吉野正芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
吉野 正芳
よしの まさよし
Masayoshi Yoshino.png
2009年1月21日東京都渋谷区
地球環境パートナーシッププラザにて
生年月日 (1948-08-08) 1948年8月8日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 福島県
出身校 早稲田大学商学部卒業
前職 吉野木材取締役
現職 復興大臣
所属政党 自由民主党細田派
称号 商学士(早稲田大学・1971年
公式サイト 自由民主党衆議院議員 吉野正芳(よしのまさよし)公式サイト

日本の旗 第7・8代 復興大臣
内閣 第3次安倍第2次改造内閣
第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間 2017年4月26日 - 現職

選挙区 福島5区→)
比例東北ブロック→)
(福島5区→)
(比例東北ブロック→)
比例中国ブロック→)
福島5区
当選回数 7回
在任期間 2000年6月26日 - 現職

当選回数 3回
在任期間 1987年 - 1999年
テンプレートを表示

吉野 正芳(よしの まさよし、1948年8月8日 - )は、日本政治家実業家、福祉事業家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。復興大臣第7代第8代)、福島原発事故再生総括担当大臣。

環境副大臣福田康夫改造内閣麻生内閣)、文部科学大臣政務官第3次小泉改造内閣)、福島県議会議員(3期)、社会福祉法人ハートフルなこそ理事長等を務めた。

来歴[編集]

福島県出身。福島県立磐城高等学校早稲田大学商学部卒業[1]。大学卒業後、家業の吉野木材株式会社に入社した[1]

1987年福島県議会議員選挙に出馬し、初当選した。以後、1999年まで3期12年務める。2000年第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で福島5区から出馬し、民主党新人の吉田泉を破り、当選した。以後、6期連続当選。1996年第41回衆議院議員総選挙で福島5区から新進党公認で出馬し、当選した坂本剛二1999年に自民党に復党していたため、コスタリカ方式が採られ、2005年第44回衆議院議員総選挙までは吉野、坂本の両名がそれぞれ福島5区、比例東北ブロックから交互に出馬して当選し続けていた。2005年、(第3次小泉改造内閣文部科学大臣政務官に任命された[1]2008年福田康夫改造内閣環境副大臣に任命され、麻生内閣まで務める[1]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、福島3区に国替えして出馬[2]。民主党前職の玄葉光一郎に10万票超の大差をつけられ敗北したが、比例東北ブロックの名簿順位が国替えにより優遇されていたため、比例復活により4選。一方、福島5区から出馬した坂本剛二は、民主党の吉田泉に敗れ、落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙に際しては、選挙区調整により坂本が福島5区で公認を受け、吉野は比例中国ブロックへ転出[3]。中国地方は安倍晋三高村正彦石破茂ら自民党幹部が多く、比例枠の余裕が見込めるための異例の措置であり、吉野自身も「(名簿は)中国ブロックだが、体は福島5区の人間だ。あまりにも例のないことでびっくりしているが、バッジをつけて、復興のお役に立ちたい」と後援者に釈明した[3][4]。比例中国ブロックの選挙区内には入らず福島5区で坂本を応援する選挙運動を行い[3]、自身は比例中国ブロックで当選した[1]。当選後、衆議院環境委員長に就任。

2014年衆議院原子力問題調査特別委員長に就任。同年の第47回衆議院議員総選挙に際しては、再び吉野、坂本の両名が福島5区からの立候補を表明し、党本部の調整により吉野が福島5区で公認を受け、坂本は比例近畿ブロックへ転出[5]。党本部による調整がもつれ込み、公認が決定したのは公示日の前日で[5]、坂本は比例近畿ブロック単独40位に登載された[6]。福島5区で吉野が民主党前職の吉田泉を破って再選された一方で、比例近畿ブロックに国替えした坂本は名簿順位の下位登載が響き、落選した。

