鈴木淳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 淳司
すずき じゅんじ
生年月日 (1958-04-07) 1958年4月7日(59歳)
出生地 日本の旗 愛知県瀬戸市陶原町
出身校 早稲田大学法学部
所属政党 自由民主党細田派
称号 法学士
公式サイト 衆議院議員 鈴木じゅんじ Official Site

選挙区 比例東海ブロック→)
愛知7区→)
比例東海ブロック
当選回数 5回
在任期間 2003年11月10日 - 2009年7月21日
2012年12月18日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1999年
テンプレートを表示

鈴木 淳司(すずき じゅんじ、1958年4月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。

経済産業副大臣第3次安倍第1次改造内閣)、総務大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、衆議院法務委員長瀬戸市議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

愛知県瀬戸市陶原町生まれ(現住所は瀬戸市山手町)[1][2]。親は鉄工所を営んでいた[3]。瀬戸市立陶原小学校、瀬戸市立水無瀬中学校、愛知県立千種高等学校卒業。1982年早稲田大学法学部卒業[1]。同年、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾(第3期生)[1][4]

1991年瀬戸市議会議員選挙に出馬し、初当選した。1995年に再選[1]1999年の市議選には出馬せず、退任[4]2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で愛知7区から出馬し、民主党新人の小林憲司に3,050票差まで迫るも、落選した。なお、この総選挙の直前に、連立政権を組んでいた保守党から青山丘が自民党に入党したため、コスタリカ方式が導入され、選挙後は鈴木が比例区の支部長に就任した。

2003年第43回衆議院議員総選挙比例東海ブロック単独で立候補し、初当選した(青山丘は愛知7区で小林憲司に敗れ、比例復活)。

2005年第44回衆議院議員総選挙では愛知7区から自民党公認で出馬し、民主党前職の小林憲司を破り再選した。この直前、郵政民営化に反対し、衆議院本会議における採決で造反した青山は新党日本の結党に参加し、比例東海ブロック単独で出馬したが、落選した(その後、国民新党に入党)。なお選挙後、対抗馬だった小林は覚醒剤所持の疑いで逮捕された[5]2008年福田康夫改造内閣総務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務めた。2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党公認で愛知7区から出馬したが、民主党新人の山尾志桜里に敗れ、比例復活もできず落選した[6]

2012年第46回衆議院議員総選挙は、愛知7区に日本未来の党が女性で弁護士の正木裕美を擁立[7][8]。山尾と正木の間で票が割れた結果、当選。3年3ヶ月ぶりに国政に復帰した[9]

2014年第47回衆議院議員総選挙では、愛知7区で前回破った山尾に5千票あまりの差で敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、4選。2015年第3次安倍第1次改造内閣経済産業副大臣に任命される。2016年衆議院法務委員長に就任した[10]

2017年5月2日、「共謀罪」法案の審議をめぐり、民進党法務委員長の鈴木の委員会運営が「強権的だ」として解任案を提出[11]。しかし5月9日の衆院本会議で鈴木に対する解任決議案は否決される[12]5月19日、法務委員長として、犯罪の合意を処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案の採決を強行。同案は与党と日本維新の会の賛成多数で可決され[13]、本会議を経て7月11日に施行された。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では自民党公認で愛知7区と比例東海ブロックで重複立候補した。鈴木と4度目の対決となった山尾は、既婚男性との交際疑惑が週刊誌により報道されたことにより9月8日付で民進党を離党し[14]、無所属で立候補。鈴木は自民党・公明党の厚い地盤をバックに組織選挙を展開したが、834票差で山尾に競り負け[15]比例東海ブロックでの復活で、5度目の当選を果たした[16][17]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 衆議院議員 鈴木じゅんじ インフォメーション
  2. ^ 中日新聞(2017年10月11日、23面)
  3. ^ 7区候補者 政治家として(上) 原点:2014衆院愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)
  4. ^ a b 鈴木淳司プロフィール - 松下政経塾
  5. ^ “覚せい剤で逮捕 小林前衆院議員/5年前に薬物疑惑報道/「なぜ気付かぬ」と有権者”. しんぶん赤旗. (2005年9月26日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-09-26/2005092615_01_2.html 2017年5月1日閲覧。 
  6. ^ 愛知 小選挙区 : 総選挙2009 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  7. ^ “日本未来の党、121人の公認発表”. 朝日新聞. (2012年12月3日). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201212030591.html 2017年11月6日閲覧。 
  8. ^ 正木裕美:愛知7区 : プロフィル : 衆院選2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  9. ^ 愛知 小選挙区 : 開票結果 : 総選挙2012 : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  10. ^ “国家基本政策に棚橋氏=衆院委員長など内定-自民”. 時事通信. (2016年8月24日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082400700&g=pol 2016年8月24日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “「共謀罪」12日に審議再開=法務委員長解任案否決-衆院”. 時事通信. (2017年5月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017050900703&g=pol 2017年10月17日閲覧。 
  12. ^ “【テロ等準備罪】鈴木淳司法務委員長解任決議案を否決 テロ等準備罪審議再開へ 政府与党は18日衆院通過目指す”. 産経新聞. (2017年5月9日). http://www.sankei.com/politics/news/170509/plt1705090047-n1.html 2017年10月17日閲覧。 
  13. ^ “「共謀罪」法案の採決強行 衆院委 自公維の賛成多数”. 東京新聞. (2017年5月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017051902000263.html 2017年10月17日閲覧。 
  14. ^ “山尾氏の離党届受理=前原代表「極めて残念」-民進”. 時事通信. (2017年9月8日). https://www.jiji.com/sp/article?k=2017090800188&g=pol 2017年9月8日閲覧。 
  15. ^ “山尾氏、薄氷の勝利”. 時事通信. (2017年10月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00010001-jijv-pol 2017年10月23日閲覧。 
  16. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  17. ^ 僅差となった2017年衆院選における愛知7区の自治体ごとの勝敗は次のとおり。瀬戸市(十軒家投票区を除く)、大府市日進市の3つの自治体は鈴木が得票数を上回り、尾張旭市豊明市長久手市東郷町の4つの自治体は山尾が得票数を上回った。
  18. ^ a b c d “2012衆院選 愛知7区 鈴木淳司”. 毎日新聞社. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A23007002002 2017年5月1日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g “2014衆院選 愛知7区 鈴木淳司”. 毎日新聞社. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A23007001001&st=tk 2017年5月1日閲覧。 
  20. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  21. ^ 俵義文 『日本会議の全貌』花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
山際大志郎高木陽介
日本の旗 経済産業副大臣
高木陽介と共同

2015年 - 2016年
次代:
松村祥史高木陽介
先代:
岡本芳郎二之湯智秋葉賢也
日本の旗 総務大臣政務官
中村博彦坂本哲志と共同

2008年 - 2009年
次代:
長谷川憲正階猛小川淳也
議会
先代:
葉梨康弘
日本の旗 衆議院法務委員長
2016年 - 2017年
次代:
平口洋