石井登志郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 登志郎
いしい としろう
兵庫県西宮市 市長 石井登志郎.JPG
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1971-05-29) 1971年5月29日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県芦屋市
出身校 慶應義塾大学総合政策学部
ペンシルベニア大学大学院
前職 神戸製鋼所従業員
鈴木寛参議院議員政策担当秘書
所属政党民主党→)
民進党→)
無所属
称号 公共政策学修士
親族 伯父(養父)・石井一(元自治大臣
伯父・石井一二(元参議院議員
兄・石井健一郎兵庫県議会議員)
公式サイト 石井としろう 西宮市長 - 開かれた西宮市政へ 石井登志郎

当選回数 2回
在任期間 2018年4月15日 - 現職

選挙区 兵庫7区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月30日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

石井 登志郎(いしい としろう、1971年昭和46年〉5月29日[1] - )は、日本政治家兵庫県西宮市長(第14代)。元衆議院議員(1期)。

自治大臣国家公安委員会委員長国土庁長官民主党副代表、衆議院議員参議院議員等を歴任した石井一は伯父で、後に養子縁組した[2]。また、元参議院議員石井一二も伯父。兵庫県議会議員の石井健一郎は兄。

来歴[編集]

兵庫県芦屋市生まれ[2]。世田谷区立船橋小学校、早稲田中学校・高等学校卒業[3]。1990年、慶應義塾大学総合政策学部に入学する際に石井一の養子となる[4]1994年3月、同大学卒業。同年4月、神戸製鋼所に就職[5]アメリカ合衆国ペンシルベニア大学大学院に留学。1999年5月、同大学院の公共政策学修士号を取得[3][2]。帰国後は日本総合研究所副主任研究員[6]を経て、2001年7月に鈴木寛参議院議員政策担当秘書となった。

2005年8月、民主党兵庫7区に石井を擁立する方針を決定[7]。前回総選挙まで、民主党は兵庫7区に候補を擁立せず、社会民主党土井たか子を推薦してきたが、2003年第43回衆議院議員総選挙での土井の敗北を理由に民主党は選挙協力を打ち切った[7]第44回衆議院議員総選挙では、前回総選挙で土井を破った自由民主党前職の大前繁雄が当選し、石井は次点で落選した[8]。なおこの選挙では、兵庫1区で12期目の当選を期した伯父(養父)の石井一も、自民党大勝の煽りを受けて落選した[9]

2009年第45回衆議院議員総選挙に再び兵庫7区から民主党公認で出馬し、前回敗れた自民党の大前を8万票超の大差で破り、初当選した[10]

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[11]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では馬淵澄夫の推薦人に名を連ねた[12]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、民主党公認で兵庫7区から出馬したが、自民党新人の山田賢司みんなの党新人の畠中光成比例復活)に敗れ、比例復活もならず落選した[13]2014年第47回衆議院議員総選挙でも民主党公認で兵庫7区から出馬したが、再び自民党の山田に敗れ、落選した[14]2016年5月、民進党を離党した[2]

2018年4月、西宮市長選挙に無所属で立候補し、次点の候補に108票差で競り勝ち当選した[15]。前任の今村岳司が任期をわずかに残して辞職していたため、投票日の4月15日付で西宮市長に就任し[16]、翌々日の4月17日に西宮市役所に初登庁した[17]

2018年西宮市長選挙[編集]

2017年7月、翌年に予定されていた西宮市長選挙への立候補の意向が報じられ[2]、同年10月28日に記者会見を開いて正式に出馬の意向を表明した[18]

2018年1月4日今村岳司西宮市長が仕事始め式で次期市長選への不出馬に伴う退任を表明し、その真意を尋ねた読売新聞の記者に暴言を吐いた[19]。今村の暴言を受け、西宮市議会は2月6日の議会運営委員会で今村の退職金を減額する条例案を、同月20日開会の市議会定例会に提出する方針を決定した[20]。今村はこの動きを受けるように2月19日に翌20日付で辞職願を提出したが、辞職の理由は明確にせず、辞職願も市職員を通じて市議会議長に提出された[21]。西宮市議会は2月20日、全会一致で市長の辞職に同意し、今村は同日付で辞職した[22]

