関芳弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 関 芳弘
生年月日 1965年6月7日(51歳)
出身地 徳島県小松島市
出身校 関西学院大学経済学部
前職 銀行員
所属委員会 経済産業委員会
世襲
選出選挙区 兵庫3区
当選回数 3回
所属党派 自由民主党細田派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館603号室
ウェブサイト 衆議院議員 関芳弘
テンプレートを表示

関 芳弘(せき よしひろ、1965年6月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、経済産業大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、現在環境副大臣第3次安倍第2次改造内閣)。

経歴[編集]

徳島県立城ノ内高等学校を卒業後、関西学院大学経済学部に進学。卒業後は住友銀行(現三井住友銀行)に就職。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙自由民主党公認で兵庫3区から出馬、民主党土肥隆一を破り初当選。

2008年2月7日町村派に入会[要出典]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に自民党から出馬。公明党の推薦も受けたが次点[1]

2011年10月、イギリスMBA国立ウェールズ大学大学院入学[要出典]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し2選。

2013年1月、自民党副幹事長に就任。

2014年9月、経済産業大臣政務官に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し3選。

2015年11月 イギリスMBA国立ウェールズ大学大学院修了MBA取得

2016年8月、環境副大臣に就任[2]

政策[編集]


所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  2. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  3. ^ a b c d “2012衆院選 兵庫3区 関芳弘”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A28003001001 2014年4月26日閲覧。 
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  5. ^ [1]
  6. ^ 関よしひろブログ
  7. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
井上信治平口洋
日本の旗 環境副大臣
関芳弘と共同
2016年 -
次代:
現職