マキヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社マキヤ
Makiya Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
417-8508
静岡県富士市大渕2373
設立 1972年6月27日
業種 小売業
代表者 代表取締役社長 川原崎康雄
資本金 11億9831万円
売上高 644億円
総資産 299億円
従業員数 グループ全体約2,600名[1]
決算期 3月31日
外部リンク www.makiya-group.co.jp
特記事項:2019年3月現在
テンプレートを表示

株式会社マキヤは、静岡県富士市に本社を持つ小売企業。独自の小売店であるエスポット・POTATO/Mammyなどを経営する他、静岡県、山梨県神奈川県埼玉県業務スーパーを、また静岡県東部でハードオフを、フランチャイジーとして展開している。

沿革[編集]

  • 1800年(寛政12年)頃 - 創業。
  • 1895年(明治28年)6月 - まきや金物店始める。
  • 1953年(昭和28年)8月 - 有限会社マキヤ金物店設立。
  • 1963年(昭和38年)4月 - 社名を有限会社マキヤに変更。
  • 1972年(昭和47年)6月 - 株式会社マキヤに改組。
  • 1980年(昭和55年)2月 - マキヤ吉原店[2]を吉原ショッピングセンター(富士市浅間本町1番)に移転するかたちで、初めてひのやとの共同店舗としてオープン。(現在は建て替えられて2店とも撤退)
  • 1990年(平成2年)
    • 10月 - 株式を店頭登録(現在のJASDAQ)。
    • 11月21日 - マキヤ富士店(富士市本町10番24号)を富士市川成島に移転しエスポット1号店(新富士駅南店)をオープン。(ひのやとの共同店舗。2009年にひのや新富士店を吸収し、生鮮フードマーケットに改装)
  • 1996年(平成8年)2月 - 前年11月に自己破産したジョイフルミツヤ三島店(同年11月再オープン)・静岡東店(同年4月再オープン)の2店舗跡地を取得。
  • 2004年(平成16年)5月 - グループ共通ポイントカード(初代)発行開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - グループ共通ポイントカード(2代目)へ移行。
    • 12月1日 - 株式会社ひのやを吸収合併。

店舗[編集]

エスポット[編集]

ディスカウントストア。神奈川県に5店舗、静岡県中東部に16店舗。

神奈川県
  • 新横浜店(横浜市港北区北新横浜)
  • 淵野辺店(相模原市中央区淵野辺)
  • 伊勢原店(伊勢原市)
  • 小田原シティーモール店(フレスポ小田原シティーモール南館)
  • 湯河原店(湯河原町)
静岡県
  • 函南店(函南町)
  • 韮山店(伊豆の国市寺家)
  • 御殿場店(御殿場市)
  • 裾野店(裾野市)
  • 長泉店(長泉町)
  • 駿東店(清水町)
  • 沼津駅北店(沼津市北高島町)
  • 富士宮店(富士宮市)
  • 富士店(富士市米之宮町)
  • 富士松岡店(富士市松岡)
  • 新富士駅南店(富士市川成島)
  • 清水天王店(静岡市清水区天王南)
  • 静岡東店(静岡市葵区上土)
  • 静岡千代田店(静岡市葵区千代田)
  • 静岡駅南店(静岡市駿河区中村町)
  • 藤枝店(藤枝市)

POTATO/Mammy[編集]

食品スーパー。静岡県東部に15店舗(ポテト10店舗、マミー5店舗)。

ポテト
  • 小山店(小山町)
  • 錦田店(三島市谷田)
  • 粟倉店(富士宮市粟倉南町)
  • 淀川店(富士宮市淀川町)
  • 城山店(富士宮市豊町)
  • 野中店(富士宮市野中東町)
  • 松野店(富士市南松野)
  • 岩本店(富士市松岡)
  • 中里店(富士市中里)
  • 森島店(富士市森島)
マミー
  • 二枚橋店(御殿場市二枚橋)
  • 原町店(沼津市青野)
  • 西沢田店(沼津市西沢田)
  • 三園店(沼津市三園町)
  • 広見店(富士市石坂)

業務スーパー(地域加盟店運営)[編集]

埼玉県・神奈川県・山梨県・静岡県で計62店舗運営[3]

ハードオフ(地域加盟店運営)[編集]

静岡県中東部で6店舗運営。

  • ハードオフ三島店(三島市)
  • ハードオフ&オフハウス沼津店(沼津市三枚橋)
  • ハードオフ&オフハウス沼津原町店(沼津市青野)
  • ハードオフ&オフハウス富士宮ひばりが丘店(富士宮市)
  • ハードオフ富士店(富士市)
  • ハードオフ&オフハウス静岡東店(静岡県葵区川合)

マキヤグループポイントカード[編集]

2004年5月に発行開始。税抜200円1ポイント獲得(日・木曜日は2倍)。250ポイント獲得でマキヤグループ商品券1枚進呈。3枚で、1000円の買い物券として利用可能。[4]2011年4月にデザインが一新された新カードへ移行した。 レジ袋不要の提示をすると1ポイント加算される。

その他[編集]

かつては家電販売部門のヤベデンキを静岡県内各地に展開していたが、経営不振で相次いで閉店。2005年7月14日をもってヤマダ電機のフランチャイジーとなるため東海テックランドを設立(マキヤ80%・ヤマダ20%)。残った3店舗(湯河原・修善寺・伊東)をヤマダ電機として運営。それでも経営は回復せず2007年にマキヤ保有株をヤマダ電機に譲渡し、東海テックランドはヤマダ電機の連結子会社となったことで、マキヤは家電販売部門から撤退した。[5]

現在、湯河原店がエスポットの敷地内にあり、伊東店・修善寺店には業務スーパーと隣接している。これはヤベデンキ・エスポット・業務スーパー(フランチャイジー)の運営が全てマキヤであった頃の名残である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ パート・アルバイト含む
  2. ^ 吉原商店街に所在していた
  3. ^ 店舗案内・チラシ情報 - 業務スーパー/マキヤ
  4. ^ マキヤグループポイントカードの案内
  5. ^ 後にグループの関西ヤマダ電機・中四国テックランド・テックサイトと共にダイクマへの吸収合併を経て、ヤマダ電機に吸収された。

外部リンク[編集]