今村の辞職を受け、西宮市長選は予定よりも1週間、前倒しで実施されることとなった[23]。4月8日、市長選挙告示。石井の他、西宮市選出の兵庫県議会議員だった吉岡政和(自由民主党公明党推薦)[注 1]、元副市長の本井敏雄(元西宮市長の河野昌弘、前神戸市長の矢田立郎が支援)、元加西市長の中川暢三ら6人が立候補した[26]。与党推薦の吉岡は、選挙戦終盤の4月13日大阪府を訪れていた安倍晋三首相からも激励を受け、自身のTwitterにツーショット写真を掲載して政権への近さをアピールした[27]。4月15日、市長選挙投開票。「オール西宮」をスローガンに掲げ、今村前市長の辞職の際に問題になった市長退職金の廃止等を公約した石井が次点の吉岡を108票の僅差で破り、当選した[28][29][30]

※当日有権者数:388,123人 最終投票率:37.52%(前回比:+1.11pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
石井登志郎46無所属37,831票26.49%
吉岡政和43無所属37,723票26.41%(推薦)自由民主党公明党
本井敏雄67無所属27,589票19.32%
上田幸子70無所属19,692票13.79%(推薦)日本共産党
村上博57無所属14,286票10.00%
中川暢三62無所属5,705票3.99%

2022年西宮市長選挙[編集]

2021年11月29日、石井は再選出馬を表明[31]。同年12月23日、日本維新の会の兵庫県議会議員の増山誠が同党公認で市長選挙に立候補する意向を正式に表明した[32]。2022年2月下旬、西宮市議会の自民系会派「政新会」は「維新の候補は応援できない」として石井を有志で応援する方針を決めた[33]。同年2月28日、「政新会」所属の田中正剛と川村与志人は「会派の方針に納得できない」「新年度当初予算案に反対した」などの理由から、会派を3月1日付で離脱する方針を明らかにした。また、前回選に立候補した元県議の吉岡政和を擁立する準備を進めていることも明らかにした[34]。3月1日、「政新会」所属の上谷幸美、吉井竜二も会派を離脱。田中、川村、上谷、吉井の4人は新会派「政嵐会」を結成した。3月10日、吉岡は「政嵐会」の意向をくみ、立候補する意向を固めた[35]。3月11日、吉岡は正式に出馬表明[36]

2022年3月27日、市長選挙の投開票。石井は増山と吉岡を破り、再選[37]。同日に行われた市議会議員の補欠選挙(定数2)は、自民党公認の坂本龍佑と、任期中に死去した宮本一成の妻の宮本恵子が初当選した。日本維新の会が擁立した元職の浜口仁士と新人の森健人は候補者6人中3、4位に沈み、共倒れした[38]

※当日有権者数:392,625人 最終投票率:41.28%(前回比:+3.76pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
石井登志郎50無所属88,572票55.42%(支持)自由民主党
増山誠43日本維新の会49,158票30.76%
吉岡政和47無所属22,096票13.83%

政策[編集]

  • 退職金の廃止を公約とし2018年4月の市長選で初当選した石井は、同年6月の市議会に廃止の条例案を提案。しかし市議会の審議で「議論が拙速」とされ、いったん議案を取り下げた。2019年9月の市議会に退職金を不支給とする条例案を再提出。9月12日、総務常任委員会は同条例案を承認した。石井は議会に対し「行政改革を進めていく。身を切ることが目的ではない」と理解を求めた[39]
  • 2019年11月21日、平田オリザを政策アドバイザーに選任した[40]
  • 2020年5月22日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の給与を6月から2021年3月まで15%減額する条例改正案を市議会臨時会に提出した。病院事業管理者を除く常勤特別職についても5~15%減額する[41]
  • 同年8月下旬、新型コロナウイルス感染症対策に役立ててほしいと市民らから寄せられた「新型コロナ対策みやっこ元気寄付金」を活用し、低所得世帯の子どもの学習支援として1人当たり5,000円を給付する方針を明らかにした。9月補正予算案に関連経費2,498万7,000円を計上する[42]
  • 同年9月10日から11日にかけて開かれた市議会常任委員会で、性的少数者LGBTなど)のカップルを婚姻に準ずる関係と認める「パートナーシップ宣誓証明制度」(仮称)を2021年4月に始める方針を固めたと報告した[43]。同制度は予定通り2021年4月1日に導入された[44][45]
  • 同年10月28日、リゾート施設「リゾ鳴尾浜」を11月末で営業終了すると発表した。新型コロナウイルスの影響による臨時休業や利用者減により、今後の収支改善は見込めないと判断。西宮市と阪神電鉄などが出資し、リゾ鳴尾浜を経営する第三セクター「鳴尾ウオーターワールド」は12月下旬に解散し、精算手続きに移行する予定[46]

主張[編集]

人物[編集]

