綿半Jマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社綿半Jマート
Watahan J-mart Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-0004
東京都新宿区四谷1-4
綿半野原ビル
設立 1957年2月6日[1]
(創業は1933年5月)[2]
業種 小売業
法人番号 2012401012546 ウィキデータを編集
事業内容 ホームセンター
代表者 代表取締役社長 石坂健一
資本金 1億円[2][1]
売上高 133億57百万円(2016年2月期)[2][1]
営業利益 1億54百万円[1]
経常利益 35百万円[1]
純利益 30百万円[1]
純資産 8億34百万円[1]
総資産 71億62百万円[1]
従業員数 正社員・契約社員:133名
パートナー社員:389名(正社員換算)[2]
支店舗数 14店舗
決算期 3月31日[1]
主要株主 綿半ホールディングス株式会社 100%[1]
外部リンク http://www.watahan-jmart.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社綿半Jマートは、東京都・埼玉県・神奈川県・山梨県・長野県(一部)のホームセンター 綿半ホームエイドの運営会社である。2019年7月16日までホームセンターチェーン「Jマート」を展開していた日本の企業。旧商号は「株式会社Jマート」。

概要[編集]

1957年(昭和32年)に東京都三鷹市で会社を設立し、関東西部でホームセンター事業を展開。その後、事業を甲信地域(山梨県長野県)にまで拡大し最盛期には15店舗(累計22店)を運営していた。2014年には株式会社商業界が行う「サービス オブ ザ・イヤー2014」のホームセンター部門賞で「Jマート三鷹店」が総合トップを獲得。「生活向上ストア」を目標に、世界各国の厳選商品を海外蝶輸入で取りそろえるなどしていたが、売り上げの低迷などから2016年に綿半ホールディングスの完全子会社となる。2017年に社名を「Jマート」から「綿半Jマート」に改称。

2017年9月6日東京都国分寺市の「Jマート国分寺店」を「綿半スーパーセンター国分寺店」としてリニューアルオープン。綿半スーパーセンターとしては初の長野県外進出店舗であるが、長野県内にのみ10店舗ある(2017年国分寺店オープン当時)スーパーセンターはグループ企業の綿半ホームエイドが運営しており、国分寺店は引き続き綿半Jマートが運営を行う。長野県内のスーパーセンターが園芸・ペット関連・住宅資材から生鮮・冷凍食品や日配品・日用雑貨まで幅広く総合的に取り扱う大型スーパーセンターであるのに対し、国分寺店は都市部に特化した小型スーパーセンターとして経営資源や販売商品を集中する。また、長野県内の綿半スーパーセンター同様に無料カフェスペースやコミュニケーションスペース、リサイクルステーションを設置し、ブルーアライアンスが発行・運営する全国共通ポイントカード「ブルーカード」も関東圏のグループ店舗として初めて利用が可能となった。

さらに2017年11月22日には、東京都東村山市の「Jマート久米川店」が綿半ホームエイドが運営する「綿半スーパーセンター東村山店」としてリニューアルオープン。綿半ホームエイドが長野県内の店舗運営で培ったノウハウにJマートの経営戦略が取り入れられ、新戦略の都市郊外大型スーパーセンターとなった。

2017年12月下旬、「Jマート三鷹店」を完全閉店と発表[3]。創業地の東京都内でJマートを冠した店舗が全て無くなることとなった。

2018年には東海地方への初出店となる愛知県一宮市の「綿半スーパーセンター一宮北店」が開店する予定である。(当初は4月中旬開店と発表していたが、諸事情により延期となっている)[4]

2018年7月11日には「Jマート富士河口湖店」を綿半ホームエイドが運営する「綿半スーパーセンター富士河口湖店」としてリニューアルオープンさせた。[5]

2019年6月5日には、2019年7月17日より店舗名が「綿半Jマート 〇〇店」から「綿半ホームエイド 〇〇店」へ変わると発表された。[6]
店舗名以外に変更はないとしているが、実質運営会社として綿半Jマートが残るだけで看板から「Jマート」の文字は消え、店舗内からも順次消えていくことになる。
なお、綿半Jマート運営の「綿半スーパーセンター 国分寺店」も「綿半ホームエイド 国分寺店」へ変更された。

2019年7月12日には綿半Jマートホームページからも「Jマート」ロゴが無くなり、綿半グループリンクの「綿半Jマート」ロゴも青色へと変更された。
店舗案内ページの『Jマートのある街を増やしてゆこうとしています』も 『綿半のある街を増やしてゆこうとしています』へ変更している。 同時期の綿半CMからもJマートロゴは表示されなくなった。

業務概要[編集]

  • 取り扱い品目
    インテリア・日用家庭雑貨・ペット用品・園芸・文具
    電気用品・カー用品・自転車用品・アウトドア用品
    金物、工具、塗料、木材、作業衣料などのDIY用品
    食品(米・酒・飲料・菓子など)
    灯油(一部店舗のみ)
  • 他のホームセンターにはあまり見られないカントリー調の雑貨や家具など独特なティストの輸入商品を展開。雑誌等にも取り上げられていた。
  • 一部店舗にはペットショップAZやドッグランが併設されている。

店舗一覧[編集]

綿半ホームエイド(旧 Jマート)[編集]

  • 山梨県(5店舗)
    • 万力店・都留店・八田店・市川大門店・長坂店
  • 埼玉県(2店舗)
    • 小鹿野店・坂戸店
  • 長野県(2店舗)
    • 富士見店・諏訪店
  • 神奈川県(1店舗)
    • 相模湖店

綿半ホームエイド(旧 Jマート → 綿半スーパーセンター)[編集]

全店でSmartplus / Visa Touchが利用可能である。 また、PayPayの利用も開始された。対応したレジでのみ会計が可能で、ブルーカードポイント付与の対象外である。

閉鎖した店舗[編集]

  • Jマート店
    • 大月店
    • 西桂店
    • 甲府貢川店
    • 三鷹店(旧) - 新店舗へ移転。
    • 飯能店
    • 青梅店
    • 立川店 - 2007年8月に閉店。現在跡地はハードオフコーポレーションオフハウス立川栄店となっている。
    • 小平店 - 2008年8月に閉店。
    • 増穂店 - 2016年5月に閉店。
    • 国分寺店 - 2017年9月に閉店。自社運営の「綿半スーパーセンター 国分寺店」としてリニューアル後 → 「綿半ホームエイド 国分寺店」として営業中。
    • 久米川店 - 2017年11月に閉店。綿半ホームエイド運営の「綿半スーパーセンター 東村山店」としてリニューアル。
    • 三鷹店 - 2017年12月に完全閉店[3]。翌2018年3月にコーナンが居抜きで出店。
    • 富士河口湖店 - 2018年6月に閉店。綿半ホームエイド運営の「綿半スーパーセンター 富士河口湖店」としてリニューアル。[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 株式会社Jマートの株式の取得(連結子会社化)に関するお知らせ (PDF)”. 綿半ホールディングス株式会社. 2016年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 会社案内”. 株式会社Jマート. 2016年10月1日閲覧。
  3. ^ a b Jマート三鷹店 完全閉店のお知らせ. 株式会社Jマート. 2017年12月5日付
  4. ^ 綿半スーパーセンター一宮北店出店延期のお知らせ.株式会社綿半ホールディングス.2018年2月27日付
  5. ^ a b Jマート富士河口湖店は、綿半スーパーセンター富士河口湖店としてリニューアルOPENいたしました!2018年7月11日付
  6. ^ 「綿半Jマート」が「綿半ホームエイド」に生まれ変わります。2019年6月5日付

外部リンク[編集]