鶴ヶ島市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つるがしまし
鶴ヶ島市
Tsurugashima Kandachigaike Pond 1.JPG
Flag of Tsurugashima Saitama.JPG
鶴ヶ島市旗
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
団体コード 11241-1
法人番号 9000020112411
面積 17.65km2
総人口 70,077
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 3,970人/km2
隣接自治体 川越市坂戸市日高市
入間郡毛呂山町
市の木 マツ
市の花 ツツジ
鶴ヶ島市役所
所在地 350-2292
埼玉県鶴ヶ島市大字三ツ木16-1
北緯35度56分4.2秒東経139度23分35.1秒
Turugashima-City-Hall.JPG
外部リンク 鶴ヶ島市

鶴ヶ島市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

鶴ヶ島市(つるがしまし)は、埼玉県中部にある人口約7万人のである。東京都特別区部への通勤率は16.1%、川越市への通勤率は15.4%(いずれも平成22年国勢調査)。

地理[編集]

埼玉県の中央やや南寄りに位置しているが、通常は埼玉県西部と見なされている。入間台地武蔵野台地の北端から入間川を挟んだ対岸)の先端部に位置しており、標高は30メートルから50メートル程度で、南西から北東に向けてなだらかに下っている。

かつては畑・田・林が大部分を占めていたが、高度経済成長期以降人口の流入が著しく、現在も宅地化・商業地化が進展しつづけている。川越市坂戸市とは連続した市街地を形成している。平均気温は15度前後、年間降水量は1400mm程度である。

市役所庁舎は、市内を走る鉄道沿線から離れた場所に位置するため、鶴ヶ島若葉坂戸一本松駅の各駅からつるバス・つるワゴンタクシーを使う事になる。高速道路のインターや国道に近いため、自動車やバイク等の方がアクセスしやすい場合もある[1]

歴史[編集]

旧石器時代の遺跡が発見されており、また雷電池など飯盛川大谷川の周辺に縄文時代の遺跡が多く見出されるが、いずれも特筆すべきものはない。古墳時代にはいくつかの古墳が築造されており、なかでも鶴ヶ丘稲荷神社古墳は古墳時代末期としては大きなものである。富士見地区の若葉台遺跡は8 - 9世紀にかけて比較的大規模に発達した遺跡であり、律令体制下における地域拠点(一説には入間郡衙)となっていたことが想像される。

中世には小田原北条氏の勢力下に入っており、特に戦国期の落武者を祖とする伝承を持つ旧家が多くあるが、史料上に目立った活動は記録されていない。江戸時代初頭に川越藩領となるが、その後は村落ごとに天領あるいは旗本領などになる。古くからの畑作地帯であるが、元文年間には盛んに新田開発が行われた。千人同心街道が通っており荷役などの負担が厳しかったうえ、中山道桶川宿の助郷を命じられ免除嘆願を行った記録がある。

廃藩置県により、入間県熊谷県を経て1876年明治9年)、埼玉県に編入される。市制町村制の施行以来合併はしておらず、1950年からの約50年間に人口がほぼ10倍に急増し、単独町制 - 単独市制へと至った。

沿革[編集]

  • 1884年明治17年) - 脚折村・三ッ木村・三ッ木新田・五味ヶ谷村・戸宮村・大塚野新田・高倉村・町屋村・藤金村・上新田村・中新田村・下新田村・上広谷村・太田ヶ谷村による上広谷村連合が組織され、脚折に連合戸長役場が置かれる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、上広谷村連合を構成する14村をもって高麗郡鶴ヶ島村が成立する。この名は室町時代に脚折近くの島状の地にが巣篭もったという祥伝にちなんでいる。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 高麗郡が入間郡に編入され、入間郡鶴ヶ島村となる。
  • 1942年昭和17年)12月1日 - 陸軍坂戸飛行場造成により分断されたため、大字戸宮を入間郡勝呂村(現・坂戸市)へ編入。
  • 1949年(昭和24年) - 小学校への通学問題を発端に、中新田・上新田・町屋の3大字の住民が鶴ヶ島村から分離し大家村(現・坂戸市)への編入を決議。村議会は分村陳情を否決したが、特に町屋地区では大家村との結びつきが強く分村問題が落ち着くまでには4年を要した。
  • 1954年(昭和29年) - 埼玉県の主導により周辺4ヵ村とともに坂戸町への合併が計画されたが、鶴ヶ島村は単独でも人口7000人弱を擁し財政状態も適正であったことから離脱する。高萩村(現・日高市)・霞ヶ関村(現・川越市)との合併や、大家村との合併を模索する動きもあったが不調に終わる。
  • 1955年(昭和30年)4月19日 - 坂戸町もしくは川越市との合併を巡って村内世論が分裂したため、村議会にて独立維持決議が可決される。
  • 1957年(昭和32年)3月12日 - 埼玉県から坂戸町との合併が勧告される。これに対抗して、11月に工場誘致などの対策を含む「鶴ヶ島村建設計画」を議決。1959年勧告解除。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 町制施行により、鶴ヶ島町となる。
  • 1991年平成3年)9月1日 - 市制施行。

