下地幹郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下地 幹郎
しもじ みきお
Mikio Shimoji.jpg
生年月日 (1961-08-14) 1961年8月14日(58歳)
出生地 琉球政府平良市
(現日本の旗 日本沖縄県 宮古島市
出身校 中央学院大学商学部商学科卒業
前職 大米建設役員
現職 衆議院議員
所属政党自由民主党橋本派)→)
無所属→)
政党そうぞう[注 1]→)
国民新党[注 2]→)
(政党そうぞう→)
(無所属→)
維新の党[注 3]→)
(おおさか維新の会[注 3]→)
日本維新の会[注 3]→)
無所属/政党そうぞう
称号 商学士
親族 父、下地米一(元平良市長)
公式サイト 下地ミキオ オフィシャルサイト

内閣 野田第3次改造内閣
在任期間 2012年10月1日 - 2012年12月26日

選挙区比例九州ブロック→)
沖縄1区→)
比例九州ブロック
当選回数 6回
在任期間 1996年10月21日 - 2003年10月10日
2005年9月12日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 現職
テンプレートを表示

下地 幹郎(しもじ みきお、1961年8月14日 - )は、日本政治家衆議院議員(6期)、政党そうぞう代表

沖縄開発政務次官小渕内閣小渕第1次改造内閣)、経済産業大臣政務官第1次小泉内閣)、内閣府特命担当大臣(防災)郵政民営化担当大臣野田第3次改造内閣)、国民新党国会対策委員長(第3代)、同政務調査会長(第3代)、同選挙対策本部長(初代)、同幹事長(第3代)兼代表代行、日本維新の会非常任役員、同国会議員団政務調査会長、同国会議員団副代表兼選対本部長等を歴任。

父は沖縄県で國場組に次ぐ規模の大手ゼネコン・大米建設の創業者であり、元沖縄県平良市長の下地米一。兄は大米建設や南西海運社長を務める下地米蔵[1]

来歴[編集]

1961年8月14日平良市(現沖縄県宮古島市)生まれ。沖縄県立宮古高等学校中央学院大学商学部商学科卒業。大学卒業後、父が創業した株式会社宮古交通(1988年に株式会社大米建設に社名変更)に入社。また、沖縄県内でカレーの専門店を出店した[2]1991年より大米建設副社長[3]

衆議院議員に出馬[編集]

1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で沖縄1区から立候補し、選挙区では新進党(旧公明党系)の白保台一日本共産党古堅実吉の後塵を拝したが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選した。当選後、平成研究会に入会[要出典]小渕内閣沖縄開発政務次官に任命され、小渕第1次改造内閣まで務める。

2000年第42回衆議院議員総選挙では、自公の選挙協力により党総務局長の鈴木から比例単独での立候補を求められ[要出典]比例九州ブロックから立候補し再選。沖縄1区では、公明党から立候補した白保が当選した。2002年第1次小泉内閣経済産業大臣政務官に任命される。

2003年第43回衆議院議員総選挙では自公間の選挙協力が不調に終わり[要出典]、自民党に党籍を残したまま沖縄1区から無所属で立候補したが、自民党・保守新党が推薦する公明党の白保に敗れ、落選。

その後普天間飛行場の移設をめぐり、自民党が推し進める名護市辺野古への移設に反対して嘉手納飛行場への統合案を提唱した。2004年第20回参議院議員通常選挙で自民党の対立候補を支援するなどしたため離党勧告を受け[4]、翌2005年に自民党を離党[5]

自民党離党後~国民新党[編集]

2005年の第44回衆議院議員総選挙では民主党の推薦を受け、沖縄1区から無所属で立候補。公明党の白保を破り2年ぶりに国政に復帰した。同年12月、政党そうぞうを設立し、代表に就任。

2007年5月、衆議院院内会派「国民新党・無所属の会」に入会[要出典]。下地の入会により[要出典]、会派の名称が「国民新党・そうぞう・無所属の会」に改められた。翌2008年8月、そうぞう代表を沖縄県議会議員當間盛夫に譲り、顧問に就任。9月にそうぞうを離党し、国民新党に入党。党政策審議会長代行に就任した。2009年9月、政策審議会長であった自見庄三郎の党幹事長就任に伴い、政策審議会長(後に政務調査会長に改称)に就任。また糸川正晃の離党(民主党入党)に伴い、国会対策委員長も兼務する。2010年2月、同年7月の第22回参議院議員通常選挙に向け党選挙対策本部長に就任し、政調会長を辞任した(後任は森田高参議院議員)。2010年6月、自見幹事長の菅内閣への入閣に伴い、後任の国民新党幹事長に就任。

