本多平直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本多 平直
ほんだ ひらなお
Hiranao Honda cropped 1 Hiranao Honda 201210.jpg
経済産業大臣政務官就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1964-12-02) 1964年12月2日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道札幌市厚別区
出身校 北海道大学法学部
前職 新党さきがけ政策スタッフ
枝野幸男衆議院議員政策担当秘書
現職 米山隆一衆議院議員政策担当秘書
所属政党新党さきがけ→)
民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党菅G)→)
無所属
称号 法学士1988年
配偶者 西村智奈美(衆議院議員)
公式サイト 前衆議院議員本多平直 公式サイト

日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(内政の重要政策に関する省庁間調整担当)
内閣 野田内閣
野田第1次改造内閣
野田第2次改造内閣
在任期間 2011年9月2日 - 2012年10月1日

選挙区比例北関東ブロック→)
埼玉12区→)
比例北海道ブロック北海道4区
当選回数 3回
在任期間 2004年4月21日 - 2005年8月8日
2009年8月30日 - 2012年11月16日
2017年10月25日 - 2021年7月28日
テンプレートを表示

本多 平直(ほんだ ひらなお、1964年12月2日 - )は、日本の元政治家衆議院議員政策秘書。妻は衆議院議員の西村智奈美[1]

衆議院議員(3期)、内閣総理大臣補佐官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、内閣府大臣政務官経済産業大臣政務官野田第3次改造内閣)、民主党副幹事長、立憲民主党筆頭副幹事長、同安全保障部会長、衆議院安全保障委員会理事等を務めた[2]

来歴[編集]

2011年9月5日野田内閣内閣総理大臣補佐官辞令交付後の記念撮影にて

北海道札幌市厚別区生まれ[1]北海道札幌南高等学校卒業(同級生に兼間祐二北海道銀行頭取、橋本幸国土交通省北海道局長)[1][3]北海道大学法学部へ入学し、在学中は主に政治学を学ぶ。英語を学ぶため、アメリカ合衆国の語学学校への留学。また、辻元清美らが主宰するピースボートへの参加を経験した。1988年に大学卒業[1]

1992年松下政経塾に入塾(同期に松野博一市村浩一郎秋葉賢也井戸正枝[1]

1994年新党さきがけに入党し、同党政策スタッフ[1]政策担当秘書の資格を取得後、新党さきがけ所属の枝野幸男衆議院議員の政策担当秘書を務める[1]

国会議員として[編集]

2003年田並胤明の後継で第43回衆議院議員総選挙埼玉12区から民主党公認で出馬したが、自由民主党前職の増田敏男に敗れ、落選した[1]2004年4月21日木下厚比例北関東ブロック選出)の辞職(埼玉8区補欠選挙出馬)に伴い、繰り上げ当選により初当選した[1]

2005年第44回衆議院議員総選挙では、自民党前職の小島敏男に敗れ、重複立候補していた比例北関東ブロックでの復活もできず、わずか約1年で議席を失った[1][4]。落選中、同じ民主党に所属している西村智奈美と結婚した[1]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、埼玉12区で自民党の小島を破り、4年ぶりに国政に復帰した[5]2011年野田内閣内閣総理大臣補佐官(内政の重要政策に関する省庁間調整担当)に起用され、野田第2次改造内閣まで務める[1][6]2012年野田第3次改造内閣の発足により首相補佐官を退任し、内閣府大臣政務官、及び枝野幸男経済産業大臣の下で経済産業大臣政務官に任命された[1][7]

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、埼玉12区で自民党新人の野中厚無所属森田俊和の得票数を下回り、比例復活もできず落選した[8]

2014年第47回衆議院議員総選挙では、民主党公認で埼玉12区から出馬したが、自民党前職の野中厚、次世代の党から出馬した森田俊和の得票数を下回り、再び落選した[9]

2015年8月2日、前回総選挙で埼玉12区に次世代の党から出馬して落選した森田俊和が民主党に入党して埼玉12区総支部長に就任し、本多は公認を撤回された[10]。その後、参議院に鞍替えした鉢呂吉雄に代わり北海道4区の公認候補に内定し、民進党北海道第4区総支部長に就任[1]

2017年第48回衆議院議員総選挙に際し、前原代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[11]。本多は10月1日、希望の党には参加しない意向を表明し[12][13]立憲民主党公認で北海道4区から出馬[14]。北海道4区で自民党前職の中村裕之に敗れたが、比例北海道ブロックで復活し、5年ぶりに国政に復帰した[15]2020年(新)立憲民主党に参加した。

「不適切発言」による議員辞職とその後の否定[編集]

2021年6月4日産経新聞は、立憲民主党の「性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム」において、同党の50代の衆院議員が「たとえば50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言していたと報じた[16]。同月7日、本多はこれが自身の発言だったことを認め、「おわびして撤回する。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪するコメントを発表した[17]。同日、立憲民主党幹事長の福山哲郎は本多を口頭で厳重注意した[18]。本多は翌8日にも国会内で謝罪した[19]

