カインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カインズホームから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社カインズ
Cainz Co., Ltd.
CAINZ logo.svg
Cainz.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 カインズ
本社所在地 日本の旗 日本
(本部)埼玉県本庄市早稲田の杜一丁目2番1号
設立 1989年平成元年)3月1日
業種 小売業
法人番号 3070001006474 ウィキデータを編集
事業内容 ホームセンターチェーン
代表者 土屋裕雅(代表取締役会長
高家正行(代表取締役社長
資本金 32億6,000万円
売上高 4,214億円(2019年2月期)
従業員数 11,477名
(2019年2月現在)
決算期 2月
外部リンク http://www.cainz.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社カインズ(カインズ、Cainz Co., Ltd.)は、埼玉県本庄市に本部を置くベイシアグループの一員である。関東地方を中心に、東日本東海地方近畿地方ホームセンターカインズ(CAINZ)を展開している。

概説[編集]

2020年3月現在で、28都道府県に228店舗を展開している。ホームセンター業界で、トップクラスの売上高を誇り、2011年2月期の売り上げでは、DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)に次ぐ第2位となっている。

社名の由来は、英語のkind(親切な、種類が多い)から作った造語。

店舗の業態は、「カインズ」では、小型店で売場面積が約2千平方メートル級、標準店で約7千平方メートル級、大型店では1万平方メートルを越える大きさで「カインズスーパーホームセンター」と名付けられ、公式サイトの店舗案内でも通常のカインズとは区別されている。その他、ベイシアと共同で展開するスーパーセンター形態の「カインズスーパーセンター」、初期の既存店舗を改装してコンビニエンスストアに近い品揃えを行っている店舗「カインズマート」、自転車専門店の「カインズサイクルパーク」もそれぞれ展開している。一部店舗に併設されているカー用品店の「カインズオート」に関しては直営ではなく、同じベイシアグループオートアールズによる新業態となっている[1]

プライベートブランド商品(PB商品)に力を入れており、売上高構成比の約30%をPB商品が占めている[2]。また、小売業で唯一グッドデザイン賞の受賞する自社PB商品が多いことにも特徴がある[3]

近年では、グループ会社の店舗を並べたネイバーフィド型ショッピングセンターデベロッパー事業も「カインズモール」名で展開している。

沿革[編集]

  • 1978年昭和53年)10月6日 - 栃木県栃木市薗部町1丁目18番7号に、第1号店として「いせやホームセンター栃木店」がオープン[4]
  • 1989年平成元年)3月 - 株式会社いせや(現・ベイシア)から分社独立。
  • 1991年(平成3年)9月 - 本部を群馬県高崎市へ移転。
  • 1994年(平成6年)6月 - 群馬県伊勢崎市にスーパーホームセンター1号店「伊勢崎店」がオープン。
  • 2000年(平成12年)2月 - ホームセンター業界で売上首位に。
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 - 創業者・土屋嘉雄(現・ベイシア会長)の長男・裕雅が社長に就任。三重県多気郡明和町に三重県初出店となる、スーパーホームセンター「明和店」オープン。
    • 12月 - スーパーセンター1号店となる「前橋吉岡店」がオープン。
  • 2003年(平成15年) - スーパーホームセンター青梅インター店オープン。
  • 2004年(平成16年)7月 - カインズモール1号店となる「カインズモール浜松都田テクノ」がオープン。
  • 2005年(平成17年) 5月 - 兵庫県直営初出店 カインズスーパーホームセンター神戸ひよどり台店開店
    • 7月 - 滋賀県初出店 カインズモール彦根オープン
    • 11月 - 大阪府初出店 カインズスーパーホームセンター東大阪店開店
  • 2006年(平成18年) - 売上高3,000億円達成。20都府県突破。
  • 2007年(平成19年)10月 - 群馬県伊勢崎市のカインズホーム伊勢崎店が伊勢崎オートレース場東に移転オープン。
  • 2008年(平成20年)6月 - アークスグループとのフランチャイズ契約により、北海道初出店となるインターヴィレッジ大曲に出店。
  • 2009年(平成21年) - ベイシアグループ創業50周年。カインズ設立20周年。
  • 2010年(平成22年)
  • 10月 - カインズ上海物流センター開設
    • 11月 - 新ライフスタイルHC店舗1号店として群馬県太田市にオープン。
    • 12月 - パワーモール前橋みなみに北関東最大級のショッピングモールとして群馬県前橋市にオープン。
  • 2011年(平成23年)4月 - 金秀商事とのフランチャイズ契約により、沖縄県初出店となるホームセンターかねひでサンプラザ糸満を転換出店。
  • 2012年(平成24年)10月 - 本社を埼玉県本庄市東富田(本庄早稲田駅前)へ移転[5]
  • 2013年(平成25年)7月 - 奈良県奈良市に奈良県初出店となる、カインズホーム奈良二名店がオープン。
  • 2014年(平成26年) - カインズ設立25周年。
    • 8月 - 企業キーメッセージを「くらしに、ららら。」に確定。
    • 10月13日 - CI(コーポレート・アイデンティティ)とCIロゴを「カインズホーム」から「カインズ」に変更。
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
  • 2019年(令和元年)
    • 12月12日 - 令和元年東日本台風の洪水被害により、10月12日に1号店のカインズ栃木店が被災、店舗老朽化を理由に営業再開を断念し閉店した[4]。カインズ広報室は「すべての始まりである1号店は象徴的な、大事な存在だった」と述べた[8]
  • 2020年(令和2年)
    • 秋 - 愛知県豊田市に豊田四郷店がオープン予定。

店舗一覧[編集]

閉鎖した店舗[編集]

主なグループ会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ なお、オートアールズは2015年現在、本部をカインズの本部ビル内に置いており、グループの中でも特に連携が強い
  2. ^ カインズがめざす新たな小売業のかたち PB戦略から見える業態の垣根を越えた方向性” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社 (2009年8月25日). 2012年10月1日閲覧。
  3. ^ オリジナル商品はなんと1万3000点! カインズの「モノ作りの秘密」を「買うべき逸品たち」と一緒に詳かに”. GetNavi Web (2019年12月31日). 2020年1月16日閲覧。
  4. ^ a b c 「カインズ大平店」営業再開と「カインズ栃木店」閉店のお知らせ (PDF)”. 株式会社カインズ (2019年12月12日). 2019年12月14日閲覧。
  5. ^ “カインズ、10月本庄に本社移転 自社開発商品を強化”. 埼玉新聞. (2012年6月15日). http://www.saitama-np.co.jp/news09/15/05.html 2012年10月1日閲覧。 
  6. ^ 「閉鎖した店舗」の項目の通り旧「いせやホームセンター」→「カインズホーム」として燕市への出店歴があるため企業としては再出店、現「カインズ」業態としては初出店となる。
  7. ^ これにより、七大都市圏に最低でも1店舗の出店が達成。
  8. ^ “【台風19号】カインズ栃木店、閉店決定 老朽化も影響、再開断念”. 下野新聞. (2019年12月13日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/255355 2020年3月25日閲覧。 

外部リンク[編集]