2012年、国民新党代表の亀井静香消費税増税関連法案の閣議決定に反対して民国連立政権から離脱を表明したが、野田内閣の一員であった自見庄三郎や下地ら6人は連立離脱に反対。亀井静香、亀井亜紀子政調会長を除く党所属議員6人で議員総会を開き、亀井静香、亀井亜紀子を党役職から解任[6]。党幹事長であった下地が民主党幹事長輿石東に対し、国民新党が引き続き連立与党に残留する意向を表明した。2012年4月、国民新党代表代行も兼務する。同年8月11日沖縄県那覇市記者会見を開き、政党そうぞう代表への就任を発表した。一方、次期衆議院議員総選挙には引き続き国民新党公認で立候補する考えを表明[7]。同年10月1日、野田第3次改造内閣内閣府特命担当大臣(防災)及び郵政民営化担当大臣に任命され、国民新党幹事長のまま初入閣した。

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、沖縄1区で自民党新人の國場幸之助に敗れ、落選した。2013年2月22日、自民党復党を模索する自見庄三郎代表の方針に反発し、国民新党を離党[8]

県知事選出馬、維新との連携[編集]

2013年5月、政党そうぞうの代表として辺野古への基地移設推進などの政策協定を大阪維新の会と締結し、従来の辺野古移設反対の主張を封印した[9]

2014年6月28日、那覇市内のホテルで支持者2千人を集めた会合を開き、同年11月の沖縄県知事選挙への出馬を検討していることが報じられた[10]

同年7月25日、政党そうぞうの拡大役員会で代表を辞任、離党したうえで無所属で沖縄県知事選挙へ出馬する方針を表明、受理され、31日正式に出馬発表を行った。そうぞうの党運営については、当面の間代表代行の當間盛夫が代表を務める[11]。投開票の結果、得票数3位で落選。供託金も没収された。

その直後の2014年12月14日に行われた第47回衆議院議員総選挙では、政党そうぞうや維新の党沖縄県総支部から出馬要請を受け、維新の党公認で沖縄1区から立候補 [12][13]。赤嶺、國場の後塵を拝したが、比例九州ブロックで復活し、2年振りに国政に復帰した。なお、同選挙で沖縄県内の4つの小選挙区で立候補した候補者は9人全員が当選した[14]

2015年4月、政党そうぞうに所属する県議および市町村議員を離党させ維新の党に入党させた上で、政党そうぞうの代表に復帰した[15]。同年秋の維新の党の分裂騒動では大阪側議員に同調し、そうぞう系議員らと共に維新の党を離党し新党おおさか維新の会を結成。下地は国会議員団政調会長に就任した[16]

2017年10月22日に行われた第48回衆議院議員総選挙では、日本維新の会公認で沖縄1区から立候補。再び選挙区では落選したが、比例九州ブロックで復活した[17]。この選挙において末尾465番目での当選だった。2019年1月22日に党国会議員団副代表と選対本部長に就任した[18][19]

カジノIR収賄問題、維新から除名処分[編集]

2019年12月末にIR担当の内閣府副大臣だった秋元司衆議院議員が統合型リゾート(IR)参入を目指す中国企業関係者500ドットコムから現金を受け取ったとして収賄の疑いで中国企業関係者らと共に逮捕されると、2020年1月3日には下地を含む5人の衆議院議員が秋元と同様に中国企業関係者から現金を受け取った疑いがあると報じられた[20]。下地は2020年1月6日に記者会見を行い、逮捕された中国企業関係者とは2017年の2月から8月にかけて3回面会していた[21]ほか、前回の衆院選中の2017年10月15日頃に事務所職員が同容疑者から100万円の入った封筒を受け取っていたが政治資金収支報告書に記載していなかったことを明かした[22]。翌7日、党に離党届を提出したが[23]、日本維新の会は同月8日の党紀委員会で離党届を受理せず除名処分とした上で議員辞職を勧告した[24][25]。18日、議員辞職をせず、無所属で活動を続けることを表明した[26]

政策・主張[編集]

発言[編集]

