佐藤錬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤 錬
さとう れん
生年月日 (1951-07-15) 1951年7月15日(66歳)
出生地 大分県宇佐市(旧院内町
出身校 明治大学法学部卒業
前職 大分県議会議員
所属政党 自由民主党

選挙区 比例九州ブロック
当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2009年

当選回数 3回
在任期間 1991年 - 2000年
テンプレートを表示

佐藤 錬(さとう れん、1951年7月15日 - )は、日本政治家自由民主党の元衆議院議員(2期)。大分県宇佐市(旧院内町)出身。

2005年の第44回衆議院議員総選挙では、郵政国会で反対票を投じた自民党前職の衛藤晟一に代わって、党執行部より自民党公認を得て大分1区より出馬。同選挙区では民主党吉良州司が当選。無所属で立候補した衛藤にも及ばず得票では3位に終わるも比例区(九州ブロック)復活当選。その後、衛藤にかわり自民党の衆議院大分県第一選挙区の支部長に就任。2006年5月脳梗塞で倒れ、2007年8月に、次期衆議院選挙について、地元・大分1区からの不出馬を表明した。日韓議員連盟所属。

経歴[編集]

その他[編集]

  • 日中国会議員書画展へ書画を提供している。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]