葉梨康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
葉梨 康弘
生年月日 (1959-10-12) 1959年10月12日(57歳)
出生地 東京都
出身校 東京大学法学部
前職 警察庁キャリア官僚、衆院議員秘書
現職 国会対策副委員長
所属政党 自由民主党岸田派
称号 法学士
親族 義祖父・葉梨新五郎(元衆院議員)
義父・葉梨信行(元衆院議員)
公式サイト はなし康弘のページ

選挙区 茨城3区
当選回数 4回
テンプレートを表示

葉梨 康弘(はなし やすひろ、1959年10月12日 - )は、日本政治家、元警察庁官僚自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自民党総務部会長。

衆議院法務委員長法務副大臣内閣府副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)を歴任した。

元自民党衆院議員の葉梨信行は義父であり、義祖父である葉梨新五郎の代から数えて三代目の世襲政治家である[要出典]。旧姓は渡邉(わたなべ)。

来歴[編集]

実父は医師の渡邉武治[要出典]。東京教育大学大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校)、東京大学法学部卒業後、1982年警察庁入庁。警察庁刑事局防犯課、岩手県警察本部刑事部捜査第二課長、兵庫県警察本部刑事部捜査第二課長、外務省インドネシア日本国大使館一等書記官などを歴任し1998年警察庁刑事局少年課理事官を最後に警察庁を退職。

義父の私設秘書を経て、2003年第43回衆議院議員総選挙茨城3区から出馬し、初当選。2005年第44回衆議院議員総選挙で再選。自由民主党畜産酪農対策小委員会委員長・農林部会部会長代理を歴任。

2009年8月、第45回衆議院議員総選挙に茨城3区から出馬したが、落選。

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に茨城3区から出馬し当選、国政に復帰。

2013年9月、財務大臣政務官に就任。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣法務副大臣に就任[1]、同月12日、兼ねて内閣府副大臣に就任した[2]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙に茨城3区から出馬し4選。

2016年1月、衆議院法務委員長に就任。

2016年8月、自民党総務部会長に就任[3]

人物[編集]

  • 平沢勝栄らと同様に警察庁キャリア官僚出身ということもあり、パチンコ業界と関連が深く、茨城県のパチンコ業者団体主催の新年祝賀会に出席している[4]
  • トラック業者の業界団体である道路運送経営研究会から献金を受けている[5]
  • 自民党遊技業振興議員連盟事務局次長を務め、「これまで遊技業界に関心のなかった国会議員などの理解を深め、パチンコ業界の位置づけを真剣に考えていく」として、自民党の「遊技業等の営業の健全化に関するプロジェクト会議」を立ち上げた[6][7]。また、パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーを務める[8]
  • 2009年6月26日法務委員会児童買春・児童ポルノ処罰法改正案の答弁において、写真集「Santa Fe」について「児童ポルノかも分からないなという意識のあるものについては、やはり廃棄をしていただくのが当たり前だと思います」との発言を行った。後にこの件を振り返って「娘(3女の父)を持つ父親なら誰でもそう思うだろう」と言っている。また、改正案の定義について「芸術性は考慮しない」との回答を行い、その上で電子メールの添付ファイルを「開かなくても児童ポルノかわかる」、「警察冤罪を起こすはずがない」という趣旨の発言を行ったため、同時期に問題となった足利事件との関連より、冤罪に関する認識の低さと改正案に反対する人々からの反発を受けた[9][10]

不祥事[編集]

  • 2008年4月30日、ガソリン国会で国会が混乱する中で、民主党の若手議員の服を破ったなどとして、同年5月2日に民主党から懲罰動議を出された[11]
  • 葉梨の政治資金管理団体「信和政経懇話会」が支出ゼロの会合費として556万の収入を計上したり、商品をクレジットカードで購入した際に、支出を二度したように計上することを続けて架空の支出を毎年計上していたことが、政治資金収支報告書の記載から明らかになった[12]

政策[編集]

発言要旨[編集]

2009年6月26日の法務委員会で児童ポルノ禁止法改正案について以下のような趣旨の発言を行っている[15]

  • メール、郵便FAX、いかなる手段で児童ポルノを所持していても逮捕する
  • 電子メールに児童ポルノが添付されているかどうかは、ファイルを開く前に分かる
  • 電子メールがきたら児童ポルノだと思えばいい
  • 今までの映画も本も写真も18歳以下のヌードが含まれる場合処罰する。
  • 宮沢りえサンタフェは見たことがないが、児童ポルノに該当する場合、法改正後の単独所持は処罰する(のちに衆議院法制局に確認した結果、サンタフェは規制対象外であるとされている旨を自身のホームページで述べている)。
ちなみにサンタフェ自体は18歳になって撮影されたとされており、販売規制がされている現在においても出版社からでも購入可能である。
  • 過去作品のどれが児童ポルノかどうかは政府が調査して回答する。
  • 童顔・制服着用のポルノは児童ポルノである。
  • ジャニーズでも乳首が写っていたら児童ポルノだ。
  • 児童ポルノの判断に芸術性は考慮しない。
  • ヌードはすべてポルノである
  • ハードディスクに入っている画像を何回開いたかで故意性を審査する
  • 写真や雑誌は、使い古されていたり手垢がたくさん付いていれば故意をみなす
  • 冤罪など起こらない。
  • 自白は証拠の王様だ(これ自体は昔から使われている言葉である)
  • 捜査官は善良なので、自白を強いて冤罪を生じさせるようなことはないと信じている
  • 冤罪の懸念なら、鞄に拳銃を入れられることだってある
  • マンガアニメゲームは悪影響があるのかどうかの研究する必要がある
  • 民主案は相続物に児童ポルノがあっても逮捕できないので困る

ただし、当人は「誤解が先行している」として弁明を自身のホームページに批判に対する反論を行っている[16]

所属団体・議員連盟[編集]

家族[編集]

脚注・補足[編集]

  1. ^ 『官報』 平成26年(2014年)9月9日付 本紙第6371号 p. 7
  2. ^ 『官報』 平成26年9月18日付 本紙第6377号 p. 9
  3. ^ 小泉進次郎氏は農林部会長留任 自民、部会長人事を内定 産経新聞 2016年8月18日
  4. ^ @グリーンべると NEWS DASH 2009年1月23日
  5. ^ 社団法人全日本トラック協会への補助金のあり方に関する質問に対する答弁書 内閣衆質169第30号 2008年2月5日
  6. ^ @グリーンべると NEWS DASH」2008年6月19日を参照。
  7. ^ @グリーンべると NEWS DASH 2008年6月23日
  8. ^ 理事・会員リスト パチンコチェーンストア協会
  9. ^ 第171回国会 法務委員会 第12号 2009年6月26日
  10. ^ 宮沢りえのヘアヌード写真集 17歳で撮影なら児童ポルノ? J-CASTニュース 2009年6月29日
  11. ^ 国会混乱めぐり与野党双方が懲罰動議提出 日テレNEWS24 2008年5月2日
  12. ^ 「葉梨法務副大臣 556万を研修会名目で違法に収受 クレカの領収書を使った二重払いの架空支出も 政治資金規正法違反の疑い」、エコーニュース、2014年11月15日
  13. ^ 2009年衆院選時 朝日新聞アンケート回答
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ [1][リンク切れ]
  16. ^ コラム : 「『サンタフェ』を廃棄しろ」?~誤解を排し正確な児童ポルノ規制の議論を
  17. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
奥野信亮
日本の旗 衆議院法務委員長
2016年
次代:
鈴木淳司
公職
先代:
奥野信亮
日本の旗 法務副大臣
2014年 - 2015年
次代:
盛山正仁