  • 2010年3月1日の衆議院予算委員会の質疑において、普天間飛行場の移設先について鳩山由紀夫首相が5月末までに移設候補地を決定できない場合、議員辞職する意向を表明し、問題の解決を訴えた[33]
  • 2010年10月20日外務大臣前原誠司が同月27日の日米外相会談の席上、アメリカ合衆国国務長官ヒラリー・クリントンに対し、尖閣諸島日米安全保障条約第5条の適用対象であるかを確認したこと(クリントンは適用の対象であると発言)などを理由に中国が日中首脳会談を拒否したこと[34]について、「日中関係に日米関係を持ち込むからおかしくなる」「前原氏はもう外相を辞めた方がいいのではないか」などと発言した[35]
  • 2019年2月25日、辺野古基地に関する沖縄県民投票では埋め立て「反対」が43万4273票で72%以上を占めたが、この結果について自身のツイッターで「投票に行かなかった55万余の県民を加えれば、『反対』は43万人超、『反対以外』が計71万人との結果になりました」と持論を展開。この下地のツイートはツイッター上で「#ミキオ算」と命名され、論争となった。自民党会派の山川典二県議も同様に、米軍基地の整理・縮小などの賛否を聞いた1996年の県民投票では賛成が有権者全体の半数を超えたことを踏まえ、「今回の反対は全有権者の38%しかない。十分な民意だと言えるのか」と県議会で質問するなど、県民投票の結果に疑義を唱えた。一方、ジャーナリスト今井一は「参加しなかった人の意思まで反映されることになれば、民主主義は成り立たない」と指摘。また慶応大経済学部の坂井豊貴教授(社会的選択理論)も「投票しなかったということは結果に任せるということ。全有権者数を分母に考えても意味がない」と指摘した[36][37][38][39]

人物[編集]

  • 当選同期でもある菅義偉内閣官房長官とは下地が自民党を離れてからも親交があり、お互いを「しもちゃん」「すがちゃん」と呼び合う仲[40]。2019年6月に行われた1996年初当選の自民党国会議員の同期会にも下地は出席し、野党議員では唯一の出席者だった[41]
  • 沖縄県選出の議員としては唯一靖国神社に参拝している。大臣在任中も参拝を行った[42][43]

政治資金問題[編集]

  • 1998年~2000年に鈴木宗男資金管理団体から500万円の資金を受け取っている[44]
  • 2010年、下地は金融会社を経営する社長に対し、「パーティ券を購入してほしい」と依頼し、社長はパーティ券を購入し、下地は金額は一律20万円の7枚、合計140万円の領収書を受け取った[45]政治資金規正法では、パーティで1人につき20万円以上の金額を集めた場合、その個人名を政治資金収支報告書に記載しなければならないと義務づけているにもかかわらず、下地はこれを記載していない[45]。さらに下地は2012年には、同社長に「改正郵政民営化法が成立すれば、ゆうちょ銀行の資産500億円の運用を任せられる」という話を持ちかけたと報道された[45]
  • 2011年、日本維新の会平沼赳夫からパーティー券購入の形で資金を受け取っていた[46]
  • 2011年、党本部から1000万円を超える政党助成金を受け取っている[47]
  • 2014年の衆議院選挙前に、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設工事を受注した業者が下地に対し寄付を行っていたと報じられている[48]。国と契約を結ぶ業者からの国政選挙に関する寄付は、公職選挙法で禁止(特定寄付の禁止)されている[48]
  • 2017年10月、衆院選期間中に中国のカジノ関連企業500ドットコム顧問から100万円を受け取り、領収書もなく収支報告書にも記載していなかった[49]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『ひとり立ちしよう日本人―行動派新代議士日本を語る』下地ミキオ後援会事務所、1999年9月、ISBN 4900374237
  • 『琉球の心で真っ向勝負―新嘉手納統合プランの真実』日本法制学会、2003年7月、ISBN 4931147259
  • 『主役は沖縄 沖縄が決める』下地ミキオ後援会、2006年11月、ISBN 4900374717
  • 『解決 --沖縄のミッション 米軍基地過重負担の漸進的軽減』日本評論社 、2012年4月、ISBN 4535586268
  • 『サトウキビ畑から来た大臣 : 郵政と沖縄をめぐる連立政権の三年三か月』日本評論社 、2014年10月、ISBN 4535586616

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年9月までの名称は政治団体そうぞう
  2. ^ 2012年8月以降は政党そうぞうとの二重党籍
  3. ^ a b c 政党そうぞうとの二重党籍