党執行部は当初、それ以上の処分は行わない姿勢だったが、立憲を支援する女性団体などが「性犯罪への認識が甘い」と反発したため、外部有識者の調査を経て7月13日には次期衆院選の公認の事実上取り消しにあたる党員資格1年停止の処分案を党倫理委員会に諮問した[20][21] 。しかし、党内の一部議員からは「処分が厳しすぎる」との声が上がり、津村啓介と本多の妻の西村智奈美は連名で処分の再考を求める嘆願書を党幹部らに配布。本多自身も「党内議論での発言内容を理由に処分される前例を作るべきではない」などとして21日に「承服しかねる」とする意見書を倫理委員会に提出した[22]

7月27日に本多は離党届を提出し、同日受理されたため、処分は見送りとなった[23]。同日の記者会見で、本多は議員辞職する意向を示した。本多は会見で「正確な表現や、前後の文脈は覚えていませんが、こうした発言があったとすれば、行き過ぎた極めて失礼な表現であり、心からおわびを申し上げたいと思います」と陳謝したうえで、自身が比例代表選出であることから「党を離れる以上議員を辞職する決断をした」と説明。また、「悪質な表現の切り取り、その流出、マスコミへのリーク、2人だけの会話をひそかに録音し、外部に流出させる行為。こうした行為で、党内議論が萎縮することを深刻に懸念しています」などと述べ、党の対応への不満を述べた[24]7月28日に衆議院に議員辞職願を提出し、同日付で大島理森衆議院議長により辞職が許可された[25][26]7月31日、本多は北海道4区からの立候補を断念する意向を明らかにした[27]

2022年1月、米山隆一衆議院議員の政策秘書に就任[28]

2022年5月、騒動から約1年経つのを機に、手記を文藝春秋に寄稿。問題の「『14歳と性交』発言」が党内で捏造され、外部に流出したと主張した[29]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2012年の毎日新聞社のアンケートでは回答しなかった[30]。2014年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[31]。2017年の朝日新聞社のアンケートで「反対」と回答[32]
  • 9条改憲について、2014年、2017年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[33][34]
  • 2014年7月1日、政府は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認することを閣議で決定[35]。この閣議決定を評価するかとの問いに対し、同年の朝日新聞社のアンケートで「まったく評価しない」と回答[31]。集団的自衛権の行使に賛成かとの問いに対し、同年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[33]

外交・安全保障[編集]

  • 「政府が尖閣諸島を国有化したことを評価するか」との問いに対し、2012年の毎日新聞社のアンケートで「評価する」と回答[30]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し論議について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきでない」と回答[33]

その他[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートで「賛成」と回答[32]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「賛成」と回答[32]
  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2014年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[33]
  • 首相の靖国神社参拝について、2014年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[31]。2017年のアンケートで「反対」と回答[32]
  • アベノミクスについて、2014年、2017年の毎日新聞社のアンケートで「評価しない」と回答[33][34]
  • ドナルド・トランプ大統領を信頼できるか」との問いに対し、2017年の毎日新聞社のアンケートで「信頼できない」と回答[34]

エピソード[編集]

  • 国会でのやじが多い議員とされる。本多は自身のやじに関する取材において「あまり自慢することではない」としながらも、「明らかにおかしいことがあったときに、声をあげるというのは野党の国会議員として、一つの方法だと思っている」などと主張している[37]

所属団体・議員連盟[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 38 埼玉12区 民主党 7万5439票 40.68% 1 2/3 2/8
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 40 埼玉12区 民主党 8万4705票 36.55% 1 2/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 44 埼玉12区 民主党 13万8727票 57.15% 1 1/3 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 48 埼玉12区 民主党 3万6500票 17.69% 1 3/6 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 50 埼玉12区 民主党 4万1407票 22.06% 1 3/4 /
比当 第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 52 北海道4区 旧立憲民主党 9万619票 39.99% 1 2/3 3/3

