福家俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

福家 俊一(ふけ としいち、1912年3月3日 - 1987年4月17日)は、日本政治家衆議院議員総選挙に15回立候補し、当選は6回。ニックネームは「政界の寝業師」、「政界の怪物」。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

香川県高松市出身。旧制大阪府立生野中学校(現大阪府立生野高等学校)卒業、早稲田大学専門部中退。少年時代に東京憲兵隊本部で甘粕正彦給仕を務めたことを機に、満州に渡って満州国機関紙斯民」の記者となる。満州人脈のメンバーとなり、岸信介と深い仲を築く。軍部外務省興亜院の肝いりによって上海国策新聞大陸新報」が創設され、1937年その社長に25歳の若さで就任。白根松介男爵美濃部達吉の嘆願を受け、同社では美濃部亮吉(達吉の長男で、後の東京都知事)や向坂逸郎高橋正雄など人民戦線事件で検挙された左派知識人たちを積極的に雇い入れた。

「大陸新報」は本土とは違った自由な雰囲気を持っており、日本の知識人や文学者が多く執筆した[1]朝日新聞上海特派員であった須田禎一も、変名で「大陸新報」に執筆していた。高橋正雄は回想録にて福家のことを「豪傑」と語っている[2] 一方で、山本武利は「胡散臭い人物」という評価を下している[3]。「大陸新報」時代の部下だった小森武とは、戦後まで強い繋がりを持っていた。「大陸新報」で生まれた人脈は、国政では対立する立場であった保守政治家と革新政治家が、裏で繋がっているという状況を作った。

国政へ[編集]

1942年第21回衆議院議員総選挙に、旧東京1区から立候補し初当選。当時最年少国会議員であった。選挙の際には、里見甫の支援があったとされている。1943年11月、「衆議院議員ニシテ大東亜戦争ニ際シ召集中ナルニ因リ其ノ職ヲ失ヒタルモノノ補闕及復職ニ関スル法律」が適応され、現役議員ながら太平洋戦争に召集された。同じく召集された有馬英治浜田尚友とともに、政府提出の市町村改正案を官僚の権力増強案と批判し反対した議員の一人であったため、東條英機による懲罰召集であったと見る向きもある[4]

終戦直後の第89回帝国議会においては、「苟クモ此ノ戦争責任者タル者ハ、少クトモ重臣、軍閥、官僚、財閥並ニ政治家等ノ中ニアッテ、是等ノ人々ハ所謂戦争挑発ニー連ノ脈絡アリト思ハレルノデアリマス」「而モ何等反省ノ色モ見セズ、却テ敗戦ノ責任ヲ国民ニ転嫁シ、自ラ承詔必謹ノ袖ニ隠レントスルニ至ツテハ、断ジテ私共復員兵ノー人トシテ許シ難イノデアリマス」と、復員兵の立場から戦争責任問題を追及する質問を行っている[5]

戦後は公職追放となる。本土に引き揚げてきた後は京都で漁業市場の経営を行っていたが、当時鉄道総局長官だった佐藤栄作から、兄(岸)の頼みだからと言われて進駐軍の列車で急に上京し、巣鴨プリズンで岸と面会した。また岸が長女・洋子の見合い相手として新聞記者を望んでいたことから、当時毎日新聞政治部記者であった安倍晋太郎を紹介する役割を果たした[6]。追放解除後は選挙区を故郷の香川1区に移し、日本再建連盟公認で第25回衆議院議員総選挙に立候補するも落選。この選挙活動中に対立候補の三木武吉が4人の妾を抱えていることを非難する演説を行うが、三木は本当は5人であるなど自らさらなる暴露を行って聴衆の爆笑を呼んだ。日本再建連盟の結成にあたっては、河上丈太郎三輪寿壮といった右派社会党の面々に接触し、参加を打診した[7]

1958年の総選挙で政界復帰し、以後当選5回(1958年1960年1967年1979年1983年)。成田知巳木村武千代藤本孝雄と有力候補がひしめく選挙区であったため、落選も多かった。自民党公認候補として6回の落選は、史上最多記録である。1960年岸派から分派した愛正会藤山派)の結成に参加。自由民主党国会対策副委員長第2次池田内閣の運輸政務次官を歴任し、福田派の参謀となるが、1984年10月に無派閥となる。佐藤派田中角栄とは、学歴のない叩き上げ同志という点からシンパシーがあり、角栄が自由民主党幹事長時代の副幹事長としてコンビを組んだ[8]朝鮮総連金炳植副議長と知己があり、1971年の美濃部知事の中朝訪問の際に、保利茂自民党幹事長が周恩来宛の書簡(いわゆる「保利書簡」)を託すにあたって、小森武と協力して工作を行った[1][9]

1986年の総選挙で落選し、政界を引退。1987年4月17日、肝腫瘍のため日本医科歯科大学付属病院で死去。75歳没。

人物[編集]

  • 自民党内でも異色の経歴で、小堺昭三の小説『ごじゃな奴』(光文社 1975年、のち「破天荒一代」角川文庫)のモデルとなった。
  • 引退後(なくなる前年)の著書に、保守政界のご意見番な形で『ニューリーダーがアレだから自民党が面白い―大胆率直に、政治の現状を斬る!』(ロングセラーズ、1986年11月)[10]がある。
  • 妹の幡井政子は兵庫県消費者団体連絡協議会会長などを務めた[11]
  • 大山一郎香川県議会議長)は元秘書。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 鳴海正泰「戦時中革新と戦後革新自治体の連続性をめぐって : 都政調査会の設立から美濃部都政の誕生まで」『自治総研』第38巻第4号、地方自治総合研究所、2012年4月、 95-125頁、 ISSN 0910-2744NAID 110008918453
  2. ^ 高橋正雄 『わたしの造反』読売新聞社、1970年。 NCID BN04205281 
  3. ^ 髙綱博文「敗戦直後の上海における『改造日報』について」『研究紀要』第28号、日本大学通信教育部通信教育研究所、2015年3月、 1-27頁、 ISSN 0914-0220NAID 40020398337
  4. ^ 纐纈厚『憲兵政治』p.97, 新日本出版社、2008年、ISBN 9784406051170
  5. ^ 古屋哲夫「第八八、八九回帝国議会 貴族院・衆議院解説」
  6. ^ 七尾和晃『総理の乳母: 安倍普三の隠された原風景』67p
  7. ^ 長谷川隼人「岸信介の経済再建構想と日本再建連盟(2・完)」『一橋法学』第15巻第1号、一橋大学大学院法学研究科、2016年3月、 253-272頁、 doi:10.15057/27853ISSN 1347-0388NAID 120005750622
  8. ^ 大下英治『田中角栄 権力の源泉』
  9. ^ 池田慎太郎『自民党と日韓・日朝関係冷戦下の党内対立と議員外交』
  10. ^ 福家俊一 1986.
  11. ^ 西村康稔活動報告

参考文献[編集]


議会
先代
片岡清一
日本の旗 衆議院法務委員長
1986年
次代
大塚雄司
先代
原田憲
日本の旗 衆議院地方行政委員長
1983年 - 1984年
次代
三ッ林弥太郎
名誉職
先代
浜田尚友
最年少衆議院議員
1945年
次代
三木キヨ子