大野明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大野 明
おおの あきら
生年月日 1928年11月13日
出生地 岐阜県山県郡美山町
没年月日 (1996-02-05) 1996年2月5日(満67歳没)
出身校 慶應義塾大学
所属政党 自由民主党
配偶者 妻・大野つや子
親族 父・大野伴睦
次男・大野泰正

選挙区 岐阜県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1995年7月 - 1996年2月5日

選挙区 岐阜1区
当選回数 2回
在任期間 1986年7月7日 - 1993年6月18日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 岐阜1区
当選回数 7回
在任期間 1964年6月 - 1983年11月28日
テンプレートを表示

大野 明(おおの あきら、1928年11月13日 - 1996年2月5日)は、日本政治家。位階は正三位。勲等は勲一等[1]

衆議院議員(9期)。参議院議員(1期)。労働大臣(第45代)。運輸大臣(第63代)。

衆議院議長自由民主党副総裁を務めた大野伴睦の四男。

来歴・人物[編集]

岐阜県山県郡美山町生まれ。慶應義塾幼稚舎を経て、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、父の秘書を務める[2]1956年11月、大野つや子と結婚。

1964年、父の死去に伴い、後継者として第30回衆議院議員総選挙岐阜1区補欠選挙に自由民主党から出馬し初当選。

1982年第1次中曽根内閣労働大臣として初入閣。1983年第37回衆議院議員総選挙では、文部大臣瀬戸山三男防衛庁長官谷川和穂と現職閣僚ながら落選。

1986年第38回衆議院議員総選挙で当選。1990年第2次海部内閣運輸大臣を務める。1992年、衆議院議員在職25年を迎え、衆議院より院議をもって表彰された[1]1993年第40回衆議院議員総選挙で落選。

1995年第17回参議院議員通常選挙岐阜県選挙区に出馬し当選。

1996年2月5日、急性心筋梗塞のため死去[2]享年67。

家族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


議会
先代:
奥田敬和
日本の旗 衆議院予算委員長
1988年 - 1989年
次代:
中尾栄一
先代:
中川一郎
日本の旗 衆議院運輸委員長
1976年 - 1978年
次代:
増岡博之
先代:
野原正勝
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1975年 - 1976年
次代:
熊谷義雄
公職
先代:
江藤隆美
日本の旗 運輸大臣
1990年
次代:
村岡兼造
先代:
初村滝一郎
日本の旗 労働大臣
1982年 - 1983年
次代:
坂本三十次