福家俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福家 俊一(ふけ としいち、1912年3月3日 - 1987年4月17日)は、日本政治家衆議院議員選挙に15回立候補し、当選は6回。ニックネームは「政界の寝業師」、「政界の怪物」。

来歴・人物[編集]

香川県高松市出身。旧制大阪府立生野中学校(現大阪府立生野高等学校)卒業、早稲田大学専門部中退。東京憲兵隊本部で甘粕正彦の給仕を務め、1937年に上海の国策新聞「大陸新報」社長に就任。1942年第21回衆議院議員総選挙に、旧東京1区から立候補し初当選。選挙の際には、里見甫の支援があったとされている。

戦後は公職追放となる。追放解除後は選挙区を故郷の香川1区に移し日本再建連盟公認で立候補するが落選。1958年、政界復帰する。自由民主党国会対策副委員長、第2次池田内閣の運輸政務次官を歴任し、福田派の参謀となるが、1984年10月に無派閥となる。1986年の総選挙で落選し、政界を引退。1987年4月17日、75歳で死去。