著作[編集]

  • 『古典に学ぶ民主主義の処方箋―民主主義の歴史からネット時代を見据える』游学社、2016年6月9日。ISBN 978-4904827390 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年7月11日、虚偽公文書作成・同行使容疑で刑事告発を受けた野々村竜太郎県議が辞職[24]。同年11月21日、大前春代県議が衆院選に立候補し自動失職[25]。両人の辞職に伴う補選が2015年1月25日に行われ、前市議の吉岡政和が自民党公認で立候補し初当選した。

出典[編集]

  1. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、306頁。
  2. ^ a b c d e “西宮市長選 元衆院議員石井氏が立候補へ”. 神戸新聞. (2017年7月5日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201707/0010342401.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  3. ^ a b c プロフィール - 石井としろう 西宮市長
  4. ^ 第6回 民主党 石井登志郎 衆議院議員”. みわちゃんねる突撃永田町!! (2011年11月9日). 2019年6月13日閲覧。
  5. ^ 市長プロフィール|西宮市ホームページ
  6. ^ a b “〈政権選択 ひょうご 09夏・総選挙〉候補者の横顔:中 兵庫4区~7区”. 朝日新聞. (2009年8月21日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908240310.html 2018年4月21日閲覧。 
  7. ^ a b “土井氏に民主が「対抗馬」 兵庫7区、選挙協力打ち切り”. 朝日新聞. (2005年8月11日). https://www.asahi.com/special/senkyo2005/TKY200508110386.html 2018年4月21日閲覧。 
  8. ^ “小選挙区 兵庫:開票結果:総選挙2005”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya28.htm#k07 2018年4月21日閲覧。 
  9. ^ “小選挙区 兵庫:開票結果:総選挙2005”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya28.htm#k01 2018年4月21日閲覧。 
  10. ^ “兵庫 小選挙区:総選挙2009”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya28.htm#k007 2018年4月21日閲覧。 
  11. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  12. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  13. ^ “2012衆院選 兵庫7区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A28007 2018年4月21日閲覧。 
  14. ^ “2014衆院選 兵庫”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A28007&st=tk#007 2018年4月21日閲覧。 
  15. ^ “暴言辞職の西宮市長選、108票差で石井氏が初当選”. 朝日新聞. (2018年4月16日). https://www.asahi.com/articles/ASL4B4DVNL4BPIHB00X.html 2018年4月21日閲覧。 
  16. ^ “西宮市長選、初当選石井氏が会見 市長ホットライン新設”. 神戸新聞. (2018年4月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011170555.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  17. ^ “「市民の前へ出て行く」 西宮市・石井新市長が初登庁”. 神戸新聞. (2018年4月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011172112.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  18. ^ “西宮市長選 石井登志郎氏が立候補表明”. 神戸新聞. (2017年10月28日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201710/0010685612.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  19. ^ “西宮市長、仕事始めで退任表明 記者に「殺すぞ」発言も”. 朝日新聞. (2018年1月4日). https://www.asahi.com/articles/ASL143F4JL14PIHB006.html 2018年4月21日閲覧。 
  20. ^ “西宮市長の退職金減額、提案へ 市会、暴言問題で”. 神戸新聞. (2018年2月6日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0010962920.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  21. ^ “退職金減額案に反発か 暴言の今村・西宮市長が退任願”. 神戸新聞. (2018年2月19日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0010999777.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  22. ^ “暴言・西宮市長の辞職、市議会が同意 市長は姿見せず”. 朝日新聞. (2018年1月4日). https://www.asahi.com/articles/ASL2M76ZPL2MPIHB02Y.html 2018年4月21日閲覧。 
  23. ^ “「殺すぞ!」発言の前市長の辞職で西宮市長選、1週間前倒し”. 産経新聞. (2018年2月25日). https://www.sankei.com/article/20180225-F3DNC7LB5RMCTEJMXAZ5W24OBY/ 2018年4月21日閲覧。 
  24. ^ “野々村県議が辞職 兵庫県議会、虚偽公文書作成容疑で告発”. 日本経済新聞. (2014年7月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1103N_R10C14A7CC1000/ 2021年4月27日閲覧。 
  25. ^ “【候補者に聞く】大前春代氏 政権保身の選挙に疑義”. 神戸新聞. (2014年12月5日). https://www.kobe-np.co.jp/news/senkyo/2014/shuuin/7ku/news/201412/0007558242.shtml 2021年4月27日閲覧。 
