筒井信隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 筒井 信隆
生年月日 1944年11月10日(71歳)
出身地 日本の旗新潟県中頸城郡三和村
出身校 早稲田大学
学位・資格 法学士
前職 弁護士
税理士
世襲
選出選挙区 旧新潟4区→)
新潟6区
当選回数 5回
所属党派 日本社会党→)
無所属→)
民主党横路グループ鹿野グループ
ウェブサイト 筒井信隆ブログ
テンプレートを表示

筒井 信隆(つつい のぶたか、1944年11月10日 - )は、日本政治家民主党所属の元衆議院議員(5期)。元農林水産副大臣

略歴[編集]

新潟県中頸城郡三和村生まれ。新潟県立柏崎工業高等学校機械科、早稲田大学法学部卒業。

1967年、22歳で司法試験に合格。司法修習第22期(同期に木村晋介弘中惇一郎)を修了し、1970年に筒井法律事務所を開業。その後、日本社会党衆議院議員の木島喜兵衛の知己を得、引退する木島に代わって出馬するため、新潟県上越市に移る。

1986年第38回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧新潟4区から出馬したが、次点で落選した。1990年第39回衆議院議員総選挙に再び旧新潟4区から出馬し、初当選。

当選後、社会党の一年生議員を中心にニューウェーブの会を設立し、事務局長に就任。ニューウェーブの会は、与党自由民主党に反対するばかりで対案を出さない社会党を旧弊な体質から脱皮させるべく結成された議員グループであったが、結局党改革は成し遂げられないまま終わった。

1992年2月、東京佐川急便からの献金が発覚。すべての党役職を辞任する。同年、元首相竹下登に対する証人喚問要求にからみ、筒井に対する喚問要求も行われるも、結局不問に終わる。

1993年第40回衆議院議員総選挙では新党ブームの煽りを受け、138票差の次点で落選した。

1996年第41回衆議院議員総選挙では社会党を離党し、新進党旧民主党の推薦を受けて無所属新潟6区から出馬したが、自民党の高鳥修に敗れ、落選した(この選挙で筒井が獲得した103,307票は落選者のうち最多)。その後民主党に入党。2000年第42回衆議院議員総選挙では、民主党公認で新潟6区から出馬。コスタリカ方式により、新潟6区には高鳥修に代わって自民党の白川勝彦が立候補したが、白川は、2000年3月に元私設秘書が交通違反の揉み消しを行い、公電磁的記録毀棄の罪に問われたスキャンダルが災いし落選。筒井は7年ぶりに国政に復帰した。2003年第43回衆議院議員総選挙では、引退した高鳥修に代わって出馬した高鳥修一を破り、3選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では民主党が苦戦する中、新潟6区で4選(高鳥修一も比例復活)。

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、自民党の高鳥に比例復活すら許さず、新潟6区で5選。

2010年9月、菅第1次改造内閣農林水産副大臣に就任し、2011年1月発足の菅第2次改造内閣でも留任。同年3月7日、内閣支持率の低迷する菅内閣について「内閣支持率がどんどん下がる状態が続くなら、辞任も有り得る。辞任ということは内閣総辞職だ」と述べ、閣内から公然と退陣に言及した。

2011年8月の菅内閣退陣に伴う民主党代表選挙では農林水産大臣鹿野道彦の推薦人に名を連ねる。鹿野は敗北したものの、筒井はその後の鹿野グループ結成に参加した。同年9月に成立した野田内閣で農林水産副大臣に再任。2012年9月民主党代表選挙では川上義博らと「女性宰相を誕生させる会」を発足させ、田中眞紀子を総理大臣にしようとした[1]が、田中が民主党代表選挙への出馬を拒否したため頓挫した。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、前回下した高鳥に敗れ、比例復活もならず落選。2013年9月、政界を引退した[2]

2015年春の叙勲で旭日重光章受章[3]

報道に関する裁判[編集]

機密文書の漏洩疑惑に関する裁判[編集]

2012年5月、李春光事件において、筒井にのみ提供された機密文書が漏洩していたことが読売新聞にて報じられた[4][5]。筒井は「機密文書が漏洩」を報じた記事で名誉を害したとして、読売新聞に対し5750万円の損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴した[6][7]。2015年6月15日、東京地方裁判所は、「報道は真実ではない」と認定し、読売新聞に対し名誉を毀損したとして330万円の支払いを命じた[6][7]。2016年1月26日、控訴審判決で東京高等裁判所は、一審に続き名誉毀損を認定し330万円の支払いを命じた[8]

不祥事[編集]

不倫スキャンダル[編集]

2011年8月、週刊新潮により30歳年下の女性との不倫スキャンダルを報じられた[9]

年金未納問題[編集]

2004年年金未納問題の際に国民年金が12年間未納であったことが発覚した[10]

政策・主張[編集]

著書[編集]

  • 『家族の法律相談』(筑摩書房)
  • 『バイオマス文明構想』(日本評論社)
  • 『カオスの中の対立軸』(悠々社)

脚注[編集]

  1. ^ 「田中真紀子首相」はあるのか? 民主議員に担ぎ出しの動き J-CASTニュース2012年08月29日19時27分 [1]
  2. ^ 筒井信隆前衆院議員が政界引退 上越タウンジャーナル 2013年9月2日 2014年4月26日閲覧
  3. ^ 内閣府 (2015年4月29日). “平成27年春の叙勲”. 内閣府ホームページ. 内閣府. 2016年2月9日閲覧。
  4. ^ 読売新聞 2012年5月29日朝刊一面
  5. ^ “【中国書記官スパイ疑惑】機密文書4点が漏洩 一部に筒井前副大臣の資料も”. 産経新聞. (2012年6月29日) 
  6. ^ a b “読売新聞に賠償命令 元副大臣の機密漏えい報道”. 産経新聞. (2015年6月15日). http://www.sankei.com/affairs/news/150615/afr1506150022-n1.html 2016年1月26日閲覧。 
  7. ^ a b “読売新聞などに賠償命令 地裁、筒井元衆院議員の記事で”. 朝日新聞. (2015年6月15日). http://www.asahi.com/articles/ASH6H5J09H6HUTIL02D.html 2016年1月26日閲覧。 
  8. ^ “二審も読売側に賠償命令 元農水副大臣の名誉毀損”. 西日本新聞. (2015年6月15日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/220771 2016年1月26日閲覧。 
  9. ^ 議員バスで130円を浮かす筒井農水大臣に30歳下の同棲愛人”. 上越タウンジャーナル (2011年8月3日). 2011年8月7日閲覧。
  10. ^ 党所属国会議員の国民年金保険料の納付状況について 民主党メールマガジン 2004年5月13日 2014年4月26日閲覧
  11. ^ http://news.liao1.com/newspage/2009/05/4286321.html
  12. ^ 自民寄り、小沢批判の前原副代表 「離党しろ」と民主議員がメール J-CASTニュース 2008年6月12日
  13. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  14. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]

公職
先代:
篠原孝郡司彰
日本の旗 農林水産副大臣
2010年 - 2012年
篠原孝
→岩本司と共同
次代:
佐々木隆博岩本司
議会
先代:
遠藤利明
日本の旗 衆議院農林水産委員長
2009年 - 2010年
次代:
山田正彦
先代:
細川律夫
日本の旗 衆議院決算行政監視委員長
2005年 - 2006年
次代:
仙谷由人