埼玉県第10区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗埼玉県第10区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 東松山市坂戸市鶴ヶ島市比企郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 山口晋
有権者数 32万9127人
1.423 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2021年10月18日)
テンプレートを表示

埼玉県第10区(さいたまけんだい10く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

1994年平成6年公職選挙法改正以降の区域は以下のようである[1][2]

歴史[編集]

1994年公職選挙法改正に伴い旧埼玉2区から分割されて設置された。中選挙区制時代、東松山市出身の山口六郎次山口敏夫親子の強い支持基盤であったこの地域は保守層の支持が厚く、自由民主党の強い選挙区である。1996年第41回衆議院議員総選挙以来、自民党の山口泰明民主党松崎哲久が争っており、4回連続で山口に軍配が上がっていたが、第45回衆議院議員総選挙で民主党躍進の流れを受け初めて松崎が議席を獲得した。また、旧埼玉2区以来、日本共産党はこの選挙区から候補者を毎回擁立してきたが史上初めて共産空白区となった。第46回衆議院議員総選挙以降は山口が再び連続当選を続けてきたが、第49回衆議院議員総選挙を前にこの区の地盤を次男のに託し、晋は父の後を継いで初当選となったが、希望の党から立憲民主党に移籍して野党統一候補となった坂本祐之輔の比例復活阻止はできなかった。

ちなみに第47回衆議院議員総選挙では、野党間の選挙協力により松崎が生活の党比例北関東ブロック第1位となり、坂本は維新の党の野党統一候補として立候補した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 山口泰明 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 松崎哲久 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 山口泰明 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年 山口晋

選挙結果[編集]

第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 埼玉県第10区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:32万8163人 最終投票率:58.19%(前回比:増加2.95%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口晋38自由民主党96,153票
51.59%
――公明党推薦
比当坂本祐之輔66立憲民主党90,214票
48.41%
93.82%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 埼玉県第10区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:33万1530人 最終投票率:55.24%(前回比:減少0.50%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明68自由民主党85,453票
47.99%
――公明党推薦
坂本祐之輔62希望の党66,106票
37.13%
77.36%
柿沼遥輝34日本共産党26,504票
14.88%
31.02%
第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 埼玉県第10区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:32万6406人 最終投票率:55.74%(前回比:減少5.48%) (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明66自由民主党83,544票
47.35%
――公明党推薦
比当坂本祐之輔59維新の党65,104票
36.90%
77.93%
石井祐一63日本共産党27,787票
15.75%
33.26%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 埼玉県第10区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日
当日有権者数:32万7555人 最終投票率:61.22%(前回比:減少8.83%) (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明64自由民主党85,846票
44.07%
――公明党推薦
比当坂本祐之輔57日本維新の会56,482票
29.00%
65.79%
松崎哲久62日本未来の党20,863票
10.71%
24.30%新党大地推薦
弓削勇人39民主党18,157票
9.32%
21.15%
梅沢永治63日本共産党13,444票
6.90%
15.66%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 埼玉県第10区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日
当日有権者数:32万7354人 最終投票率:70.05%(前回比:増加2.74%) (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
松崎哲久59民主党123,089票
55.13%
――
山口泰明60自由民主党94,779票
42.45%
77.00%
町田貴志40幸福実現党5,402票
2.42%
4.39%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 埼玉県第10区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日
当日有権者数:32万3953人 最終投票率:67.31%(前回比:増加11.57%) (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明56自由民主党117,477票
54.97%
――
松崎哲久55民主党78,578票
36.77%
66.89%
梅沢永治56日本共産党17,670票
8.27%
15.04%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 埼玉県第10区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 最終投票率:55.74%(前回比:減少4.84%) (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明55自由民主党87,489票
49.82%
――
比当松崎哲久53民主党75,083票
42.75%
85.82%
永田健一28日本共産党13,051票
7.43%
14.92%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 埼玉県第10区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 最終投票率:60.58%(前回比:増加4.84%) (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明51自由民主党91,094票
49.17%
――
松崎哲久50民主党62,011票
33.47%
68.07%
武藤晴子55日本共産党32,147票
17.35%
35.29%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 埼玉県第10区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 最終投票率:55.74% (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山口泰明47自由民主党74,839票
46.36%
――
松崎哲久46民主党43,644票
27.04%
58.32%
武藤晴子51日本共産党28,999票
17.96%
38.75%
山口佳子[3]52無所属10,593票
6.56%
14.15%×
和田敏44自由連合3,355票
2.08%
4.48%

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院トップページ >立法情報 >制定法律情報 >第131回国会 制定法律の一覧 >法律第百四号(平六・一一・二五)”. 衆議院 (平成6年11月25日). 2021年10月1日閲覧。住居表示などにより変更あり。
  2. ^ 埼玉県”. 総務省. 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 山口敏夫夫人

関連項目[編集]