出典[編集]

  1. ^ 宮古出身初の大臣/下地幹郎氏”. 宮古毎日新聞 (2012年10月2日). 2016年3月11日閲覧。
  2. ^ “政治も食も「チャンプルー」が大事”. NHK政治マガジン. (2019年10月18日). https://www.nhk.or.jp/politics/salameshi/24407.html 2019年10月22日閲覧。 
  3. ^ 経済産業大臣政務官
  4. ^ “宮古出身初の大臣/下地幹郎氏”. 宮古毎日新聞. (2012年10月2日). http://www.miyakomainichi.com/2012/10/40575/ 2019年10月22日閲覧。 
  5. ^ “沖縄県知事選へ気配り? 菅官房長官、維新・下地氏の会合に出席”. 沖縄タイムス. (2018年6月8日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/264171 2019年10月22日閲覧。 
  6. ^ 亀井代表を解任 国民新党議員総会 今後は下地氏ら6人で与党活動産経ニュース 2012年4月5日
  7. ^ (日本語) 下地氏、そうぞう代表に復帰”. 時事ドットコム (2012年8月11日). 2012年8月12日閲覧。
  8. ^ 国民新・下地氏が離党届”. 日本経済新聞 (2013年2月22日). 2014年6月29日閲覧。
  9. ^ “下地氏、持論を封印 そうぞう・維新協定”. 琉球新報. (2013年5月2日). https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-206113.html 2020年2月24日閲覧。 
  10. ^ 下地幹郎氏、沖縄県知事選出馬検討認める”. 沖縄タイムス (2014年6月29日). 2014年6月29日閲覧。
  11. ^ 下地氏そうぞう離党 無所属で知事選出馬意欲”. 沖縄タイムス (2014年7月26日). 2014年8月1日閲覧。
  12. ^ “下地氏、衆院選出馬表明はへ 維新公認見通し”. 沖縄タイムス. (2014年11月23日). https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=91839 2014年12月2日閲覧。 
  13. ^ 第47回衆議院議員総選挙第2次公認候補予定者発表のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党
  14. ^ 沖縄 - 開票速報 - 2014衆院選朝日新聞デジタル
  15. ^ “そうぞう、維新に合流 沖縄県総支部、議員20人の勢力に”. 琉球新報. (2015年3月20日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-240603.html 
  16. ^ “おおさか維新国会議員団代表に片山氏正式決定 江口氏入党で衆参20人に”. 産経新聞. (2015年12月25日). http://www.sankei.com/politics/news/151224/plt1512240044-n1.html 2015年12月25日閲覧。 
  17. ^ 沖縄 - 開票速報 - 2017衆院選朝日新聞デジタル
  18. ^ 維新、国会議員団副代表に下地幹郎氏”. 産経新聞 (2019年2月1日). 2019年2月1日閲覧。
  19. ^ 維新国会議員団 副代表に下地氏/選対本部長も”. 沖縄タイムス (2019年1月23日). 2019年3月3日閲覧。
  20. ^ “【独自】「衆院5議員側に500万円」…IR汚職 中国企業側がメモ”. 読売新聞. (2020年1月3日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20200103-OYT1T50047/ 2020年1月6日閲覧。 
  21. ^ “現金の受領認めた下地氏「経緯思い出せない」 IR汚職”. 朝日新聞. (2020年1月6日). https://www.asahi.com/articles/ASN165KKMN16UTIL03G.html 2020年1月6日閲覧。 
  22. ^ “維新・下地議員、現金受領認める IR中国企業顧問から”. 朝日新聞. (2020年1月6日). https://www.asahi.com/articles/ASN163RGRN16TPOB003.html 2020年1月6日閲覧。 
  23. ^ 下地幹郎衆院議員が離党届 日本維新の会 中国企業から100万円受領問題で | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年1月7日閲覧。
  24. ^ 維新、現金受領の下地議員を除名処分 議員辞職も勧告へ - 毎日新聞 2020年1月8日
  25. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年1月8日). “維新、下地氏を除名処分 議員辞職も勧告 :イザ!” (日本語). イザ!. 2020年2月20日閲覧。
  26. ^ 社説[下地幹郎氏辞職せず]やはりけじめが必要だ | 社説” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年1月21日閲覧。
  27. ^ [1]
  28. ^ a b c d e f 2014衆院選 沖縄1区 下地幹郎
  29. ^ 2012衆院選 沖縄1区 下地 幹郎
  30. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  31. ^ 第177回国会 - 衆議院 - 予算委員会 - 11号 平成23年02月15日
  32. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  33. ^ 2010年3月1日衆議院予算委員会議事録2010年3月1日 国会会議録検索システム
  34. ^ 日中首脳会談:中国側 「日本側が雰囲気壊した」と拒否 毎日新聞 2010年10月29日
  35. ^ 国民新・下地幹事長「前原氏は外相辞めた方がいい」産経新聞 2010年10月30日
  36. ^ “アクセス:奇妙な#ミキオ算 沖縄県民投票で「反対以外」が「反対」を上回る?”. 毎日新聞. (2019年3月9日). https://mainichi.jp/articles/20190309/k00/00m/010/131000c 2020年2月24日閲覧。 
  37. ^ 沖縄県民投票は「反対は43万人超、反対以外が計71万人」 維新・下地議員がツイート”. J-CASTニュース (2019年2月25日). 2019年3月15日閲覧。
  38. ^ “ミキオ算”垂れ流し…国会もメディアもバカに乗っ取られた|それでもバカとは戦え”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2020年1月21日閲覧。
  39. ^ 沖縄県民投票、結果を捻じ曲げる下地ミキオ議員の呆れた言説とその背景” (日本語). ハーバー・ビジネス・オンライン (2019年3月7日). 2020年2月20日閲覧。
  40. ^ “下地幹郎氏、現在6期目 菅長官とは「しもちゃん」「すがちゃん」の仲 政界に幅広い人脈【IR汚職事件】”. 沖縄タイムス. (2020年1月6日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/518753 2020年1月6日閲覧。 
  41. ^ “維新・下地幹郎氏「引っ張りだこ」? 自民同期会に出席 沖縄1区に?復党?”. 琉球新報. (2019年6月19日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-939231.html 2020年1月6日閲覧。 
  42. ^ [2]朝日新聞デジタル(2012年10月18日)/2017年12月25日閲覧。
  43. ^ [3]下地内閣府特命担当大臣記者会見要旨(2012年10月19日)/2017年12月25日閲覧。
  44. ^ しんぶん赤旗 2002年3月10日
  45. ^ a b c 「下地幹郎・郵政相 ゆうちょ銀口利き、パーティ券領収書改竄 W疑惑」週刊文春、2012年10月24日
  46. ^ しんぶん赤旗 2013年1月1日
  47. ^ しんぶん赤旗 2012年10月5日
  48. ^ a b 「辺野古受注業者が寄付 衆院選前、沖縄6議員に90万円」朝日新聞、2015年12月4日。
  49. ^ 下地氏、中国企業側から100万円受領 収支報告に記載せず 「維新離党も選択肢だ」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年2月20日閲覧。
  50. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

