DCMホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DCMホールディングス株式会社
DCM Holdings Company, Limited
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3050
略称 DCM、DCMHD
本社所在地 日本の旗 日本
140-0013
東京都品川区南大井6丁目22番7号
大森ベルポートE館
設立 2006年平成18年)9月1日
業種 小売業
事業内容 子会社の統括および商品開発、卸売通信販売など。
代表者 代表取締役社長 久田宗弘
資本金 100億円
(2016年2月末日現在)
発行済株式総数 1億4,205万5千株
(2016年2月末日現在)
純利益 連結:105億49百万円
単独:58億42百万円
(2016年2月期)
純資産 連結:1,640億88百万円
単独:1,452億73百万円
(2016年2月末日現在)
総資産 連結:3,676億53百万円
単独:2,657億88百万円
(2016年2月末日現在)
従業員数 連結:4,373人
単独:209人
(2016年2月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 (有)日新企興 8.35%
(株)多聞 4.63%
イオン株式会社 4.13%
(2016年2月末日現在)
主要子会社 関連企業の項目を参照
関係する人物 前田勝敏(初代社長)
外部リンク http://www.dcm-hldgs.co.jp/
テンプレートを表示

DCMホールディングス株式会社(ディーシーエムホールディングス)は、傘下にDCMカーマDCMダイキDCMホーマックなどを持つ持株会社。3社の前身であるカーマ・ダイキ・ホーマックの経営統合により設立された、DCMグループ(旧・DJグループ)の統括会社である。

社名は、3社と三井物産による共同物流会社として設立された、DCMジャパン(DCMJ、現在は吸収合併)に由来する。

概要[編集]

元は、カーマとダイキの業務提携が嚆矢となって、それにホーマックが加わる形で、現在のDCMグループの原型が形成された。これには、3社の事業エリアが全く重複していなかったことも影響している。

2007年12月に、オージョイフルを買収し完全子会社化した。これによって、同社の展開地域の一部がカーマ・ダイキそれぞれの展開地域の一部と重複したが、2009年(平成21年)3月にダイキがオージョイフルを吸収合併した。また2010年3月1日付でプライベートブランド(PB)商品の開発を担っていたDCMジャパンを吸収合併している。

2017年4月を目処に、ホームセンター(HC)業界第6位のケーヨー(本社千葉市)と経営統合を予定している。統合によって、ドラッグストアなどと年々競合が激化する中において、事業規模の拡大で商品調達力などを強化し生き残りを図りたいとしている[1][2]

沿革[編集]

関連企業[編集]

グループ会社の店舗がない県[編集]

群馬県栃木県山梨県鳥取県島根県佐賀県長崎県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県2013年(平成25年)10月現在)。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]