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n ホンダ平直プロフィール│立憲民主党・衆議院議員本多平直 公式サイト
  2. ^ 本多平直君_衆議院”. www.shugiin.go.jp. 2021年6月8日閲覧。
  3. ^ 話題の人2021年北海道銀行新頭取・兼間祐二「若手、女性がより輝ける金融機関に」財界さっぽろ2021/11/18 (木)
  4. ^ “小選挙区 埼玉:開票結果:総選挙2005”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya11.htm#k12 2018年5月19日閲覧。 
  5. ^ “埼玉 小選挙区:総選挙2009”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya11.htm#k012 2018年5月19日閲覧。 
  6. ^ 野田内閣 内閣総理大臣補佐官名簿│首相官邸ホームページ
  7. ^ 経済産業大臣政務官 本多 平直(ほんだ ひらなお)│野田第三次改造内閣 大臣政務官名簿
  8. ^ “埼玉 小選挙区:開票結果:総選挙2012”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/kaihyou/ya11.htm#k012 2018年5月19日閲覧。 
  9. ^ “2014衆院選 埼玉”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A11012&st=tk#012 2018年5月19日閲覧。 
  10. ^ “民主、公認候補差し替え 衆院埼玉12区”. 日本経済新聞. (2015年8月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H1T_S5A800C1000000/ 2017年10月27日閲覧。 
  11. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月18日閲覧。 
  12. ^ “民進北海道「全員希望に公認申請」撤回へ 消極姿勢多く”. 朝日新聞. (2017年10月1日). https://www.asahi.com/articles/ASKB14GM6KB1IIPE00M.html 2018年5月19日閲覧。 
  13. ^ “【衆院選】北海道の民進候補、「希望」に相次ぎ不参加 新党模索”. 産経新聞. (2017年10月1日). https://www.sankei.com/politics/news/171001/plt1710010091-n1.html 2018年5月19日閲覧。 
  14. ^ “衆院選2017:立憲民主、7人出馬へ 道内、選挙構図固まる/北海道”. 毎日新聞. (2017年10月4日). https://mainichi.jp/articles/20171004/ddl/k01/010/102000c 2018年5月19日閲覧。 
  15. ^ “第48回衆院選 北海道”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=01#004 2018年5月19日閲覧。 
  16. ^ <独自>「50歳が14歳と同意性交で捕まるのはおかしい」立民議員が主張” (日本語). 産経新聞 (2021年6月4日). 2021年6月7日閲覧。
  17. ^ “「14歳と同意性交で捕まる」発言 立憲・本多平直氏が謝罪”. 毎日新聞. (2021年6月7日). https://mainichi.jp/articles/20210607/k00/00m/010/280000c 2021年6月8日閲覧。 
  18. ^ 「14歳と同意性交、捕まるのはおかしい」立憲議員発言:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2021年6月7日). 2021年6月7日閲覧。
  19. ^ 立民・本多議員「心からおわび」 性交同意発言、与野党から批判”. 一般社団法人共同通信社 (2021年6月8日). 2021年6月8日閲覧。
  20. ^ “不適切発言 立民後手…本多氏議員辞職 離党に2か月”. 読売新聞. (2021年7月28日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210728-OYT1T50004/ 2021年7月29日閲覧。 
  21. ^ 「14歳と性交で逮捕おかしい」発言の本多平直衆院議員、立憲民主が党員資格停止へ”. FNNプライムオンライン (2021年7月13日). 2021年7月14日閲覧。
  22. ^ “「50代が14歳」の立民本多氏、厳重処分に党内で異論続出”. 産経新聞. (2021年7月24日). https://www.sankei.com/article/20210724-O5HGVSS3MNJ45I3CAWPCU7YDSI/ 2021年7月29日閲覧。 
  23. ^ 本多平直議員が立憲離党 「50歳と14歳の性交」発言:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月27日閲覧。
  24. ^ “辞職表明の立民・本多平直衆院議員記者会見要旨”. 産経新聞. (2021年7月27日). https://www.sankei.com/article/20210727-QHFBEVRBMVP57LTJQXNOILEUFM/ 2021年7月29日閲覧。 
  25. ^ 本多平直衆院議員が辞職 性交同意年齢で不適切発言 東京新聞 2021年7月28日 2021年7月28日閲覧。
  26. ^ 『官報』第544号7頁 令和3年7月30日号「議員辞職」
  27. ^ “立憲離党し辞職の本多氏、次期衆院選で道4区から不出馬”. 朝日新聞. (2021年7月31日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASP7063X3P70IIPE00R.html 2021年8月2日閲覧。 
  28. ^ 室井佑月ツイッター2022年1月11日午後7時40分
  29. ^ 「14歳と性交」発言は捏造だった! 大バッシングから1年…辞職した立憲民主党元議員が“覚悟の告発”文春オンライン
  30. ^ a b c 埼玉12区 本多平直”. 2012衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  31. ^ a b c 政策課題 政党・候補者のスタンスは”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選. 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  32. ^ a b c d e f 本多平直”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  33. ^ a b c d e 埼玉12区 本多平直”. 2014衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  34. ^ a b c “第48回衆院選 立憲 北海道4区 本多平直”. 毎日新聞社. オリジナルの2018年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180705151434/https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A01004001001 2022年5月19日閲覧。 
  35. ^ “憲法解釈変更を閣議決定 集団的自衛権の行使容認”. 日本経済新聞. (2014年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103O_R00C14A7MM8000/ 2022年5月19日閲覧。 
  36. ^ 衆議院選挙2017/10/22タバコ対策の公開アンケート”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2017年10月24日). 2021年10月30日閲覧。
  37. ^ 与野党ヤジ国会!「ヤジ将軍」になぜヤジるのか聞いてみたら答えは「あえて批判覚悟での怒り」” (日本語). FNNプライムオンライン (2020年3月6日). 2020年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代
日本の旗 内閣総理大臣補佐官
(内政の重要政策に関する省庁間調整担当)

2011年 -2012年
次代
先代
園田康博
郡和子
大串博志
稲見哲男
北神圭朗
日本の旗 内閣府大臣政務官
加賀谷健
郡和子
金子恵美
稲見哲男
岸本周平
大野元裕
高山智司と共同

2012年
次代
山際大志郎
亀岡偉民
島尻安伊子
北村茂男
平将明
秋野公造
先代
中根康浩
北神圭朗
日本の旗 経済産業大臣政務官
岸本周平と共同

2012年
次代
佐藤ゆかり
平将明