  26. ^ “西宮市長選:新人6氏が届け出 投開票15日”. 毎日新聞. (2018年4月9日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20180409/k00/00m/010/029000c 2018年4月21日閲覧。 
  27. ^ “【西宮市長選】自公推薦候補「まさか」の敗戦…県内に動揺”. 産経新聞. (2017年4月17日). https://www.sankei.com/article/20180417-F5YIKI6EOVJBLFYG2GOAHADCR4/ 2018年4月17日閲覧。 
  28. ^ “市長退職金「多すぎ」 西宮・新市長の石井氏、廃止提案へ”. 神戸新聞. (2018年4月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011169298.shtml 2018年4月21日閲覧。 
  29. ^ “西宮市長に元衆院議員石井氏 自公推薦候補ら破る”. 神戸新聞. (2018年4月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201804/0011168591.shtml 2018年4月16日閲覧。 
  30. ^ “西宮市長選 各候補が具体施策訴え”. 神戸新聞. (2018年4月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201804/0011149308.shtml 2018年4月16日閲覧。 
  31. ^ “現職の石井登志郎市長が立候補表明 来年3月の西宮市長選挙”. サンテレビ. (2021年11月29日). https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2021/11/29/45938/ 2022年3月29日閲覧。 
  32. ^ 山岸洋介 (2021年12月24日). “「給食費段階的に無償化」西宮市長選、維新県議の増山氏立候補表明”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202112/0014938781.shtml 2022年3月29日閲覧。 
  33. ^ 真常法彦、久保田侑暉、高井里佳子 (2022年3月19日). “大阪府外初の首長狙う維新、迎え撃つ自民は分裂 西宮市長選は混戦か”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASQ3M5H5QQ3HPIHB01Y.html 2022年3月29日閲覧。 
  34. ^ 山岸洋介 (2022年2月28日). “西宮市長選 自民系市議が新たな候補擁立検討 会派方針に不満、離脱へ”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202202/0015098918.shtml 2022年3月29日閲覧。 
  35. ^ 山岸洋介 (2022年3月10日). “西宮市長選 元県議・吉岡氏が立候補へ 保守系新会派が擁立、自民は現職支援”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202203/0015124967.shtml 2022年3月29日閲覧。 
  36. ^ “西宮市長選に元兵庫県議の吉岡氏が立候補を表明”. サンテレビ. (2022年3月11日). https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2022/03/11/50120/ 2022年3月29日閲覧。 
  37. ^ 開票結果 西宮市ホームページ
  38. ^ 山岸洋介 (2022年3月28日). “維新全敗に幹部「ショックだ」 西宮市長選4万票差で大敗、市議補選も6人中3、4位に沈む”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202203/0015173472.shtml 2022年3月29日閲覧。 
  39. ^ 初鹿野俊 (2019年9月12日). “西宮市長の退職金ゼロへ 市会委が条例案を承認”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201909/0012693758.shtml 2019年9月13日閲覧。 
  40. ^ 平田オリザさんが西宮市の政策アドバイザーに就任しました|西宮市ホームページ
  41. ^ “西宮市長給与と市議報酬を15%減額 /兵庫”. 毎日新聞. (2020年5月16日). https://mainichi.jp/articles/20200516/ddl/k28/010/313000c 2020年5月21日閲覧。 
  42. ^ 中川恵 (2020年8月25日). “西宮市、学習支援で5千円給付へ コロナ対策寄付金活用”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202008/0013632550.shtml 2020年8月25日閲覧。 
  43. ^ “パートナーシップ宣誓制度 西宮市も来春導入へ”. 神戸新聞. (2020年9月15日). https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/202009/0013695414.shtml 2020年9月23日閲覧。 
  44. ^ 西宮市パートナーシップ宣誓証明制度|西宮市ホームページ
  45. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “「パートナーシップ制度」導入が100自治体に 性的少数者の支援に広がり”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/95171 2021年4月1日閲覧。 
  46. ^ 大田将之、中川恵 (2020年11月10日). “「リゾ鳴尾浜」営業終了へ 新型コロナが追い打ち”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/pickup/202010/13819187 2020年11月10日閲覧。 
  47. ^ a b OPEN! 西宮 質問お答えシリーズ1 憲法改正に関する議論について | 石井としろう 西宮市長” (日本語). 石井としろう 西宮市長. 2022年9月10日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n “2014衆院選 兵庫7区 石井登志郎”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A28007005005&st=tk 2018年4月21日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代
今村岳司
西宮市旗 兵庫県西宮市長
2018年 -
次代
­ 現職