2016年9月、衆議院東日本大震災復興委員長に就任[7]2017年4月26日東北地方太平洋沖地震に関する東北地方の被災地への問題発言を理由に更迭された今村雅弘の後任の復興大臣に任命され、初入閣した[8]。就任後の記者会見で、前任の今村雅弘について、「まだ東北で良かった」という発言に関しては「私は被災地(選出)だから、絶対に許せない」と批判したが、「今村氏は頻繁に被災地に来ているし、被災地を思っていたのはよく分かっている。ただ、ああいう言葉になったのは残念だ」とも述べた[9]2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣において復興大臣に留任。同年の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認となった吉田を再び降して7選。

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e プロフィール - 自由民主党 衆議院議員 吉野正芳(よしのまさよし)公式サイト
  2. ^ “福島3区・4区 主な候補者の横顔”. 朝日新聞. (2009年8月24日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908240256.html 2017年5月4日閲覧。 
  3. ^ a b c “あまりにも例のない…本人も仰天、ブロック替え”. 読売新聞. (2012年12月4日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/20121204-OYT1T00232.htm 2017年5月4日閲覧。 
  4. ^ “地元は福島なのに比例中国から 自民前職、嘆く支援者”. 朝日新聞. (2012年11月29日). http://digital.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201211290631.html?ref=senkyokiji_txt_end_kjid_TKY201211290631 2017年5月4日閲覧。 
  5. ^ a b “【衆院選】福島5区で自民・吉野氏が公認候補に 異例の前日決着”. 朝日新聞. (2014年12月2日). http://www.sankei.com/region/news/141202/rgn1412020025-n1.html 2017年5月4日閲覧。 
  6. ^ “衆院選、自民5区は吉野氏を公認 坂本氏は比例近畿に”. 福島民友新聞. (2014年12月2日). http://www.minyu-net.com/osusume/election2014/news/141202/news1.html 2017年5月4日閲覧。 
  7. ^ “衆院議運委員長に佐藤前国対委員長”. 日本経済新聞. (2016年8月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H6T_U6A820C1PP8000/ 2016年8月24日閲覧。 
  8. ^ “福島選出の吉野氏、復興相に就任 「復興命で頑張る」”. 朝日新聞. (2017年4月26日). http://www.asahi.com/articles/ASK4V34HPK4VUTFK003.html 2017年5月4日閲覧。 
  9. ^ a b “「私も被災者。発言許せない」 復興相後任の吉野氏”. 東京新聞. (2017年4月26日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017042602000247.html 2017年5月4日閲覧。 
  10. ^ “<福島第1原発>東電の免責求める 自民・吉野氏”. 毎日新聞. (2011年4月29日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110430k0000m010036000c.html 2011年4月29日閲覧。 
  11. ^ 吉野正芳・自民党衆議院議員インタビュー――違法伐採防止にグリーン調達ガイドライン策定――木材流通の各段階で事業者の自己証明を徹底
  12. ^ a b c d e “2012衆院選 中国ブロック 自由民主党 吉野 正芳”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_hirei_meikan.html?mid=D09001019019 2017年5月4日閲覧。 
  13. ^ a b c d “2014衆院選 福島5区 吉野 正芳”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A07005003003&st=tk 2017年5月4日閲覧。 
  14. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  15. ^ “今村氏発言「許せない」=吉野復興相が就任会見”. 時事通信. (2017年4月26日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042600922&g=eqa 2017年4月26日閲覧。 
  16. ^ “吉野復興相、所信で「原発事故」触れず「反省している」”. 朝日新聞. (2017年4月27日). http://www.asahi.com/articles/ASK4X5F02K4XULZU00K.html 2017年5月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
今村雅弘
日本の旗 衆議院東日本大震災復興特別委員長
第8代:2016年 - 2017年
次代:
鈴木俊一
先代:
森英介
日本の旗 衆議院原子力問題調査特別委員長
2014年 - 2016年
次代:
三原朝彦
先代:
横光克彦
日本の旗 衆議院環境委員長
2012年 - 2013年
次代:
伊藤信太郎
公職
先代:
今村雅弘
日本の旗 復興大臣
第7・8代:2017年 -
次代:
(現職)
先代:
桜井郁三
日本の旗 環境副大臣
2008年 - 2009年
次代:
田島一成
先代:
小泉顕雄下村博文
日本の旗 文部科学大臣政務官
有村治子と共同

2005年 - 2006年
次代:
水落敏栄小渕優子