長谷川峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
長谷川 峻
はせがわ たかし
生年月日 1912年4月1日
出生地 宮城県若柳町
没年月日 (1992-10-19) 1992年10月19日(満80歳没)
出身校 早稲田大学
前職 新聞記者
所属政党 自由党→)
自由民主党

日本の旗 第47代 法務大臣
内閣 竹下改造内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1988年12月30日

日本の旗 第54代 運輸大臣
内閣 第1次中曽根内閣
在任期間 1982年11月27日 - 1983年12月27日

日本の旗 第37代 労働大臣
内閣 三木内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年9月15日

日本の旗 第35代 労働大臣
内閣 第2次田中角榮第1次改造内閣
在任期間 1973年11月25日 - 1974年11月11日

選挙区 宮城2区
当選回数 13回
在任期間 1953年4月20日 - 1955年1月24日
1958年5月23日 - 1992年10月19日
テンプレートを表示

長谷川 峻(はせがわ たかし、1912年4月1日 - 1992年10月19日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員宮城県栗原郡若柳町(現在の栗原市)出身。正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

早稲田大学卒業後、1933年九州日報社(現 ・西日本新聞社)に入社。記者として活躍。この頃、緒方竹虎中野正剛との知遇を得て、両雄の下で政治のイロハを学ぶ。1945年、緒方が東久邇宮内閣国務大臣に就任すると、その秘書官を務めた。内閣では総理大臣の東久邇宮稔彦王の「国民諸君から直接手紙をいただきたい」との意向のもとで緒方のアイデアにより国民からの投書を募っていたが、稔彦王がすべての手紙を読むわけにもいかず、「平衡感覚を持った人」たる元記者の長谷川が手紙の整理役を務めた[1]。また、寄せられ整理された手紙の内容を稔彦王に進講するのも長谷川の役目であったが、その長さはときに3時間にも及ぶこともあった[2]1947年九州日報編集局長のため、公職追放となる[3]。追放解除後の1952年の衆議院議員総選挙で宮城2区から無所属で立候補するが落選。翌1953年自由党から立候補して初当選し緒方を補佐するが、1955年の総選挙で落選、さらに翌年には首相就任を目前にして、師である緒方が急死してしまう。

1958年に国政復帰。自民党では緒方派を継いだ石井派に属す。池田勇人内閣で文部政務次官に就任。1973年第2次田中角榮内閣第1次改造内閣1974年三木内閣では労働大臣1982年第1次中曽根内閣では運輸大臣を歴任。しかし、1988年竹下改造内閣法務大臣として入閣した直後、当時世間を騒がせていたリクルート事件に関連し、リクルートからの政治献金が発覚。任命からわずか3日後[4]で閣僚在任期間4日間の短命閣僚となり、戦後政治史では最短退任記録歴代1位となった。この退任劇は竹下内閣に少なからず影響を与えた。就任時の記者会見で「(リクルートと)ご縁がないからここに居られる」と大口をたたいたことが結果的に命取りとなった。

旧石井派が解消した後は、1979年中川一郎が中心になって旗揚げした中川派に重鎮として参加。中川派解体後は石原慎太郎らと共に福田派→安倍派へ合流した。安倍の死後、派内で起こった三塚博加藤六月の後継者争い(三六戦争)では、当時清和会座長であった長谷川の裁定で三塚を会長に推し、決着させた。

1992年10月19日、現職議員として80歳にて死去。当選回数は通算13回。日本遺族会会長も務めた。

脚注[編集]

  1. ^ #袖井 (1991) pp.14-15
  2. ^ #袖井 (1991) p.15
  3. ^ 『朝日新聞』1947年11月29日一面。
  4. ^ 亀井静香2010年6月8日金融担当大臣に任命されてわずか3日後の6月11日に金融担当大臣を辞任している。ただし、亀井は2009年9月16日に金融担当大臣に任命されて在任して、2010年6月8日の任命は金融担当大臣の再任であるため、金融担当大臣としては連続して269日間在任している。

参考文献[編集]

  • 袖井林二郎 『拝啓 マッカーサー元帥様 占領下の日本人の手紙』 中央公論社〈中公文庫〉、1991年

関連項目[編集]


議会
先代:
川野芳滿
日本の旗 衆議院運輸委員長
1965年 - 1966年
次代:
古川丈吉
公職
先代:
林田悠紀夫
日本の旗 法務大臣
第47代:1988年
次代:
高辻正己
先代:
小坂徳三郎
日本の旗 運輸大臣
第54代:1982年 - 1983年
次代:
細田吉蔵
先代:
加藤常太郎
大久保武雄
日本の旗 労働大臣
第35代:1973年 - 1974年
第37代:1974年 - 1976年
次代:
大久保武雄
浦野幸男