地名[編集]

語源は『鶴ヶ島町史(文化・地誌篇)』(1988年)による。

旧村名[編集]

脚折(すねおり)
日本武尊の東夷征伐の折に人馬が脚を折ったことにちなむといわれている。砂礫の多い地という意味で砂居(すなおり)または曽根居(そねおり)の転訛か。高倉・太田ヶ谷などは元は脚折郷に属しており、この近辺の中心的集落であった。北条氏配下の所領として名が見え、白鬚神社善能寺はともに創建不明だが少なくとも15世紀まで遡る。千人同心街道が通っており、坂戸宿にほど近い。高麗郡加治領。
高倉

奈良時代の公卿高倉福信に因むという説が伝えられているが、証拠に乏しい。千人同心街道と川越越生道が交差する地である。元文年間に武蔵野一帯の開発に携わった代官川崎平右衛門定孝の陣屋が設けられた。高麗郡川越領。

上新田
中新田
下新田
17世紀半ばに分村した高倉村の開墾地で、上中下は用水の上流・下流に対応している。ただし、さらに古い時代にも集落は存在しており、戦国時代に一度廃れたものと思われる。
町屋
中世鎌倉街道沿いに散見される地名であり、普段は人家はなく定期的に市が立つ場所であったとされる。高麗郡高麗領。上新田・中新田・町屋の3大字の住民は1949年(昭和24年)、隣接する大家村へ編入を希望したがならなかった。
太田ヶ谷
太田道真道灌父子との縁で名付けられたという伝承があるが、陸稲畑作が主な近辺と比して水田地帯であったことから、単純に大きな田のある地・集落という意味と思われる。川越越生道が通っている。高麗郡川越領。
三ツ木
三ツ木新田
中世ごろの遺跡が多く見出される。三ツ木新田は幕末に三ツ木から分離されたが、実質上は三ツ木村に属したままであった。高麗郡川越領。
藤金
大下地区の藤株稲荷には大きな藤の木があったという伝承があり、藤ヶ根から転じたものか。北条氏配下の所領として名が見える。高麗郡川越領。
上広谷
五味ヶ谷
もとは下広谷(現・川越市)とともに、広谷村という1つの村だった。村山党の末裔のなかに廣屋氏があり、その居所であったと考えられる。その後、北条氏配下の所領に「広野」という地名が見えている。五味ヶ谷は江戸時代初期に広谷村から分村したと伝えられ、語源は湿地を意味する「ゴミ」と、地区や集落を意味する「カヤト」から来ているといわれている。実際に五味ヶ谷は鶴ヶ島市域の中でも最も標高の低い地域である。高麗郡広谷郷。

消滅した旧村名[編集]

大塚野新田
大塚はかつて存在したという前方後円墳に因んでおり、古代には大規模な集落が存在していたが、その後原野となり元文年間に開墾したという。高麗郡勝呂郷。第二次世界大戦中に坂戸飛行場として使用された後、新たに開拓されて富士見となった。
戸宮
北条氏配下の所領として「富屋」という地名が見える。高麗郡勝呂郷。坂戸飛行場建設により鶴ヶ島村から分断されてしまったため、勝呂村に編入された。
鶴ヶ島を構成した14ヶ村(1926年の大字界)

新町名[編集]

