関芳弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
関 芳弘
せき よしひろ
生年月日 (1965-06-07) 1965年6月7日(54歳)
出生地 徳島県小松島市
出身校
前職 銀行員
現職 経済産業副大臣
衆議院議員
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト 衆議院議員 関芳弘

選挙区 兵庫3区
当選回数 4回
在任期間 2005年9月11日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

関 芳弘(せき よしひろ、1965年6月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、経済産業副大臣環境副大臣第3次安倍第2次改造内閣)、経済産業大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)を歴任。

経歴[編集]

徳島県立城ノ内高等学校を卒業後、関西学院大学経済学部に進学。卒業後は住友銀行(現三井住友銀行)に就職。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙自由民主党公認で兵庫3区から出馬、民主党土肥隆一を破り初当選。

2008年2月7日町村派に入会[要出典]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に自民党から出馬。公明党の推薦も受けたが次点[1]

2011年10月、イギリスMBA国立ウェールズ大学大学院入学[要出典]。ウエールズ大学MBAに関しては「世界一小さい新聞」に「イギリスの大学の認定を受けた日本の一企業が経営する、文部科学省無認可教育機関のMBA発行学校です」とある。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し2選。

2013年1月、自民党副幹事長に就任。

2014年9月、経済産業大臣政務官に就任。同年12月14日第47回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し3選。

2015年11月[イギリスMBA国立ウェールズ大学大学院修了MBA取得。

2016年8月、環境副大臣に就任[2]。2017年10月22日第48回衆議院議員総選挙で自民党から出馬し4選。

第7回アフリカ開発会議(2019年8月)へ経済産業副大臣関芳弘とスウィフト・エックスアイ株式会社の最高戦略責任者ニック・バルア博士

2019年9月、自民党内閣第二部会長沖縄北方対策科学技術宇宙政策クールジャパンIT関連、原子力防災経済財政政策金融金融庁関係を除く)、デフレ脱却、マイナンバー規制改革地方創生地方分権行革人事院人事などに関する政策)に就任。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  2. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  3. ^ a b c d “2012衆院選 兵庫3区 関芳弘”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A28003001001 2014年4月26日閲覧。 
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  5. ^ [1]
  6. ^ 関よしひろブログ
  7. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
西銘恒三郎
武藤容治
日本の旗 経済産業副大臣
磯崎仁彦と共同
2018年 -2019年
次代:
牧原秀樹
松本洋平
先代:
井上信治
平口洋
日本の旗 環境副大臣
伊藤忠彦と共同
2016年 - 2017年
次代:
伊藤忠彦
渡嘉敷奈緒美
先代:
田中良生
磯崎仁彦
日本の旗 経済産業大臣政務官
岩井茂樹と共同
2014年 - 2015年
次代:
北村経夫
星野剛士