党職
先代:
(創設)
當間盛夫
當間盛夫(代行)
政党そうぞう代表
初代:2005年 - 2008年
第3代:2012年 - 2014年
第4代:2015年 -
次代:
當間盛夫
當間盛夫(代行)
現職
先代:
(新設)
日本維新の会
国会議員団副代表

初代:2019年 - 2020年
次代:
(空席)
先代:
(新設)
おおさか維新の会→日本維新の会
非常任役員

柳ヶ瀬裕文・掘井健智・宇佐美賢一と共同
初代:2016年 - 2020年
次代:
宇佐美賢一
先代:
(結成)
おおさか維新の会→日本維新の会
国会議員団政務調査会長

初代:2015年 - 2019年
次代:
浅田均
先代:
亀井静香
国民新党代表代行
第2代:2012年
次代:
浜田和幸
先代:
自見庄三郎
国民新党幹事長
第3代:2010年 - 2012年
次代:
浜田和幸
先代:
自見庄三郎
国民新党政務調査会長
第3代:2009年 - 2010年
次代:
森田高
先代:
糸川正晃
国民新党国会対策委員長
第3代:2009年 - 2012年
次代:
中島正純
公職
先代:
中川正春
日本の旗 特命担当大臣(防災)
第19代:2012年
次代:
古屋圭司
先代:
大村秀章
西川太一郎
日本の旗 経済産業大臣政務官
西川玲子(松あきら)と共同

2002年
次代:
櫻田義孝
西川公也