富士見
かつての大塚野新田にあった坂戸飛行場跡地の開拓に伴い、1951年(昭和26年)に設置された大字。大部分の領域は後に区画整理が行われ、1980年(昭和55年)に住居表示が実施された。
鶴ヶ丘
戦後開拓に伴い、1954年(昭和29年)に設置された大字。
脚折町
共栄町
鶴ヶ島インターチェンジ開設に伴う脚折・藤金の区画整理により、1984年(昭和59年)に設定された町名。「共栄」はもともと戦中に北海道富山県などから入植した人々によって開拓された村中央部の名称となっていたもの。共栄町はそのごく一部である。
羽折町
坂戸市浅羽野地区および下新田の区画整理に伴い、1985年(昭和60年)に設定された町名。従前の小字「羽折」は、鶴が羽を折ったことにちなむという俗説があるが、赤土の地を意味する埴居(はにおり)の転訛とされている。
松ヶ丘
南町
関越自動車道建設や鶴ヶ島駅近辺の住宅・都市整備公団による開発に伴う藤金・太田ヶ谷・鶴ヶ丘の区画整理により昭和61年に設定された町名。松ヶ丘は鶴ヶ丘の松林であったことから、南町は新たに開設された南小学校南中学校にちなんでつけられた。
新町
高倉・下新田・中新田・上新田の区画整理により、2004年(平成16年)11月20日に設定された町名。1649年慶安2年)の検地帳にある古い名である。
三ツ木新町
柳戸町
圏央鶴ヶ島インターチェンジ開設に伴う太田ヶ谷・三ツ木の区画整理により、2004年(平成16年)12月4日に設定された町名。柳戸町は従前の小字にちなむ。


人口[編集]

Demography11241.svg
鶴ヶ島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 鶴ヶ島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 鶴ヶ島市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
鶴ヶ島市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 14,643人
1975年 20,995人
1980年 35,842人
1985年 49,381人
1990年 63,064人
1995年 66,208人
2000年 67,638人
2005年 69,783人
2010年 70,003人
総務省統計局 国勢調査より

1970年代には年平均10%近い人口増加があったが、1990年代以降は年1%以下に落ち着いている。少子高齢化の例に漏れず、高齢化率は漸増を続けて14.21%(2007年)に達している。

行政[編集]

歴代市町村長[編集]

鶴ヶ島市町村長
1 内野重右衛門 1889年1月6日 - 1896年1月29日
2 金子助五郎 1896年2月5日 - 1917年8月22日
3 内野重右衛門 1917年9月4日 - 1923年3月11日
4 町田豊次郎 1923年5月5日 - 1924年6月26日
5 新井九十郎 1924年7月21日 - 1931年9月14日
長沢藤五郎 1931年9月15日 - 1931年12月23日 臨時代理
6 成瀬京十 1931年12月23日 - 1936年3月23日
7 高篠才冶 1936年3月25日 - 1939年1月25日
8 岸田定冶 1939年2月7日 - 1945年11月14日
9 小川進一 1946年5月21日 - 1946年10月21日
10 中里正雄 1947年4月6日 - 1948年7月22日
11 石塚米吉 1948年9月9日 - 1949年6月15日
12 宮沢泰藏 1949年8月5日 - 1953年8月4日
13 1953年8月5日 - 1955年10月11日
14 内野貞雄 1955年11月22日 - 1959年11月21日
15 1959年11月22日 - 1963年4月13日
16 新井佑 1963年4月30日 - 1967年4月29日 1967年4月1日より町長
17 1967年4月30日 - 1971年4月29日
18 1971年4月30日 - 1975年4月29日
19 岸田長 1975年4月30日 - 1979年4月29日
20 1979年4月30日 - 1983年4月29日
21 石井喜八郎 1983年4月30日 - 1987年4月29日
22 1987年4月30日 - 1989年9月22日
23 内野欣 1989年11月5日 - 1993年11月4日 1991年9月1日より市長
24 品川義雄 1993年11月5日 - 1997年11月5日
25 1997年11月5日 - 2001年11月4日
26 2001年11月5日 - 2005年11月4日
27 藤縄善朗 2005年11月5日 - 2009年11月4日
28 2009年11月5日 -

財政[編集]

  • 一般会計 約164億円
    • 市税 約101億円(61.8%)
    • 市債 約13億円(7.9%)
  • 特別会計 約90億円

(平成20年度予算)

市議会[編集]

定数18名

  • 議長 斎藤芳久
  • 副議長 高橋剣二
会派名 議席数
新政クラブ 9
公明党 3
大空 2
日本共産党 2
無会派 2

国の機関[編集]

市の機関[編集]

