  15. ^ 『朝日新聞』1987年4月11日、4月14日、東海総合面。
  16. ^ 『朝日新聞』1987年4月25日、東海総合面。
  17. ^ 東海新聞』1976年11月24日、1面、「総選挙事務所めぐり (4) 稲垣候補 自新」。
  18. ^ 『朝日新聞』1987年4月23日、東海総合面。
  19. ^ 『中日新聞』1990年2月23日付朝刊、31面。
  20. ^ 『中日新聞』1990年2月23日付朝刊、2月26日付朝刊、3月19日付朝刊。
  21. ^ 『岡崎市議会史 下巻』 岡崎市議会史編纂委員会、1992年10月22日、765-767頁。
  22. ^ a b c d e 中村宰和 (2009年11月18日). “杉浦元法相:「悔いはない」…引退表明、後継者は指名せず”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091118k0000m010170000c.html?inb=yt 2009年11月21日閲覧。 
  23. ^ 春の叙勲 4080人が受章 - NHKニュース 2017年4月29日[リンク切れ]
  24. ^ 死刑執行:1年8カ月ぶり執行、民主政権で2度目 山口・下関通り魔事件など3人 毎日新聞2012年3月29日
  25. ^ 杉浦元法相、13日に元慰安婦の施設を訪問 聯合ニュース2011年2月10日
  26. ^ 杉浦元法相が韓国の元慰安婦訪問 若者に正しい歴史を 共同通信2011年2月13日
  27. ^ あの戦争は何だったのか』 215頁。
  28. ^ かいしゅん・回春の買春は改悛すべき NHK放送文化研究所「ことばウラ・オモテ」
  29. ^ しげとく和彦(重徳和彦):2012年12月

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
笹川堯
日本の旗 衆議院法務委員長
1998年 - 1999年
次代:
武部勤
公職
先代:
南野知惠子
日本の旗 法務大臣
第77代:2005年 - 2006年
次代:
長勢甚遠
先代:
細田博之
日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当・衆議院)

2004年 - 2005年
次代:
長勢甚遠
先代:
衛藤征士郎
荒木清寛
日本の旗 外務副大臣
植竹繁雄と共同
2001年 - 2002年
次代:
茂木敏充
矢野哲朗