平塚常次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1953年

平塚 常次郎(ひらつか つねじろう、1881年(明治14年)11月9日 - 1974年(昭和49年)4月4日)は日本の実業家政治家北洋漁業の先駆者として知られる。

生涯[編集]

平塚常次郎像(北海道函館市、函館アリーナ敷地内)

北海道函館生まれ。安土桃山時代の武将平塚為広の末裔。札幌露清語学校ロシア語を学んだ。北洋の漁場開発を志し、カムチャツカ半島に渡ってサケマスの漁場調査をおこなった。

1905年(明治38年)、ポーツマス条約によってロシア領沿岸での漁業権を獲得。堤清六とともに新潟市に堤商会を設立し、ロシア領海内で操業を開始。カムチャツカ半島沿岸に工場を建設し、サケ・マス缶詰の輸出にも成功した。

1921年(大正10年)に日魯漁業(現:マルハニチロ)の常務となり、同社および太平洋漁業千島水産などで社長を歴任、北洋漁業の覇権を手中に収めた。第二次世界大戦の敗戦により、日魯漁業は海外資産(施設・漁場)の全てを失った。

1946年(昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙日本自由党から衆議院議員に初当選。河野一郎と行動を共にし、第1次吉田内閣運輸大臣を務めた(北海道出身者として初の入閣)が、翌1947年(昭和22年)、GHQにより公職追放処分を受けた。

追放解除後、日魯漁業社長に再度就任。1955年の第27回衆議院議員総選挙に北海道3区から日本民主党公認で立候補し当選、政界にも復帰した。1958年(昭和33年)には大日本水産会会長として日ソ漁業交渉代表団団長を務め、日中漁業交渉にも携わった。


先代:
村上義一
日本の旗 運輸大臣
第6代:1946年 - 1947年
次代:
増田甲子七