  • 東市民センター
  • 西市民センター
  • 南市民センター
  • 北市民センター
  • 富士見市民センター
  • 大橋市民センター
  • 女性センター「ハーモニー」
  • 市民活動推進センター
  • 海洋センター
  • 農業交流センター「つるの里のんのん」
  • 保健センター
  • 老人福祉センター「逆木(さかさぎ)荘」
  • 発育支援センター
  • おもちゃ病院
  • 脚折児童館
  • 上広谷児童館
  • 大橋児童館
  • 西児童館
  • 教育センター
  • 学校給食センター
  • ごみ処理施設
  • 高倉クリーンセンター(燃やせるごみ)

広域行政等[編集]

一部事務組合
分野 坂戸市 鶴ヶ島市 入間郡毛呂山町 入間郡越生町 比企郡鳩山町
消防 坂戸・鶴ヶ島消防組合 西入間広域消防組合
上水道 坂戸・鶴ヶ島水道企業団 毛呂山町 越生町 鳩山町
下水道 坂戸・鶴ヶ島下水道組合 毛呂山・越生・鳩山公共下水道組合
し尿 坂戸地区衛生組合
ごみ 坂戸市 埼玉西部環境保全組合
火葬場
広域静苑組合
協議会

経済[編集]

かつては・茶や養蚕が主の農村であったが宅地化が進み、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)周辺は業務エリアとなっている。産業としては印刷関連、プラスチック加工、食料品などの業種が主である。

また商業では、当市は中心市街地を持たないことから、国道407号沿いにはロードサイド型店舗が集積している。

工業[編集]

主な商業施設[編集]

金融機関[編集]


地域[編集]

健康[編集]

  • 平均年齢
    • 39.2歳(男 = 38.6歳、女 = 39.7歳)

生活[編集]

  • ゴミ処理
    埼玉西部環境保全組合により、入間郡毛呂山町、越生町、比企郡鳩山町と共にゴミ処理を行っている。
    • 可燃ゴミ
      高倉クリーンセンター(高倉地区)で焼却している。プラスチック類は可燃ゴミとして焼却するが、ペットボトルおよび容器包装プラスチックについては資源ゴミとして回収する。焼却廃熱を利用した日帰り入浴施設「鶴の里ふろいで」が設置されていたが、2010年(平成22年)3月24日をもって閉館した。
    • 不燃ゴミ・びん・かん
      川角リサイクルプラザ(入間郡毛呂山町)で選別して再生・資源化を行い、それ以外は埼玉県環境整備センター(大里郡寄居町)で埋め立て処分としている。
  • 斎場
    広域静苑組合により、入間郡越生町、毛呂山町、比企郡鳩山町と共に越生斎場(入間郡越生町)の運営が行われている。

教育[編集]

  • 幼稚園
    • 石川学園若葉台幼稚園
    • かみひろや幼稚園
    • つくし幼稚園
    • つるがしま白百合幼稚園
    • 鶴ヶ島めぐみ幼稚園
    • むさしの幼稚園
  • 保育所
    • あたご幼稚園
    • さかえ幼稚園
    • さくら保育園
    • 鶴ヶ島市立鶴ヶ島保育所
    • 鶴ヶ島市立東部保育所
    • 鶴ヶ島市立富士見保育所
    • 菜の花保育園
    • はちの巣保育園
待機児童数 58人(2007年9月27日時点)
  • 大学
    • 東洋大学(登記上は川越市だが最寄り駅は鶴ヶ島駅)

警察[編集]

  • 西入間警察署(坂戸市)管轄
    • 鶴ヶ島交番
    • 若葉交番(鶴ヶ島市富士見)
    • 高倉交番

消防署[編集]

電話番号[編集]

市外局番は市内全域が「049」。市内局番が「2XX」の地域との通話は市内通話料金で利用可能(川越MA)。収容局は鶴ヶ島局および坂戸本町局。

郵政[編集]

郵便番号は市内全域が「350-22xx」(坂戸郵便局が集配を担当)である。

  • 鶴ヶ島郵便局
  • 鶴ヶ島駅前郵便局
  • 鶴ヶ島鶴ヶ丘郵便局
  • 鶴ヶ島下新田郵便局

交通[編集]

鉄道路線[編集]

バス[編集]

タクシー[編集]

タクシーの営業区域は県南西部交通圏で、川越市所沢市東松山市飯能市和光市などと同じエリアとなっている。

道路[編集]

高速道路
一般国道
県道

観光など[編集]

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]